コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
サバイバルレース
ミニ中断期間が明け、明日からJ1リーグ戦が再開する。前半戦は残り4試合。
その対戦相手のバイオリズムは下図のようになる。(バイオリズムの概要はこちら
これは、各チームの好不調の波を同じグラフ内に表したもの。相対的に比較したものではないので、例えば第12節で大分のグラフが東京より上にあるからといって、大分の方が東京より好調という意味にはならない。あくまで、そのチームの好不調を把握するためのもの。これまでのデータで見てみると、概ね4~5節で好不調の転換期を迎えているチームが多い。

前節、これらすべてのチームが敗戦を喫した。連敗中のチームもあり、思うように結果を出せないチームが多い。また、直近4試合の成績と第13節終了時の順位表を見ても、ほとんどのチームが下位グループに集まっている。大宮と横浜FCの下位2チームの調子が上向いているため、順位争いはますます混沌としそうだ。甲府に限らず、残り4節はこれら当該チーム同士の対戦がいくつか組まれている。星の潰しあいと同時に、サバイバルレースの様相が強まりそうだ。

バイオリズム

甲府が生き残るためには、4試合のくくりで平均2点となった失点を何とか減らしたい。2点を失うと、勝つためには、当たり前だが3点取らなければならない。今季、3点以上取ったゲームはナビスコカップを含めた19試合中わずか2試合。失点を1点以内に抑えないと勝機を逸する可能性は高い。甲府の守備は、対人能力で不足する部分を組織で補っている。前線と中盤でボールの出所に対しての守備を1番目とすれば、ボールが出た先での守備が2番目、さらにその先のカバーリングが3番目の守備。3ヶ所の“関所”が緊密に連係して、はじめて効力を発揮している。

'05シーズンの途中でFWが3トップになった時も、その理由のひとつは、前線からボールの出所に対してプレッシャーを与えるという守備の修正による部分があったと聞いた。今季の“スモールフィールド”は、1番目の“関所”をどうすれば素早く、効率的に設けられるかとういう課題に対してのひとつの方策のような気がする。守備は攻撃の第一歩であると言う。攻撃的な部分に目が行き易いチームだが、6月攻勢の口火を切る冷静かつ果敢な守備に期待したい。


最近4試合の成績


第14節 予想
第14節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第13節 予想と結果
第13節予想と結果
スポンサーサイト
アップセット!
J1リーグ戦は早くも1/3以上を終了して、折り返しまで残すところあと5試合になった。前節、前々節の計18試合のうち、8試合がアップセットになった。概ね2試合に1試合は下位チームが勝ち、順位争いは混沌としている。それでも、ここからは徐々に上位、中位、下位のグループ分けが鮮明になっていくのが通例。現在14位の甲府は、先ずはJ1残留争いに巻き込まれないためにも中位グループに浮上したい。

明日は中二日で鹿島戦。鹿島は先日の試合でもバランスの良さを見せたが、このところずっと好調を維持している。それでも、そうした相手に対して、ミスでこちらが崩れるまでは互角以上に戦えた。アウエーだけに、粘り強く戦って勝機を掴んで欲しい。連戦で運動量にも影響が出るだろうが、ここはベンチワークに期待。チーム全体が強引になってバランスを崩してはダメだが、前線の選手は貪欲に泥臭くゴールを狙って欲しい。甲府らしいサッカーで勝利を目指せ!


最近4試合の成績


第13節 予想
第13節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第12節 予想と結果
第12節予想と結果
フジヤマダービー
裏富士表富士

裏富士 「よっ、元気?」
表富士 「ハイ、あと少しで首位です」

裏富士 「ところでさ、『逆さ富士』、清水あたりで見せられんの?」
表富士 「スミマセン、たぶん無理です」

裏富士 「じゃあ、『ダイヤモンド富士』は?」
表富士 「・・・無理」

裏富士 「ったく、オモテのくせに使えねえなぁ~」
表富士 「・・・」

表富士 「あのー、甲府では見れるんですか?」
裏富士 「・・・」


明日は富士山ダービー。


最近4試合の成績


第12節 予想
第12節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第11節 予想と結果
第11節予想と結果
敵はバルサかマンUだ
日曜日は川崎戦。川崎はAFCチャンピオンズリーグで予選グループ突破を果たし、Jリーグ勢初のノックアウトステージ進出を決めた。アジアから世界へ。すでに心は「敵はミランかリバプールだ・・・」、だそうだ。

いつか甲府も「敵はバルサかマンUだ」、なーんて言える時がくるだろうか。生きてるうちに、そんな時が来て欲しいな。いやいや、必ず来る。人間、イメージ出来ないことは実現出来ないそうだから、イメージしよう。“ハイテンションな長髪の藤田”を見るより、可能性があるかもしれない・・・


最近4試合の成績


第11節 予想
第11節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第10節 予想と結果
第10節予想と結果

あの松本の夜の再現を
明日は新潟戦。新潟には今季のナビスコ予選と昨季のリーグ戦2試合で敗戦。2004~2005シーズンには対戦がなく、2003シーズン(J2)の第40節(アウエー)で負けているので、それ以来4連敗中ということになる。勝ちゲームはその年の第30節、アルウィンでの“川中島ダービー”を2-1で制した試合にまで遡る。

その試合に出場した選手で現在もチームに残っているのは、阿部、克哉、藤田、山本、須藤。顔ぶれを見れば、明日の試合でもキーマンになる選手たちだ。その試合での甲府の選手たちの動きは見事だった。そのシーズンにJ2優勝とJ1昇格を決めた新潟相手に、一歩も怯むことなく果敢に戦った。

前線からのプレス、厳しいマーク、激しいタックル、速い攻守の切り替え、スペースへの飛び出し、ゴールへの気迫。今のチームの戦い方を彷彿とさせる躍動感溢れるプレイで勝利を手繰り寄せた。今でも記憶に残るゲームのひとつになっている。

凱歌が松本の夜にこだました。あの時の興奮が、あの時の試合のイメージが体のどこかにまだ残っている。だから、新潟に負けるたびに不本意でならない。あの時から一回り以上成長している本当の甲府の姿を新潟戦で見せて欲しい。間違っても、昨季の松本の二の舞じゃあダメ。頑張れ、オレンジリベンジPARTⅡ!


最近4試合の成績


第10節 予想
第10節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。