コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
片目をあけた
第4節 3/27(日) 甲府 4-1 水戸 小瀬:5498人
甲(5)津田(31)藤田(43)小倉(81)石原 水(69)永井

今季の初勝利。
4-1のスコアが示す通りの完勝。
特に藤田の2点目が素晴らしかった。

ただ、守備に関してはまだ修正しきれていないようだ。
失点はセットプレーからだが、それ以外にも危ないシーンがあった。
今日は勝利の女神が少しだけ味方をしてくれた感じだ。

試合終了後の挨拶時、どの選手もホッとしたような笑顔を見せていた。

とりわけオリベイラが本当にニコニコしていた。
ここまで結果が出ていなかっただけに、余計に嬉しかったのかも知れない。
普段の強面とのギャップでなおさらそう感じた。
スポンサーサイト
厳しい戦い
第3節 3/19(土) 山形 3-1 甲府 山形県:6143人
山(3)佐々木(31)原(65)永井 甲(33)山崎

出鼻をくじかれて、そのままズルズルといった感じだ。
ん~、完敗。

しかし、ひどいピッチ・・・
強風の中
第2節 3/12(土) 甲府 1-1 仙台 小瀬:5843人
甲(22)オリベ 仙(29)関口

ホーム連戦だったが、開幕戦に引き続き勝ちきれなかった。
今季初のセットプレーからの得点だったが、その数分後の失点。
前節同様、ちょっと簡単に取られすぎだなぁ。何故だろう?

その後はボール際でのあと一歩が後手にまわり、中盤に余裕が無く、得点を感じさせる展開になかなか結びつかない。
しかし、後半30分以降に見せた攻撃は迫力があった。
相手の必死のセーブに得点には至らなっかたが、もう少し早い時間帯にこの攻撃が出来ていたら、と思う。

開幕ダッシュの期待が大きかっただけに、ホーム2連戦で勝点2では不満だが、例年の立ち上がりの悪さを思えばまだ大丈夫。
次節は昨年、一昨年と苦手にした山形だが、2002年の大木甲府の時は4戦全勝。
しっかり勝利して波に乗れ~!
開幕戦
第1節 3/5(土) 甲府 2-2 札幌 小瀬:6640人
甲(17)バレー(65)オウン 札(12)岡田(81)田畑

結果はドロー。
開幕戦初勝利を期待していただけに残念だったが、攻撃に関しては昨年の後半よりもだいぶ動きが良さそうだ。
放り込みだけで無く、中盤でしっかり繋ぎながらサイド攻撃を仕掛けている。

なかなか楽しいサッカーだ。
いきなりのオリベイラ先発には驚いたが、期待出来そう。
久々に「当たり」かな。
失点に関しては「たられば」も多々あるが、次の頑張りに期待しよう。
開幕前夜
いよいよ明日、長いシーズンの開幕を迎える。
天気も何とか回復しそうだし、何時にもましてワクワクしている。
甲府クラブの時代から応援しているけど、全てにおいて弱小だった一昔前を思えば感慨深いものがある。

最下位脱出、中位定着、昇格争いと結果を残してきた選手達。
存続の危機から安定経営へと着実に歩みを進めているクラブ。
観客動員やコアなサポーターの数もまだまだ十分ではないが増えてきている。少しずつだけど、進化していく様子は本当に楽しい。

規模は小さいけれど、外連味のないこのチームが好きだ。
だからこそ、このチームに大きな夢の花が咲くのを見届けたい。

今年もいろいろなドラマが待っている。明日はその第一章。
力の限りのサポートを...「さぁ、行こうぜ!俺らの甲府!」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。