コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
連敗脱出
第17節 6/23(土) 甲府 2-0 大分 小瀬:11,298人 曇 25.3℃ 61%
甲(22)克哉(89)久野 

数日前の天気予報では雨マークが付いていた週末。久し振りに雨のなかでの観戦を覚悟したが、予報は外れてくれた。それどころか、甲府では昼に32.7度を記録。強い陽射しのせいもあり、真夏を思わせるような天気。スタジアムに到着しても、まだ西日が容赦なく照りつけていた。それでも、強い陽射しを放ったお天道様が沈むと、蒸し暑さを残すスタンドを渡る風が心地良かった。

メインスタンド
大分ゴール裏
バックスタンド

小瀬がずいぶん懐かしく感じられた。アウエーを二試合挟んだだけなのに、その二試合が厳しい結果に終わってものさびしさを味わっただけに、我が家に帰ってきたような安堵感がそう感じさせたのかも知れない。アウエー参戦サポが増えているとは言え、多くの青いサポーターが詰め掛ける小瀬は、何といっても我らがホーム。やはり、ホッとする。戦う選手たちも同じだろう。そう思うと、小瀬が甲府の選手にとって、安心し、心強く思える場所であるように、いつまでも味方であり続けたいとの思いを今更ながら強くした。

出場メンバー出場メンバー

中断前の一試合を残しているが、第17節は前半戦最後のゲーム。連敗と降格圏内からの脱出を図る大事なゲーム。茂原と林を欠く先発メンバーは、3トップの中央に須藤、右に大西、アンカーに前節の東京戦後半と同様に井上、最終ラインに池端が起用された新布陣。そして、國吉、木村、久野のルーキーたちがサブメンバーに名を連ねた。

前半は甲府ペース。局地的なショートパスの交換に、時折サイドへのロングボールを織り交ぜながらプレイエリアを押し上げた。これが功を奏したのか、いつもハラハラする中盤でのパスカットから即ピンチとなるカウンター攻撃を受ける危険が少なかった。大分の攻撃の連携がいまひとつだったことにも助けられ、前線に出された相手ボールに対してもDF陣が落ち着いて対応。特に、後半途中で交代になるまで、池端が終始冷静な守備でチームに貢献した。

欲しかった先制点は前半22分、左ショートCKから宇留野が叩いたボールを角度がないところから克哉が蹴り込んでゴール。その後、押し込みながらも追加点は奪えなかったが、相手に得点を許さず1-0で折り返し。守備が破綻しなければ、ゲームは壊れない。そして先制点を奪えば、まずは主導権を握ることが出来る。そんな勝ちゲームの定石通りの試合展開で前半が終了した。

後半立ち上がりも甲府ペースで試合は進むが、大分が前田を投入した後の後半20分以降、大分の攻撃が活性化。前線でボールが繋がり始め、甲府が守勢に回る時間帯が増えた。それでも、球際で粘り強さを見せた。特に、アンカーの井上が二戦続けてこの位置で起用されて勘所を掴んだのか、危険を察知しては体を張ってピンチを防いだ。不要にボールを失うこともなく、攻撃にも絡んでみせた。林以外にアンカーを務められる選手が出てくれば、藤田を2列目に残せる布陣をいつも敷くことが出来る。これは大きな収穫になった。

後半の甲府の攻撃はパスミスが目立ち始め、少しシンプルさを欠き始めた。シュートを打てる場面でボールを回したり、中盤でボールを失う回数も増え始めてピンチを招いた。そうした展開のなか、三戦連続でゴールマウスを守った鶴田が試合勘を掴んできたのか、再三の好セーブでピンチを救って完封に大きく貢献。これだけの守りをすれば安心して見ていられる。特に、ルーキー久野のゴールをアシストしたロングスローは、果敢にシュートを放って決めてみせた久野と同じくらい素晴らしかった。

後半終盤の大分の攻撃を守り切り、久野のゴールで相手を突き放しての勝利。好調ではない大分相手とは言え、90分間を冷静かつ熱く戦い、攻守の修正点の糸口を掴むことが出来たゲームになった。中盤で不用意にボールを奪われない、ゲームをセーフティに切る時は切る、球際で粘る、幾重もの守備の網を張る、攻撃にスピードを持たせる。これらを確実にこなすだけでも、勝利は近付くものだと実感したゲームだった。

甲府ゴール裏

この日の小瀬は熱気に包まれていた。バックスタンドから聞こえてくる手拍子の音は、いつにも増して大きく響いていた。勝利の瞬間には総立ちになって選手を称えた。ゴール裏の凱歌に合わせた手拍子も鳴り止まなかった。小瀬に駆けつけた皆が、この時をどれほど待ち望んでいたかがよく分る光景だった。

指を天に突き刺し、「輝く夜空」を合唱するゴール裏。安堵感と満足感が満ち溢れていた。指先の空に瞬くような星は見つけられなかったけど、まだ満月じゃないお月さんがしっかり小瀬を照らしていた。「まだ、これからだな」と思いながら月を眺め、甲府がさらなる輝きを放たんことを天に祈った。

小瀬を照らす月 
スポンサーサイト
ひとこと言わせて
バックスタンドの皆さんありがとう。

メインスタンドの皆さんありがとう。

甲府ゴール裏、ありがとう。


次だ、次!!!
「輝く夜空」を歌おうぜ!
林も出場停止だそうだ。
何という逆境・・・

でも、面白いじゃん。
ここまでくれば、この逆境を楽しみたいくらいの気分だ。
この状況で、チームが、そしてサポが何をどこまで出来るか。

開き直りましょう。
やってやりましょう。
ゴール裏を爆発させて、小瀬を熱狂のルツボと化そう。
選手も監督も、みんなその気になってくれ!

必ず勝って、最後に「輝く夜空」を歌おう!
第3回青赤ダービー
第16節 6/20(水) 東京 2-1 甲府 味スタ:17,264人 晴 24.7℃ 65%
東(30)鈴木規(59)ルーカス 甲(66)茂原

前節の千葉戦は磐田戦での大敗のダメージを払拭しようと、先制される苦しい試合展開のなかでも戦う姿勢は感じ取れた一戦。戦術云々の前に、まずは気持ちが折れてしまってはどうにもならない。甲府の選手はそんなにヤワじゃないと信じ、少しでも後押しになればとの思いで味スタに駆けつけた。

甲府ゴール裏には思ったより多くのサポが駆けつけていた。平日であることより、この連敗が影響するんじゃないかと心配していたが、思い過ごしとなり一安心。昨季はここで快勝しているだけに、良いイメージが残っている。結果が出ない厳しい状況に変わりないが、連敗脱出への希望と期待を高めた試合前だった。

味スタ
出場メンバー出場メンバー

甲府の先発メンバーは連戦を考慮して林が欠場となり、アンカーに藤田、2列目に井上を配する布陣。右サイドバックには、体調を回復させた杉山が戻った。果たしてこの布陣が上手く機能するかどうか。ホーム磐田戦で中盤から前にボールを運べず、ボールを奪われては相手のカウンター攻撃を許した光景を目の当たりにしただけに、不安を感じながら戦いぶりに注目した。

心配は的中した。急造のトライアングルは機能せず、やはりボールを前に運べない。前線でボールを収める事も出来ず、前半立ち上がりにシュートを放った以降はシュートまで持っていくことさえ出来ない。シュート数は僅か3本に抑えられた。ボールを奪い、両サイドと前線のルーカスを起点にした東京の攻撃に守る時間帯が続いた。前半30分、鈴木規に甲府右サイドから決められて先制点を許す。DFの枚数は足りていた。しかし、肝心なところで寄せが甘く、豪快に決められてしまった。

後半になって藤田を2列目に戻し、井上がアンカーの位置に入る。前半よりも攻撃の組立は修正され、こちらの方が適材適所のようだ。しかし、前掛りになったところでカウンターから失点。鶴田が反応良く飛びついたものの、弾いたところをルーカスに決められて2点差になってしまった。

それでも、山崎に代わって投入された久野が懸命に前を狙う。外連味のないルーキーの頑張りに誘発されたか、諦めずに攻撃を仕掛けると宇留野の突破からのパスを受け、茂原が狙い済ましたシュートでゴールを決める。甲府ゴール裏も追撃ムードになった。東京はリチェーリが2枚目の黄紙で退場となり、甲府が数的有利な状態に。直後、宇留野が抜け出してシュートを放つが土肥のファインセーブに阻まれて同点機を逸する。何とかこの流れで同点に追いつきたいところだったが、段々試合がぶつ切り状態になってしまった。

頻繁に笛が吹かれて試合が中断する。甲府に傾き掛けていた流れが寸断され、見ている方もフラストレーションを感じ始めていた。そこへ茂原の退場劇。現地では詳細は分らず。「やけにカードが多いな」と思っていたら、場内の野次で主審が家本氏だと知った。

試合終了間際、甲府の波状攻撃も実らず敗戦。勝ち負けや試合内容に思いが行く前に、言い知れぬ後味の悪さが残った試合になってしまった。帰宅後に知ったが、審判への異議が多い茂原が反省すべき点はあるが、そこには原因があったはず。毎度お馴染みの人の大暴れが我が身に降りかかるとなると、本当にうんざりしてしまう。何とかならないのだろうか。
頑張ろう甲府
頑張ろう甲府

今はこの言葉しか思いつかないなぁ。

何とか駆けつけられた先日の味スタ。昨季の再現を願いながらの応援だったが、空しく試合は残念な結果に終わってしまった。試合内容諸々、思う事はいろいろあるが、とにかく明日の大分戦に気持ちを集中させて応援したい。

戦え甲府!頑張ろう甲府!
元気を出そう
第15節 6/17(日) 千葉 3-2 甲府 フクアリ:13,229人 晴 23.4℃ 55%
千(15)(38)巻x2(70)羽生 甲(25)(50)克哉x2

帰りの蘇我駅の1番線ホーム、専用列車の入線を待つ間、電車ツアーで参加したおよそ400人の甲府サポーターの多くは肩を落としていた。大人も子供も、男も女も、若者も年配者も、一様に元気を失くしていた。もしかしたら、腹が減っていたからかも知れないが、それぞれの想いで今日の敗戦を噛み締めていたに違いない。

応援疲れと敗戦のせいでボーとその姿を見ていたら、次第に不思議な感動に近い感情が湧き出てきた。ゲームでの敗戦を、まるで我が身に降り注いだ一大事の不幸のように感じて、皆が何かに耐えているようだった。黙して怒りを押し殺していた人、辛さにジッと耐えていた人もいただろう。

恐らく、応援バスツアーやその他の方法で各地から集まった1,500人を超えたであろう甲府サポの多くが、帰路に就きながら同じような気持ちであろうと考えたら、「甲府を愛しているおバカな人たちがこんなに多くいる」ことが愛しく思え、同時に「それだけ、ヴァンフォーレって価値があるんだよ」って思えたからだ。

そんな甲府だからこそ、誰にでも分かりやすい形で認められるためには、J1にしがみつかなければいけない。これからも厳しい戦いが続くが、厳しくなればなるほど応援が必要になる。が、成績に比例してトーンダウンする部分が必ず出てくるのも世の常。そんな時に力になれるのは、心から甲府を想う人だけだ。J1残留に向けて、皆の力が必要だ。

フクアリ
入場待ちの甲府サポ
出場メンバー出場メンバー

今日のゲームは、前節に比べればよっぽど戦えていたと思う。取られても取り返すことが出来たその部分は、メンタルな部分を含めて続けていかなければいけない。攻撃が良ければ守備がダメと、攻守が噛み合わないところは痛いが、研究されてきた甲府のスタイルをゲームのなかで修正していく意識と方法を持ち合わせれば、まだ何とかなる段階だと思う。勝ち点0を代償にそれを分かりやすく示したゲームではあったが、修正不能といったゲームではなかったと感じた。

リーグ戦は半分以上が残っている。そうそう悲観してばかりでは前に進めない。選手も監督もコーチもフロントもサポーターも、やれることはすべてやろう。やってやれないことはない。夜風が吹き始めたホームの上で、山梨へ帰る懐かしき旧あずさの車両の中で、そんな思いが頭の中を駆け巡った。
捲土重来
前撃走魂捲土重来。
けんどちょうらい。一度敗れた者が、土煙を巻き上げるほどの勢いで再び盛り返すこと。明日の甲府には持って来いの言葉。

“前”を意識した攻撃の組立
迷ったら前を選択する勇気
シュートは“打つ”じゃなくて“撃つ”
とにかく、走り負けてはいけない
甲府魂を見せてくれ!

明日は、土煙を上げんばかりに走って欲しい。
サポーターも魂のこもった応援を選手に送ろう!
馬鹿の一つ覚え
第14節 6/10(日) 甲府 1-6 磐田 小瀬:11,389人 曇 20.3℃ 64%
甲(84)増嶋 磐(17)(77)前田x2(21)(73)太田x2(56)菊地(63)ファブリシオ

先月のナビスコカップ予選最終節(5/23)以来、約半月ぶりとなったホーム小瀬。朝から断続的に降り続いていた雨は試合開始前にはすっかり上がり、空一面を覆っていた雲の間から薄日すら差し始めた。この光が低迷脱出の暗示であることを願ったが、残念ながら甲府にとっての光明とはならなかった。ホームで6失点。小瀬での最多失点記録を塗り替え、6月攻勢の出鼻を挫かれた。同時に、中断期間での立て直しに対する期待感は物の見事に吹っ飛ばされた。

磐田サポ
出場メンバー出場メンバー

主力選手の欠場で、苦戦を強いられる試合になることは十分に予想できた。それ故に、粘り強い戦い方、少なくとも仮に得点差があっても、僅かな点差のなかから勝機を伺う試合運びが必要だったゲーム。前半の2失点は、あまりにも不用意で重い失点だった。

試合序盤での阿部の負傷交代は、手痛いアクシデントだった。この試合の勝敗に少なからず影響があったかも知れないが、藤田不在による中盤の機能不全こそがこのゲームが壊れた原因だと思われる。甲府のパスワークによる攻撃の組立の中心は林と藤田。特に、藤田はボールを前線に運べる選手だが、その代役も次の手段としての代替案も存在しなかった。結果、中盤から前にボールを運べず、ボールを奪われては相手のカウンター攻撃を許した。

狭められていく磐田中盤陣の包囲網に、ただただ突っ込んでいくだけの甲府の攻撃。一点張りの攻撃を繰り返すだけなので、相手は迷うことなく対応できる状態だった。実質的には前半の2失点で勝負があった。前半の戦い方を見て、後半に期待は持てなかった。後半の4失点は、甲府の弱点を客観的に証明したもの。得失点差の争いの中で致命傷となる可能性があるが、せめて修正の糧にしなければ意味がない。

“独り善がり”、ゲーム後に真っ先に頭に浮かんだ言葉。試合終了を待たずに多くの人が席を立ったゲームをしたことを、クラブは真摯に受け止めないといけない。論理性と柔軟性と緊張感を失くした組織は、大抵の場合、成功しない。
サバイバルレース
ミニ中断期間が明け、明日からJ1リーグ戦が再開する。前半戦は残り4試合。
その対戦相手のバイオリズムは下図のようになる。(バイオリズムの概要はこちら
これは、各チームの好不調の波を同じグラフ内に表したもの。相対的に比較したものではないので、例えば第12節で大分のグラフが東京より上にあるからといって、大分の方が東京より好調という意味にはならない。あくまで、そのチームの好不調を把握するためのもの。これまでのデータで見てみると、概ね4~5節で好不調の転換期を迎えているチームが多い。

前節、これらすべてのチームが敗戦を喫した。連敗中のチームもあり、思うように結果を出せないチームが多い。また、直近4試合の成績と第13節終了時の順位表を見ても、ほとんどのチームが下位グループに集まっている。大宮と横浜FCの下位2チームの調子が上向いているため、順位争いはますます混沌としそうだ。甲府に限らず、残り4節はこれら当該チーム同士の対戦がいくつか組まれている。星の潰しあいと同時に、サバイバルレースの様相が強まりそうだ。

バイオリズム

甲府が生き残るためには、4試合のくくりで平均2点となった失点を何とか減らしたい。2点を失うと、勝つためには、当たり前だが3点取らなければならない。今季、3点以上取ったゲームはナビスコカップを含めた19試合中わずか2試合。失点を1点以内に抑えないと勝機を逸する可能性は高い。甲府の守備は、対人能力で不足する部分を組織で補っている。前線と中盤でボールの出所に対しての守備を1番目とすれば、ボールが出た先での守備が2番目、さらにその先のカバーリングが3番目の守備。3ヶ所の“関所”が緊密に連係して、はじめて効力を発揮している。

'05シーズンの途中でFWが3トップになった時も、その理由のひとつは、前線からボールの出所に対してプレッシャーを与えるという守備の修正による部分があったと聞いた。今季の“スモールフィールド”は、1番目の“関所”をどうすれば素早く、効率的に設けられるかとういう課題に対してのひとつの方策のような気がする。守備は攻撃の第一歩であると言う。攻撃的な部分に目が行き易いチームだが、6月攻勢の口火を切る冷静かつ果敢な守備に期待したい。


最近4試合の成績


第14節 予想
第14節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第13節 予想と結果
第13節予想と結果
サテライトリーグ東京V戦
昨年10月のサテライトリーグ名古屋戦以来の櫛形総合公園。少しどんよりした空模様になったが、背景の山々にひけをとらないほど公園内の緑が豊富で気持ちがいい。試合前の芝生広場では、レプリカを身にまとった親子連れがボール遊びに興ずる姿が見られた。

櫛形総合公園陸上競技場

キリンカップ開催により、この週末のJ1リーグ戦はひと休み。そのせいもあるのか、スタンドには多くの観客が詰め掛けていた。メインスタンドはほぼ満員。バック側の芝生席も試合開始前にはそこそこ埋まっていた。メインスタンドの座席数は1,500だそうなので、2,000人近い観客数になっただろうか。(追記~オフィシャルHP見たら2,062人でした。)

試合開始直後から大木監督と奈須選手がスタンド中央に陣取って観戦。好プレイには観客と同じように笑顔を見せ、チャンスを逃すと観客と同じように残念がっていた。前半の終り頃、ちょっと派手な私服姿の藤田選手がスタンドに出現。ピッチ上に勝るとも劣らない存在感。付近の観客は試合中のピッチから目を離してどよめいた。ハーフタイムには、子供が着ているレプリカへのサインに快く応じていた。

メインスタンドメインスタンド

試合のスタメン、フォーメーション等は以下の通り。

---ジョジマール---
木村------久野  (後半35分 久野→太郎)
-國吉---宇留野-  (後半25分 宇留野→神崎)
----健太----
井上------田森
--秋本--池端--
----鶴田----

サブ:桜井、ガチ、神崎、太郎、富岡

前線はルーキーを含む若い選手、後方はレギュラーを含むベテラン選手といった新鮮な布陣。対するヴェルディは2トップに飯尾と船越を配し、トップ下にベテラン永井を置いた中盤◇型の4-4-2の布陣。DF陣は若手のようだった。アンカーに入った健太は永井をケア、池端と船越がマッチアップ。サテライトとは言え、局所的にも見所があるゲーム。それにしても、相変わらず船越はデカイ。

ピッチ&バック側観客

試合は開始早々に甲府がゴールを決める。左サイドの國吉のスルーパスからジョジマールがシュートを放つが、ジャストミートせずに相手GKに弾かれる。ただ、こぼれた位置が良く、弾かれたボールを再び弾き返すような弾道で宇留野が豪快にシュートを決めた。しかし、先制点を奪って幸先良いスタートになったものの、以降はしばらくの間、ボールが落ち着かない場面が続いた。

相手のプレスが序盤は効いていたのと中盤の連携不足からパスミスが目立った。アンカーに入った健太は永井への対応を含めて無難に守備をこなしていたが、攻撃への切り替えの判断の速さがいまいち。ボールの受け手との関係もあるが、宇留野と國吉がポジションチェンジを繰り返しながらパスコースを作ったが、連携が取れるまでに時間を費やした。後半には失点にも繋がった危険なミスがちらほら。技術と戦術眼を併せ持ち、素早い状況判断を要求される中盤できっちり仕事が出来るようになるには、まだ修行が必要なようだ。

そうした展開のなかで、有効な動きを見せたのが右サイド。田森のタイミング良いボール奪取と久野の果敢な突破とクロスからチャンスメーク。膠着しかけた前半中頃、久野のクロスが逆サイドへ流れ、木村からのパスを受けた井上がシュート。ボールはポストに弾かれたが、これまた絶妙な位置にいた宇留野に当たった(押し込んだ?)ような形でそのままゴール。まるで、ピンボールで球が弾かれるような動きでゴールに吸い込まれた。

3点目は前半終盤、左サイドの國吉のFKを木村が上体をのけぞらすような難しい体勢からヘッド。ボールがGKの動きの逆を突き、いいコースに転がってゴール。前半はそのまま3-0で終了した。先制点後、ボール保持がままならない時間帯はバタバタした展開だったが、時間の経過と共に修正。特に、ルーキーたちの元気な動きが目立った。

後半になっても、ほぼ甲府ペース。決定的な場面を何度か作ったがゴールにならず。ヴェルディもなかなか攻撃の形を作れずに、微妙なオフサイドの判定に柱谷コーチがベンチから飛び出して抗議する場面も。「観客に聞いてみてよ!」という風に審判とスタンドにアピール。メインスタンドからヤンヤの拍手。

その後、甲府は田森のインターセプトからボールを繋ぎ、ジョジマールからのパスを受けた國吉がPA内左側からファインゴールを決めて4点目。しかし、終了間際に中盤のパスミスからボールを奪われて失点。大量リードにちょっと集中力がなくなった、もったいない失点だった。

試合後半には、新加入の神埼と久し振りに太郎を見ることが出来た。神崎は自然にゲームに溶け込んでいた。太郎にはひと際大きな声援が飛んだ。短い時間だったが、決定機を作ったり顔を出したりして動きの良さを見せた。ゴールに結び付かなかったのは残念だった。この頃、リーグ戦での出番がないが、復活を期待したい。

凱旋&甲府ゴール裏

結局、4-1で勝利。リーグ戦で勝ち星から遠ざかっていただけに、久し振りに味わう勝利だった。サテライトのゲームといえども、やはり勝ちゲームはいいもんだ。ゴールもたくさん見ることが出来た。特に久野、國吉、木村のルーキーたちの出来の良さには驚きに近いものがあった。“ルーキーとしては”とか対戦相手のレベルとも関係するが、レギュラーチームと同じコンセプトでゲームが出来ていることや個々の技術も高いものを持っていることが頼もしい。今後にとても期待出来る内容で、清々しい気分になった。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。