コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
岐路に立つ甲府
2008/J2第23節 6/29(日) 甲府 0-4 湘南 小瀬:7,267人 雨 21.3℃ 85%
湘(6)阿部(32)田村(83)(85)リンコンx2

降り続く雨の中、試合開始前には少しだけ陽が差し込んで虹が掛かった小瀬。
しかし、それも束の間でした。
再び暗雲に覆われると落ち始めた雨は弱まらず、かえって強まったような。
そして、山形戦で連敗を止めた流れを活かし、この一戦に再起を懸けて臨んで欲しかった試合は惨敗という結果に。
チームの現状と空模様は重なり、気が滅入る夜になりました。

甲府ゴール裏

試合は立ち上がりから積極的な動きが見えず。
凡ミスから1点目を失うと2失点目は相手をまったくフリーにしてしまい、ミドルシュートが甲府ゴールのネットを揺らしました。
2点を先制して主導権を奪った湘南が守備を固めてくるのは至って当然。
それによってクローズになってしまったのか、それとも自らの選択だったのかは分かりませんが、狭いエリアでのボール回しからの攻撃は形にならず、ちぐはぐさだけが目立ちました。

後半になってからも、攻守ともに歯車が噛み合わない甲府。
日程的には甲府よりも不利だった湘南ですが、ここぞという時の選手の動きは体力的にも精神的にも甲府より遥かに切れがありました。
後半の2失点は自然の流れであり、甲府の反撃は期待薄。
それにしても、この試合は見所のないものに終始しました。

アウエーゴール裏

クローズが顕著になればなるほど、停滞する攻撃。
昨シーズンみっちり体に仕込んできたものだけに、選手がやり易いプレイスタイルだとは思いますが、どうもそれが逃げ道のようになっている気がします。
クローズという戦術の幻想。
甲府が低迷している原因のひとつは、そんなところにある気がします。

2007年、J1・2年目の甲府に特殊とも言える戦術が生まれました。
技術、走力、肉体的強さなど個人能力で劣るチームがJ1で戦い抜く術はあるか。言い換えれば、バレー離脱後のビンボーな地方小クラブのJ1残留大作戦。
能力を要する長い距離や一対一での対人勝負を避け、短い距離(狭いエリア)のパスワークで数的有利な状況を作って攻める戦術。

大木武前監督の元に連動を磨いてきた素地があり、徹底した練習で練り上げることが可能なクラブチームの甲府だからこそ生まれた“クローズ”という戦術。
その考え方が季刊誌のサッカー批評(issue35・2007/7)に載っています。
読まれた方もいると思いますが、“甲府スタイルの設計図”と副題が付いたその記事をちょっと長いけど一部引用します。
・・・・・・
アキレス腱とふくらはぎの区別がつかないほど筋肉が発達した身長185cm超のアフリカ系黒人選手を見るとき、大木はいつも、
「走ったら勝てるかな。勝てないよ」
と思う。2005ワールドユース予選A組の日本対オランダを観たかと訊くと、大木は「観ていたよ。左サイドのやつ、めっちゃ速かったじゃん。ぶっちぎられてた」と、あらためてクインシー・オウス・アベイの快速に呆れた。いまは甲府に所属する増嶋竜也率いるU-20日本代表DF陣は、褐色の弾丸に引きずられ、まったく応対できていなかった。
「どういうサッカーをすればいいか、オレのなかでは答えが出てるんだけどね。10m、20mだったらそんなに負けないよ」
だったら、その10m20mで勝負すればいい?と訊ねると大木は同意した。
「そうそう。1対1でかなわなかったら1対1じゃなくて2対1にすればいい」
大木はパン!と手のひらを叩きながら、身長180cm台の大型選手にぶっつかられて吹っ飛ぶくらいなら、当てなければいい、と答えた。
「よく協会の話にコンタクトプレーが弱いって必ず出てくるけど、じゃあ当てなきゃいいじゃない。そういう発想にならないのかな。オレなんかそういう発想だけどな。もちろんドリブルもダメなわけじゃない。当たるぐらいだったら、じゃあパスで逃げろよと。逃げろっていうとみんなアレかな、あまり馴染まないかな。でもオレはそう思うよ。逃げてもう一回受けろよ。そうすると簡単に答えが出てきちゃうような気がするんだけどな」
大木は破顔一笑してこう付け加えた。
「オメー単純だな、って言われるかな」
昨年、降格候補最右翼と謳われた甲府をJ1に残留させ、さらにそのサッカーが持つ娯楽性で大いに注目を浴びた大木が「単純」であるはずはないのだが、しかし根が単純なのだとしても、小難しくひねりすぎて正解から目を逸らすよりは、シンプルに考えて正解を見つめられたほうがよいだろう。
「長い距離を走れなければスモールスペースでやればいいわけだ。背がそんなに大きいわけじゃないから、ロングボールを蹴られたらやられる。(ならば)前から(プレスに)行けばいいだろう。……簡単だと思うんだけどな(笑)。オレだけか、そんな単純なやつは」
・・・・・・
これは日本スタイルの道標ということで、Jリーグから始まる「日本化」をテーマにしたインタビュー。
世界のなかで日本はどう戦うかということでしょうが、この考えが甲府の“クローズ”の元にあるようです。

個人的にはこうした戦術に興味がありました。
同時に財政的背景からクラブとして挑戦することには意義があると思えました。
そして、J1に引き上げた大木さんだからこそ個人的に容認出来た“実験”でした。
しかし、実験は失敗。
思えば矛盾を含んでいました。

密集のなかで手数を多く必要とするプレイは判断力と精度といったそれなりの能力を求められ、遅攻になるためにいつも“クローズのその先”が課題になりました。
弱者が強者に挑むためのものが、弱者ではこなしきれない難しい戦術。
ならば“クローズ”から“オープン”と言っても、そもそも“オープン”の局面では数的に不利かイーブンな状況。
そこで有利に戦えるなら、ハナからこんなややこしいことをしなくてもいい訳です。
だからこそ大木さんは“オープン”なんぞ頭になかった(恐らく)。

そして、一番の問題は歪曲化された評価。
J1残留とこの戦術とは時間的にズレがあるのに、成功と失敗がない交ぜになってしまい、いつしか甲府のあるべきスタイルのように語られるようになってしまったこと。
安間監督や選手に拘りがあるとすれば、そういうところじゃないのかなと。
挑戦は意義があった(と思いたい)が戦術としては失敗だったと認識しない限り、チームを向上させる劇的な変化は起きないんじゃないのかな、と思えます。
何が戻るべき甲府のスタイルかは、いまさら言うまでもなく。

見え隠れする“クローズのその先”。
ただ、ここまでやって出来ないのであれば、もういいんじゃないかな。
解けぬ難題をいくら追いかけていても埒が明きません。
不明確な“継続”という大義名分のもと、マイナスからのスタートはJリーグ1年生監督には荷が重過ぎました。

ここまで来たからには、腹と腰をしっかり据えて付け焼刃ではない対策が必要。
フォーメーションを含む戦術的な拘りを一度捨てて、最初からすべてやり直す。
再構築していくには時間もかかるでしょう。
それでも、このままズルズルいくよりかは未来があるように思えます。

順位表
スポンサーサイト
久し振りの勝利
2008/J2第21節 6/21(土) 甲府 1-0 山形 小瀬:8,360人 雨 22.4℃ 90%
甲(21)林

試合終盤、1点ビハインドの山形の攻勢が続くなか、小瀬の電光掲示板に表示されたロスタイムは2分。
直後に桜井が相手選手と交錯、いったん中断したあと試合再開。
前節も試合終了間際にゴールを許して引き分けに持ち込まれているだけに、「最後まで踏ん張れ!」との想いでいるといきなり「ピ、ピ、ピッーーー!」と笛の音。
不安と緊張感の後にやって来るからこそ大きくもなるサディスティックな歓喜の瞬間は、あっけなくやって来てしまいました。

何とも罪作りな主審ですが、試合前の「荒れなければ良いな」との心配をよそに、カードを乱発することなく試合は進められて無事に終了。
ちょっと怪しいところがあったものの、「やれば出来るじゃん」。
そして、それは甲府に対しても同じでした。
好調な山形を完封、得点はセットプレイからの1点に止まりましたが、勝ち切る試合運びを見せてくれました。
やっとこさ、7試合勝ち星から遠ざかっていた状況から脱出。
雨空のもと、久し振りに小瀬が歓喜で包まれました。

甲府ゴール裏

試合進行に合わせるように雨脚を強めた小瀬。
プレイしにくいピッチ状態のなかで、序盤は激しい主導権争いが続きました。
最初に訪れた決定的なピンチを桜井が好守で防ぎ、相手の先制点を阻止。
クローズな展開からボールを低い位置で失ってピンチを迎える場面があったものの、急造DF陣ながら集中力を切らさずに守り切ると徐々に甲府ペースになりました。

FWは前節のC大阪戦と同じ神崎、前田、大西。
前節は相手DF陣が急造だったこともあり、タッチ数の少ないテンポアップしたパスとスペースへ抜け出す動きでフリーになることによって、流れのなかからゴールを奪うことが出来ました。
昨シーズンから続く“クローズのその先”という大きな課題を克服するためのヒントになるのではと思わせた攻撃パターン。
この試合でもそうした意図を感じさせるプレイがいくつか見れました。

しかし、ここまで広島に次いで失点の少ない(平均失点0.89)堅守の山形。
中盤でのプレスもきつく、なかなか決定機を掴めませんでした。
そのなかで、前田のシュートから得たCKを林がヘッドで決めて先制点を奪取。
本人の意思とは別に、ここまで一服感を感じさせていたベテランが気を吐きました。

ただ、その後はゴールを奪えず、特に後半はやや単調な攻撃になりました。
ニアサイドへのグラウンダーの速いクロスに飛び込んでいく迫力あるプレイ、そんな力強い攻撃を見せるまでには至りませんでした。
それでも、守備に関してはタイムアップまで体を張って山形にゴールを許さず。
今季の甲府は試合終盤になって失速していく場面が多かっただけに、見たかった甲府の姿をやっと見せてくれた感がありました。

特に、急遽SBを任された克哉の頑張りが目に付きました。
不慣れゆえに基本に忠実だったのか、マークする相手に対して無闇に飛び込まず、即かず離れずのポジショニングから隙あればボール奪取を試みるなど、持ち前の運動量を発揮するとともにタイムアップまで仕事を続けました。
体力的に苦しさが増す時間帯に質を落とさずに激しさを増していくことこそがハードワークだと言わんばかりのプレイ。
ちょっと褒めすぎですが、こういう選手こそピッチにいて欲しいものです。

バックスタンドアウエーゴール裏

長かった未勝利のトンネルからやっと抜け出しました。
ただ、抜け出ただけなので、これから先にまたトンネルが待っているのか明るい道が待っているのかは分かりません。
この状況で「やれば出来るじゃん」の状態は嬉しいよりも悲しいような気もします。
それでも、この試合を次に繋げていくしかありません。
リーグ戦は次の試合でちょうど1/2を消化。
満足出来なかった1/2を少しでも取り返すためには、次の試合こそが大事です。

そして、ブラジルから期限付き移籍で獲得したFWの2選手が既に来日していて、メンバー外選手の練習に合流後、この試合を観戦していたようです。
マラニョン(Maranhao)はブラジル全国選手権SerieB・サンパウロ州リーグ1部所属のマリーリア(Marília Atlético Clube)からの移籍。
2008年4月から2008年6月まで所属していたここでの戦績は不明ですが、サンパウロサッカー連盟のHPの得点ランキングを見れば、その前の1月から4月まで所属していたサンパウロ州リーグ2部所属のモンテ・アズゥー(Atlético Monte Azul)で9ゴールを決めています。
時期からして恐らく19試合以下の出場数なので、概ね2試合に1得点以上をあげている計算になります。

また、サーレス(Sales)はサンパウロ州リーグ2部所属のグレミオ・カタンドゥベンセ(Grêmio Catanduvense de Futebol)からの移籍。
同じく得点ランキングを見れば5ゴールを決めています。
海外チームへの移籍は2度目。
1度目は2006年9月から2007年8月まで、チェコのスロバン・リベレック(FC Slovan Liberec)でプレイ。
このチームのHPの過去の記録を見ると、9試合出場(688分)で2ゴール。
Czech Republic Cup 2006/07(チェコ杯?)の2回戦で1ゴールを決めています。
チェコのスポーツサイトに載っていた身長と若干違うようですが、きっと成長期なのでしょう。
高さに自信があることは間違いないようです。

若手でもあり、それぞれのリーグの力関係が分からないため、実力は未知数。
それでも何とか連携を深め、即戦力、チームの起爆剤になって欲しいものです。
負傷者が相次いでいるCBの補強にもJ1選手との交渉を進めているとのこと。
リーグが進行するなかでチームをまとめる難しさもあると思いますが、一足飛びに結果は出ないので、とにかくひとつずつ、上を向いてやるだけです。

順位表
ハードワークとは
ゴールを奪うために、ゴールを守るために、どれだけのハードワークが必要か。
ユーロのような華やかさもなく、代表戦のような注目度もないJ2の試合ですが、今日の鳥栖対湘南戦の後半15分からタイムアップまでの30分間だけでもいいから、安間監督や選手たちには是非見て欲しい。

勝利を求めて激しく戦う気迫こもったプレイは、両チームともに素晴らしかった。
久し振りにサッカーの試合で感動を覚えました。
こういうのをハードワークって言うんだろうな、って思わせるに十分な試合。
そして、甲府がいかにまだまだ生温いかを感じさせました。

今日のC大阪戦、スピードアップした攻撃はこれからに光明を見出しました。
すべて流れのなかからの得点で、連携も上手くいきました。
ただ、不用意な守りで勝ち切れなかったのが甲府の現状そのものです。
タイムアップの笛が鳴るまで、戦い切る気持ちの強さが欠けていました。

次節は絶好調な山形、意地をぶつけるにはもってこいの相手です。
本物のハードワークを見せてくれ!
次こそは勝利を、そして“輝く夜空”を小瀬に響かせよう!
プロとしての責任
第19節 6/11(水) 甲府 0-2 広島 小瀬:8,676人 曇 23.5℃ 65%
広(31)OG(84)佐藤

ホーム小瀬での3連敗を含み、これで6試合続けて勝ち星なし。
遂に順位は12位(暫定)まで後退。
勝点差は中位より最下位チームのほうが近い状態にまでなってしまいました。
戻りたかったJ1は遥か遠く、逆に戻った先は徐々に右肩上がりを始めた2002年よりも前の最下位だった頃のチームに戻ってしまったかのようです。
戻るべき甲府のスタイルがあるにしても、いくらなんでも戻り過ぎです。

順位表

前回のアウエー広島戦、甲府は相手3DFに対して前線からプレスを掛け続け、ボールを繋げなくなった相手中盤を制圧してタイミングの早い攻撃を仕掛けました。
その速攻が功を奏して勝利し、今季の戦い方のひとつのヒントになる一戦でした。
しかし、昨日の広島は前回対戦時の反省からか、甲府の前線からのプレスが厳しいと感じるや縦ポンサッカーを選択。
気持ちも体も前掛りになっていた甲府の隙を突いてゴールを決めました。

アレレ、といった感じのオウンゴール。
欲しかった先制点はあっけなく広島に転がり込みました。
その前にも裏を取られてヒヤリとする場面が2度ありましたが、甲府DFには修正するだけの落ち着きがありませんでした。
不運なゴールのようでもありますが、必然と考えねば失点は止まりません。

甲府は3トップに若手選手を起用し、この前線の選手を含め、試合開始直後からここ数試合には見られなかった積極的な動きでゴールに迫りました。
試合終盤にダメ押し点を奪われてからも、選手の必死さは伝わりました。
しかし、誰がどのようにゴールを奪うかという明確な意志と意図を持ったプレイは、最後まで影を潜めたままでした。
結果、広島のしたたかさの前に屈することになり、チーム状態を立ち直らせるための転機となる試合には出来ませんでした。

広島戦

それにしても、この試合のテーマが“ハードワークと切り替え”だったとは・・・。
2002年以降、“ハードワークと切り替え”こそが甲府のベースであり、それ故にそこから発散されるものが支持され共感を生んだ訳であり、J1昇格も残留もその延長線上にあったチームなのに、何を今さらと思わざるをえません。
どうりで2002年より前のチーム状態に戻ってしまう訳です。
妙に納得しましたが、本当に「何じゃ、そりゃ?」なことで残念で仕方ありません。

確かに第16節の愛媛戦以降、指揮官が“ハードワーク”と唱えなければならないほど、選手からは覇気が感じられませんでした。
先制されなければ目が覚めず、その後になってやっとエンジンが掛かる状態。
受け身で試合に臨んでいる訳ですから、運良く追い付くことが出来てもそこから勝ち越すだけの力強さを感じさせませんでした。

特に、前節の草津戦もそうでした。
昨日の広島と同様に、草津も前回の対戦を踏まえたうえで、ある程度押し込まれることを想定しながらも、試合の流れを読みながら虎視眈々とゴールを奪う機会を窺っていました。
チーム初の連勝で得た勢いがそうさせたのかも知れませんが、勝利のイメージを共有しながら90分間粘り強く戦い、集中力は最後まで切れませんでした。

一方、甲府の選手は判断の遅さが目立ちました。
あと数試合でリーグ戦の半分が終わる段階にも拘らず、まだボールの出し所を「足元かスペースか」で迷っている状態。
意思統一のないただ何となくのプレイを繰り返しているだけでは、必死になって食らい付いてくる相手に余程の幸運でもない限り勝てる訳がありません。
選手から覇気を感じないのは、すべてそこに原因があるように見受けられます。

少し行き詰まってくると昨シーズンの遅攻に逆戻り。
そして、「内容は悪くなかった」。
指揮官が代われど、昨シーズンから繰り替えされる敗戦の弁。
確かに負け試合でもそう言える場合はあると思いますが、果たして草津戦はそう言える試合だったでしょうか。
シュートやCKの数、ボールを保持する時間の長さだけを比較すれば甲府の方が多かったと言えますが、比較するのはそこではありません。
比べるべき内容は、得点を奪う、失点を防ぐという勝敗を決する最も根本的なところで、いかに明確な意志と意図をチームが共有して戦えたかどうかです。

今節、草津は敵地で湘南を破って3位に勝点差8となる7位に浮上しました。
十分、J1昇格争いに食い込んでいける位置にいます。
失礼ながら甲府よりも戦力面で勝っているとは思えません。
それを思えば見事な戦いぶりであることは確かであり、その相手に内容が悪くない戦いを出来るのであれば、甲府の今の順位はないはずです。

草津サポ

昨日の広島戦に臨んだ時と同じ気持ちで鳥栖戦以降を戦えていれば、いくつか勝利を拾えたかも知れません。
アウエーでの広島戦や小瀬での横浜FC戦のように、“狭い、遅い”からの脱却を図って結果を出してもその後が続かず、原因を知る由もなくジョジマールの姿はいつの間にか消えてしまいました。
試行錯誤を通り越し、猫の目のように変わるメンバー。
ずれる意識、噛み合わない歯車。

“明確な意志と意図”の青写真を描くのは監督の仕事であり、それをピッチの上で表現するのは選手の仕事です。
その差が勝敗になって現れます。
内容が悪かったから負けたのです。
それを認識して修正する努力をしない限り、この泥沼のような状態から抜け出すことは出来ないし、これから先の成長を望むべくもありません。


1999年のJ2リーグ開幕を受け、前年のJ1参入決定戦以降から2006年まで、降格を経験したチームは以下の通りで延べ17チームになります。(追記:1998年の川崎はJFLからJ1参入決定戦で敗れてJ2になったので“降格”ではありませんでした。訂正します。<6/13>)

川崎(1999昇・2000降・2004昇)
札幌(1998降・2000昇・2002降・2007昇)
浦和(1999降・2000昇)
平塚(1999降)
京都(2000降・2001昇・2003降・2005昇・2006降・2007昇)
福岡(2001降・2005昇・2006降)
桜大(2001降・2002昇・2006降)
広島(2002降・2003昇)
仙台(2001昇・2003降)
東緑(2005降・2007昇)
神戸(2005降・2006昇)
柏_(2005降・2006昇)
(※平塚は現在の湘南、桜大はセレッソ大阪、東緑は東京ヴェルディ)

そのうち、1年でJ1に復帰したチームは浦和、京都(2回)、C大阪、広島、神戸、柏の延べ7チームで半分に満たない数です。
また、J2からスタートしたクラブで昇格、降格、そして再昇格を果たしたチームは川崎だけで、仙台は5年越しの挑戦を続けています。

1年でJ1に復帰したチームでJリーグ1年生監督が指揮を執ったのは、広島(小野剛氏)と浦和(斉藤和夫氏)の二例。
広島の場合はサンパイオ(元セレソンのボランチ)、リカルド(Jリーグでの経験あるCB)を補強して平均失点0.8の堅守チーム作りに成功しました。
浦和の場合は元日本代表監督である横山謙三氏を総監督とし、昨日のYBSラジオ中継の解説者でもあった福永氏をはじめ、永井、小野、岡野らJ2では恵まれた戦力を有していました。
その他のチームは、昇格争いやら天皇杯優勝等のキャリアのある監督と20得点近くをたたき出すエースストライカーを擁するなど、条件が整ったなかで尚且つ熾烈な戦いを勝ち抜いてJ1へ復帰していきました。

1年でのJ1復帰を明言したフロントが、どこまで何を承知しているのか疑問を感じ、シーズン当初からの有効な補強がなかったことが悔やまれます。
そして、ナイナイづくしの甲府にとって、J1再昇格は簡単なことではない壮大な挑戦であると改めて思っています。
苦しく、大変なのは分かります。
だから応援してるんです。

昨日の試合終了後の“ヴァンフォーレ・コール”は、そんな想いで発しました。
ブーイング、無言と、その時々で応援する気持ちは同じでも使い分けているつもりですが、昨日の状況ではそれしか選択がなかったのです。
すでに、昨シーズンの末期と同じ心情。
少なくとも個人的には、ハードワークに及第点を与えたものではありません。

1年での復帰は厳しいものとなりましたが、プロとしてまず今シーズン終了までしっかり戦う姿を見せて欲しいと思います。
厳しいことを言うようですが、それがプロとしての責任です。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。