コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
カイナチオ
2009/J2第44節 10/7(水) 甲府 2-0 水戸 小瀬:5,582人 雨 16.9℃ 82%
甲(17)シンヨン(88)OG

大型台風が接近中で風雨が心配された小瀬。
強い吹き降りになっても大丈夫ようにと、長靴を履き、防寒着の上にをポンチョをまとい、ついでにカッパまで持参して臨戦態勢を整えたが、そんな完全防備な出立ちが滑稽なくらいに雨も風も鳴りを潜めていた。
試合開始時は霧雨が舞うか舞わないか程度で、ポンチョを脱ごうかと迷うほど。
ピッチの状態は悪くなく、“小瀬芝”などと揶揄されたのも遠い昔になった。
それでも、予断を許さない天候に変わりはなく、さすがに観客の数は限られた。
平日でもあり、5連敗からの脱出を期待して小瀬に駆け付けた水戸サポの数もわずかだった。

水戸サポ

試合は、心なしか静かに淡々と進んでいった。
そぼ降る雨のせいか、それとも、いつもより少ない観客のせいか。
どうやら水戸が引き気味に構えたことにより、中盤でガツガツと激しくやり合う場面が少ないことが、試合展開をそんな風に感じさせたようだ。
水戸の間延びした前線とDFラインの間を比較的自由に動けた甲府は、ここ数試合のなかでは中盤でボールを保持しやすい状況。
克哉、新の両ウイングバックも守備に追われることなく、危なげなく攻撃参加。
林が球筋を見極めながらあちこちに顔を出し、相手ボールを絡み取った。

甲府が主導権を握る展開のなか、大西のスルーパスを受けたマラニョンがクロス。
ファーサイドのシンヨンが、まるでスローモーションを見るかのような滞空時間の長いジャンプからゴールを狙う。
ヘッドで合わせたシュートは枠を捉えたが、相手GKに弾かれてしまった。
「うわぁ、惜しい!」と、先制のチャンスを逃したと思った直後にゴール認定。
ボールは弾かれる前にゴールラインを割ったようで、怒られた後に褒められたような、何とも微妙な嬉しさを伴った先取点になった。

こうなれば早く追加点をと、前節のヴェルディ戦と同じ状況。
しかし、これまた決定機はなかなか訪れず。
前後半で数回あった危険な場面は、荻と臣の好セーブで失点を回避。
後半終盤に前線の2枚を順次交代して迎えた試合終了間際、ダニエルが自陣でボールを奪って前進したところからチャンスを掴んだ。
藤田を経由したボールは松橋へ。
スピードに乗って仕掛けた松橋が長い距離を走ってゴール前まで詰めたダニエルへ球足の速いクロスを入れると、相手DFに当たったボールはゴールに吸い込まれた。

ダニエルを起点にして試合を決める追加点となったが、出来れば2列目を含めた前目の選手がこの役割を担って欲しいところ。
後方を準備万端にしての前進だとは思うが、時々見られるダニエルを不在にしてカウンターを返される場面は、いつもスリルに満ちていてヒヤヒヤする。
また、この場面でも松橋へボールを丁寧に繋いだ藤田だが、後半の危険な場面になった発端は、ルーズボールをあと一歩で取り損なったものだった。
全般的に要所を押さえたプレイは藤田ならではのものだが、球際での緩さも散見。
珍しく、この試合では不用意なバックパスもあった。
リーグ戦は天皇杯で少し間が空くので、ここでしっかり体調を整えて欲しい。

凱旋
バックスタンド甲府ゴール裏

ともあれ、貴重な勝点3を積み重ねることが出来た。
2試合連続の完封勝利を達成して、第3クールでの平均失点は0.6となった。
まるで、連なって四方を囲み、台風から盆地を守る甲斐の山々の如し。
さしあたり、カテナチオならぬカイナチオと言ったところか。
これでロスタイムにあった二度の決定機を決められるようになれば良いのだが・・・
最後の最後で得失点差にもつれ込む可能性だって、無きにしも非ず。
2位仙台を射程に捉えられるように、もっと貪欲に戦わねば。

vs水戸・布陣
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。