コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
迷走、甲府
関西大との天皇杯初戦、甲府は3-5-2の布陣でスタートした。
GKは久し振りに出場となった阿部、3バックは右から東間、臣、新。
ウイングバックは右に大西、左に吉田、2列目は片桐と美尾。
新のセンターバック起用に驚き、東間がどこまで通用するか期待し、片桐と美尾が攻撃を上手く組み立てられるか楽しみにした。

悪くない立ち上りだったが、徐々に臣や林がミスパスを連発。
片桐と美尾は有効な攻撃を仕掛けられず、甲府のペースは崩れた。
前線の選手の動き出しが悪いと言うよりも、中盤で人数を揃えた関西大の早い寄せに行き詰り、苦し紛れなパスが多くなって攻撃が停滞した。
組織的な動きは関西大が上回り、シンプルで速い攻撃に甲府は受身になった。

甲府先発・控えメンバー

関西大の2トップ、佐藤選手、金園選手は足元の技術があり、力強かった。
1点目はPA手前の混戦から佐藤選手にスルーパスを通され、中央突破を許した金園選手にゴールを決められた。
2点目は中盤逆サイドからのパスを受けた佐藤選手に新が巧みにかわされた。
3バックの採用を含めて、適材適所とならなかった布陣は相手の迷いのない攻撃を受けて早々に綻びた。

甲府は2点を先行されて布陣を4-3-3に変更。
DFラインは新がいつもの右サイドに移動し、続いて東間、臣、吉田と並んだ。
前半にCKから東間のヘッドで1点を返したものの、立ち上りのつまづきが依然として尾を引くなか、後半16分に追加点を許す。
「オフサイドかな」と思える微妙な位置からだったが、右サイド中盤の藤澤選手の縦パスに佐藤選手が間髪入れずに飛び出した。
並走する吉田を振り切って金園選手のゴールをアシスト。

その後は相手の攻撃が一段落し、甲府も好守のバランスを取り戻した。
後半18分に新を起点にしてシンヨンのゴールで1点差に迫ると、直後に十分な働きが出来なかった片桐と美尾に代わって國吉と松橋を同時に投入。
大西が2列目に下がり、松橋をやや下がり目にした3トップになった。
残り時間が少なくなった後半35分、吉田に代えて森田を投入。
森田がマラニョン、松橋、シンヨンの3トップの下に位置し、大西がボランチ、2列目にいた國吉が左サイドバックに下がった。

右往左往と目まぐるしく変わるポジション。
直後、森田のシュートが防がれたことで得たCKからマラニョンが同点弾を決める。
しかし、その後にアクシデントが発生。
東間が足をつったようで、動けなくなってしまった。
試合はそのまま延長戦になったが、3枚の交代カードは既に使い切っていた。

延長戦では東間を3トップの右に残し、DFラインは右から大西、臣、新、國吉。
森田を林と共にボランチに据え、松橋を2列目中央に下げた4-3-3。
布陣は本来のポジションの選手のほうが少ない、さらに混沌とした状況になった。
甲府、関西大とも足は止まり、甲府は延長前半の決定機をマラニョンが外す。
延長後半には前線に残った東間がポストプレーに体を張り、トンチンカンな試合なのに、何故か感動を覚えるという不思議な展開。
思わぬ激闘になった試合はドローで終わり、PK戦になった。

甲府のキッカーは臣、森田、マラニョン、國吉、林の順。
最初の山場であったマラニョンが決めて一安心すると、関西大の4人目が外した。
國吉は大丈夫だろうと思っていたら、右隅を狙ったボールはポストに阻まれた。
関西大の5人目が外す。
甲府の5人目、林が心憎い間合いでゴール左隅に流し込み、延べ10回の一蹴りごとに緊張と歓喜と落胆を繰り返して、120分+αの長い戦いが終わった。

最終スコアと健闘を称え合う両チームの選手たち

しばらくして、アウエーゴール裏に陣取った関西大応援団から“ヴァンフォーレ”コールが発せられ、甲府ゴール裏からは“関大”コール、メイン、バックスタンドからは大きな拍手が送られて、和やかな雰囲気のなかでゲームは締めくくられた。
あまり記憶にない、たぶん初めて見る甲府のPK戦や電光掲示板の表示を見て楽しみ、追う試合展開を「なんだかなぁ」と思いつつも、少しワクワクして見守った。

しかし、“健闘した関西大”と“迷走した甲府”の試合内容の差は際立っていた。
ひとつは、まったく機能していなかった3バックの採用。
J'sGOALの安間監督のコメントでは、「・・・相手をなめることなくスタッフにスカウティングをしてもらい、・・・」とあるが、なめたと思われても仕方ない結果だった。
そうでないなら、もっと恐ろしいことを意味することになる。
ダニエルと秋本の存在+臣のカバーリングがあってこそ機能している3バック。
今日のメンバーでは奇をてらっているように見え、掛け間違えたボタンのように、試合に最後まで悪影響を及ぼした。

そしてもうひとつは、片桐のプレイが冴えないこと。
移籍してきた当初は何かやってくれそうな雰囲気があったし、結果を出した試合もいくつかあったが、今はそれが薄らいでいる。
そうなったのは単純な理由ではないかも知れないが、期待しているだけに奮起して貰いたい。
そんなことを感じた一戦だった。
スポンサーサイト
健闘、関西大
2009天皇杯2回戦10/11(日) 甲府 3-3(PK4-3) 関西大 小瀬:3,605人 晴
甲(39)東間(63)シンヨン(82)マラニョン 関(21)(61)金園x2(34)佐藤

ポスター台風の影響を受けた先日とは打って変わって好天に恵まれた小瀬。日差しはやや強かったが、清々しい陽気と金木犀の香り、場所によって少しだけ色付いた銀杏の葉が秋を感じさせた。

リーグ戦の合間を縫って行われた天皇杯初戦。大学生チームとの対戦は、2005年に同じく初戦で当たったびわこ成蹊スポーツ大以来4年ぶり。アウエーゴール裏には部員、ガクランの応援団、チアリーダーらが陣取り、少数精鋭ながら声量豊かな声援を送った。ヘタなJ2クラブのサポより立派なまとまった応援は、天皇杯に懸ける意気込みが十分に伝わってくるものだった。

関西大応援団

毎度のことながら、いつも難しい試合になる天皇杯の初戦。
この試合も例にもれず、甲府は苦戦を強いられた。
関西大のフォーメーションは4-4-2。
中盤の4は時折1-3のようでもあったが、ほぼフラットなラインを作りながらも流動的に動き、選手間の距離をバランス良く保っていた。
試合開始直後はプロチームの出足を受けて立つ形だったが、甲府のミスパスが目立ち始めると、それをきっかけにして徐々にペースを掴んでいった。

中盤で粘ってボールをキープ。
サイドを使い、前線では金園選手、佐藤選手が積極的に仕掛けた。
不安定な甲府守備陣の乱れを誘い、金園選手が中央から抜け出して先制。
立て続けに甲府左サイドから佐藤選手が突破して追加点を奪う。
前半終盤にCKから東間にヘッドでゴールを許したものの、地に足が着かなくなった相手に、見事な攻撃で得点を重ねて試合を優位に進めた。

後半、甲府がバランスを立て直したことで試合は一進一退の展開。
それでも、関西大は果敢に攻めた。
甲府左サイドをオフサイドラインぎりぎりから飛び出し、突破に成功するとグラウンダーのクロスを入れ、中央から金園選手が鮮やかに3点目のゴールを奪った。
これで2点差としたが、さすがに尻に火が着いた甲府に攻め込まれた。
甲府の右サイド中盤から放り込まれたクロスをマラニョンからシンヨンへと繋がれてシュートを決められると、後半終盤、交代出場の森田のボレーシュートをGK児玉選手が好守で弾き出したが、そのCKからマラニョンに足で直接合わされて失点。
試合は振り出しに戻って延長戦へ突入した。

延長前半、カウンターから左サイドを抜けたシンヨンからマラニョンに繋がった決定機は、マラニョンのシュートミスで試合に決着はつかず。
その後は双方譲らずにPK戦へ。
息詰まるPK戦も5人目までもつれたが、最後は林が落ち着いてゴールを決めた。
2得点と活躍した金園選手が外してしまったのは、何とも非情な結果だった。

挨拶する関西大チーム

関西大はPK戦で力尽きたが、外連味のない見事な戦いを魅せてくれた。
最後まで声援を送り続けた応援の皆さんも見事だった。
特に、試合終了後にアウエーゴール裏だけでなく、場内を一周して各所で甲府サポに挨拶をした関西大の選手たちは、この日の天気のように清々しかった。
敗戦直後で悔しさに溢れていたであろうに、これほど律儀に振る舞った学生チームを小瀬で見たことはなく、心より惜しみない拍手を送った。
果たして甲府はこの誠実なチームの対戦相手に相応しいサッカーをしただろうか。
疑問が残る。
それについては、また明日(予定)。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。