コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
逃がした勝点
2009/J2第46節10/21(水) 甲府 0-1 横浜FC 小瀬:10,501人 曇16.8℃68%
横(82)難波

アウエーで栃木に勝利し、中2日で迎えたホームでの横浜FC戦。
このあとに続く鳥栖、福岡、湘南といった難敵との対戦を考えれば、きっちり勝点3を上積みしたい試合。
いよいよ大詰めが迫ったリーグ戦にあって、いわゆる“取りこぼし”は、これまで以上にJ1復帰に対して致命傷になることは明らか。
勝点はどのチームから得ても失っても同じと言えば同じだが、この終盤戦では少し意味合いが違ってきそうだ。
この試合は、痺れるような残り試合を戦い抜くだけの本物の強さをチームが持ち得ているかどうかのバロメーターでもあった。

守備的な横浜FCに対して、甲府は攻めることが出来た。
試合序盤から、いつ得点が生まれてもいいような決定機を作っていた。
それでも、ゴールは遠かった。
逸機を繰り返しても、「そのうちに何とかなるだろう」という淡白な空気が漂った。
前節の栃木戦のように、試合が早い時間帯に動けばまた違った展開になったかも知れないが、スコアレスが続いた試合は、まるで何かを浸食するかのようにジワジワと横浜FCのペースになっていった。

守りを固め、甲府ウイングバック後方のサイドを起点にカウンターを狙う横浜。
2列目の選手が果敢に前進して、一見3トップかと見間違えるほどに3バック攻略のオーソドックスな攻撃を展開。
守勢に回る時間が多いなかでも、時折見せる攻撃は危険なものだった。
甲府の失点はCKからの連続攻撃。
波状攻撃にマークがずれたか、甲府左サイドでクロスをあげた小野、ヘッドで後方へボールを流したヒョヨン、ゴールを決めた難波の各選手に対して甲府の寄せは甘く、焦りを増幅させるに十分な時間帯のものだった。

甲府は失点後の攻撃も遂に実らず、勝点を逃がしてしまった。
ボールをゴール前まで運んでも、相手正面からの攻撃は瀬戸際で跳ね返されるか、網に掛かるかで、ゴールをこじあけることが出来なかった。
終わってみれば相手に合わせてしまったような試合で、相手の術中に嵌ってしまった不甲斐ない結果になった。
順位差を考えれば、甲府が攻撃の形や決定機を作れるのは当然と言えば当然。
戦術的な問題があるにせよ、そのなかでゴールを奪い、ゴールを守り、試合に勝ち切るために必要だったものは、勝利に対しての執念や厳しさだった。
もちろん、執念や厳しさが無い訳では無いのだろうが、目指しているものの大きさに比べてまだ足りないことを露呈したことは確かだった。

リーグ戦はいよいよ残り5試合。
明確な目標を持ってシーズン終盤を戦えることは、不本意な成績だった昨シーズンを思えばを大きな意味があること。
それを前向きに捉え、本物の強さを手に入れよう。
必ずJ1に復帰すると、強い意志を持って戦ってくれ!

小瀬vs横浜FC


vs横浜FC・布陣
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。