コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
勝率3割でJ1?
『J2ホームゲーム通算50勝』は先日の記事だが、ついでに、J2リーグ参加後のアウエーゲームでの成績をまとめてみると下表のようになる。

アウエーゲームの成績最下位に沈んだ3年間は、ホームでも勝てなったがアウエーではさらに勝てなかった。
しかし、’02年第一次大木監督時には、勝ち越しに成功して一躍成績が向上した。’03年第一次松永監督時、ホームでは強かったがアウエーでは惜しくも負け越しとなった。昨シーズンは、ラストクールにアウエーで一勝も出来なかった事が響き、勝ち+分け数が負け数に並ぶ程度に留まった。

今シーズンはホームで手痛いドローがある中、アウエーでは奮闘している。ホームで強かった松永甲府とは逆に、’02シーズンの成績も含めてアウエーでの善戦が目立つ大木甲府と言えそうだ。

通算成績J2リーグ参加後の通算成績をまとめてみると左表のようになる。現在83勝を挙げているが、節目の100勝まではあと17勝である。今シーズン中にこれを達成する事は不可能なので、来シーズンに持ち越しとなる。

何か切りのいい数字を探すが、あまりピンとくるものは無い。少し強引に、ロッテのストレート勝ちで幕を降ろした野球に例えてみる。野球の場合、打率3割は一流打者の証しと言われる。甲府の場合、あと6勝すると通算の勝率が3割を超える。シーズン成績も21勝、勝点74となり『20勝、勝点70以上』というシーズン当初の目標を達成する事になる。

『6勝』 ・・・2位は難しいが、3位確保には十分な数字だろう。
コメント
この記事へのコメント
その調子!
残り7試合で6勝とは、強気ですね。
でも、その位の気持ちでないと入れ替え戦出場は叶わない。

東京J1残留の可能性がかなり高くなった現在、
甲府に集中出来る環境が整いつつある。

鳥栖戦と福岡戦は無理だけれども、
湘南戦、水戸戦、山形戦、札幌戦、京都戦には、
駆け付けられるかもしれない!
2005/10/27(木) 08:30:23 | URL | TKラプソディ [ 編集]
冷静に考えると・・・
上位陣との直接対決が多いですよね。
逆におおいにチャンスあり!
もう仕事が手につかなくなりそうです・・
2005/10/27(木) 12:53:02 | URL | 信玄魂 [ 編集]
スケジュ~ル
鳥栖戦と札幌戦以外は参戦する予定です!
とにかく、鳥栖に勝ってホームに戻って来て欲しい。

後半の直接対決は楽しみ。
もう直接対決のない仙台に走られるとイヤですね。
2005/10/27(木) 18:50:42 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。