コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
一歩、リード
第38節 10/30(日) 鳥栖 1-2 甲府 鳥栖:7552人
鳥(5)鈴木 甲(59)バレー(70)須藤

前日のライバルチームの試合結果は、ことごとく甲府に有利なものとなった。山形は湘南にいい所なく0―2で敗れ、仙台と札幌は2―2で痛み分け。どのチームも一歩抜け出すことが出来なかった。

今シーズン、甲府にとって「ここ一番」のゲームが何度かあった。第2クールでのアウエー鳥栖戦(第15節)もそのひとつ。2位争いを掛けた直接対決は、試合開始早々の2得点を守りきれずにドローで終わり、順位を上げられなかった。前半戦終盤での連敗、第3クール序盤での連続ドローなど、2~3位争いの混戦を抜け出すチャンスをなかなか生かせなかった。

そんな足踏みもあったが、バレー離脱後を辛抱強く戦った事と前節の勝利によってチームに勢いがもたらされた。鳥栖は嫌な相手だが、何故かは分からないがヤッテくれる予感がしていた。

TV画面を見ると、やや風があるようだ。甲府が風下になるサイドで試合は始まった。開始早々、甲府が攻め込むがカウンターを受ける。PA付近でアライールと一対一になった鈴木が切り返しからシュートを放つ。風に乗ったかのように、見事な弾道で阿部の手をかすめてゴールに突き刺さってしまった。

先取点を奪って一気に攻勢にでる甲府をイメージしていただけに、あっけに取られた試合序盤となった。失点後、甲府も攻め込む。15分過ぎ、連続してCKから攻めるが得点には至らない。その後、杉山からのパスを倉貫が合わせる。ゴールか、と思わせたが僅かに枠の上に外れる。

一方鳥栖はカウンター主体に攻めてくるが、20分には高い位置でボールを奪い、立て続けにシュートを打ってきた。23分にはCKから氏原にヘッドで合わせられるが、ポストが阻む。中盤での激しいボールの奪い合いやゴールへ直結する目まぐるしい動きで緊迫したゲーム展開を見せるが、スコアは変わらず前半が終了した。

前半、鳥栖は甲府のタッチ数の少ないボール回しに良く喰らい付いてプレッシャーを掛け続けた。相当な運動量が必要だったはずである。後半になって運動量が衰えてくれば、甲府にチャンスが回ってくるのでは、と期待した。

その期待通り、鳥栖のプレッシャーは前半より弱まったが、甲府の攻めもスローペースになる。しかし、後半9分に藤田がFKで決定機を作ったあたりから再度攻勢にでる。すると14分、前半から何度も繰り返されたCKから待望の同点ゴールを奪う。藤田のキックがファーに流れたところをアライールが折り返し、バレーがヘッドでゴールに叩き込んだ。

須藤、GJ!同点になったとは言え、次の1点が勝敗を大きく左右する事は明白である。これからの試合、劣勢あるいはこうした状況下で、どれくらい積極的に一枚目のカードが切れるかに注目していた。21分、太郎に代わって須藤が投入される。この交代が値千金のゴールを生み出す。25分、左サイドに流れたバレーからのグラウンダーの速いクロスに須藤がドンピシャで合わせて逆転に成功した。

前半、幾度となく訪れたCKからのセットプレーを得点に結び付けられずにヤキモキしたが、後半は慌てることなく、しっかりした攻撃からの堂々たる逆転である。消耗した鳥栖からは、前半のような怖さを感じなかった。甲府は残された時間を落ち着いて使い切り、快心の逆転劇に幕を引いた。終盤での大事な『ここ一番』を制し、大きな大きな一勝を勝ち取った。
コメント
この記事へのコメント
『ここ一番』にやっと・・・
今日、映像をチェックする予定です。

須藤の交代が見事に当たったようですね。
2、3枚目の交代カードが切られなかったのは不満ですが、
今回は逃げ切れたから良しとしよう。

甲府がちょっと変わってきたことが確認出来て可能性を感じました。
ラスト8の第2戦も無事ものにした。
下位とのあと2戦も落とさずに、究極のラスト4に望みたい!

2005/10/31(月) 08:01:05 | URL | TKラプソディ [ 編集]
選手の笑顔
昨日の試合終了後、選手の喜ぶ姿が印象的でした。
自信と手応えを感じ取った様な笑顔に見えました。
そんな選手達がJ1でプレーする姿を見たいですね。

ここまで来たからには、突っ走れ!
2005/10/31(月) 21:55:25 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。