コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
アラタにホレタ
第44節 12/3(土) 京都 1-2 甲府 西京極:8803人
京(9)田原 甲(40)太郎(80)アライール

3位を懸けたリーグ最終戦。今シーズン、3敗を喫している京都とのアウエーでの対戦だが、入替戦への出場権を争っている事もあり、西京極に多くの甲府サポが集結した。

開場前山梨を出発したバス組は5台。乗用車組や新幹線組、関西在住組などがそれぞれの方法で敵地に乗り込んできた。
総勢500人ほどになったようだ。開門直前には、アウエー側入口の甲府サポの列はだいぶ長くなった。

京都の紅葉も美しかった。スタジアム回りの木々は、色付きが盛りのものから既に葉を落とし始めたものまで、十分に晩秋のたたずまいを見せていた。風に舞う落ち葉は、ちょっとした紙吹雪のようだ。周囲を山々に囲まれた風景には、まったく違和感を感じない。今日は、「盆地ダービー」である。

フラッグ天気は良いが風がやや強い。フラッグをたなびかせるには丁度良いが、ちょっと寒い。スタジアムに入り、合流した先輩と共に簡単に腹ごしらえをする。歯ごたえ十分過ぎて、ちょっとガッカリした串焼きステーキをやっと平らげると、何やらポツリ、ポツリ。あれほどの青空だったのに、北西からの低い雲から冷たい小雨が落ち始めた。「ヤバァ、ポンチョ忘れた」、でも後の祭り。しかし、しばらくすると心配をよそに再び青空が戻ってきた。

昨夜の山梨放送の録画中継では、試合途中に虹が出ている様子をアナウンサーが伝えていたが、既にこの時、虹は架かっていた。J1への架け橋だと心で思いながら応援エリアに移動する。そして、適当な居場所を確保して臨戦態勢を整えた。命運を懸けた一戦。気合を入れて、陽をまともに受けながら見難いピッチを見つめた。

試合開始から甲府が攻勢にでる。前半8分、バレーが相手DFのミスからボールを奪ってシュート。GKが弾いたボールに克哉が飛び込むも、GKがセーブ。その1分後、京都に速攻を許して右CKを奪われる。甲府ゴール裏の目の前なのでブーイングを浴びせるが、田原にヘッドであっけなくゴールを決められる。アレモンは欠場だが、田原と松田の両FWには、これまで痛い目に遭わされていた。この試合も痛い先取点を与えてしまった。

次の1点を奪われると福岡戦の二の舞になりかねない。そんな不安を太郎のゴールが払拭する。40分、リカルドのミスからボールを奪うと追うリカルドを振り切ってゴール右隅に流し込んだ。前半のうちに追い付けたのは大きい。前節、零封されていただけに久し振りのゴールシーン。喜ぶゴール裏にも逆転の手応えが生まれ、応援は一段と活気付いた。

後半、果敢に攻める甲府にやっと勝利の女神が微笑んだ。35分、左サイドを上がった山本がファウルを受けてFKを得る。藤田のキックはゴールに向かって放たれ、アライールがヘッドで後ろに流す。そしてボールはゴールネットを揺さ振った。逆転に沸く甲府ゴール裏。勝利の予感はますます大きくなった。

しかし、京都もホームの意地を見せて反撃する。甲府にとって耐える時間が始まった。そして、試合はロスタイムに入る。時間は3分。するとカウンター攻撃からピンチを迎え、杉山のタックルと同時に相手選手が倒れ込む。向こうサイドの攻防で、はっきりした事が分からない。PKなのか?選手同士で小競り合いをしているようだ。主審と副審が協議をしている。京都サポのブーイングが起こる。なかなか試合が再開されない。成り行きを固唾を呑んで見守る甲府ゴール裏。PKなら、覚悟を決めなければならない。

結局、PAやや外からのFKになった。それでも、大ピンチである事には変わらない。祈った。祈りながら声を張り上げた。甲府ゴール裏から見ると、キッカーと壁とゴールが直線上に並ぶ。そして、放たれたボールは壁の右側をすり抜けてゴールに向かった。ポスト直撃。弾かれたボールに詰められるが、甲府も必死のディフェンス。そして、やっとクリアでゲームが切れる。凌ぎ切った。良かった、杉山の勇気が無駄にならなかった。杉山を守る事が出来た。そして、勝利は目前に迫った。

歓喜試合終了のホイッスルは聞こえなかったが、ピッチ上の選手たちの動きでゲームが終わったことを知る。耐えに耐えた時間が終わった。勝利、そして「仙台引き分け」の知らせが瞬時にゴール裏を走った。3位が決定した事を確認すると、甲府ゴール裏は大きな、大きな歓喜に包まれた。

歓声と感涙。共に戦った仲間たちと握手、そして抱擁。喜びを共有しながら感激に浸る。さらに、凱旋する選手達の笑顔で喜びを増す。応援することの醍醐味をこれほど感じた瞬間はない。この感動を言葉で説明するのは難しい。この時この場所に居れた事に感謝し、改めてヴァンフォーレ甲府に惚れ直した。

想定通り、プロローグは最高の締めくくりで幕を降ろして本編に突入する。まずは前編、12/7ホーム小瀬。ドラマはこれから始まる。


甲府ゴール裏
チームと共に戦った甲府サポーター
コメント
この記事へのコメント
おめでとう
甲府3位決定おめでとうございます。
入れ替え戦、頑張ってください。
2005/12/05(月) 22:18:25 | URL | Full [ 編集]
ありがとう!
>Fullさん

他サポの方でしょうか?
間違っていたら、すみません。

入替戦はもう明後日です。
実に楽しみです。
甲府のサッカーを見ていて下さい。
2005/12/05(月) 23:55:12 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
「運気」を大事に・・・
書き込み遅くなりました。

西京極での歓喜は忘れて、
札幌と西京極で発揮した「運気」を持続させて、
小瀬と日立台に乗り込みたいと思っています。

あと2試合、後悔しないように、
思い切り枯れるまで声を出したい!
2005/12/06(火) 18:28:00 | URL | TKラプソディ [ 編集]
楽しく読ませてもらいました♪ゆうたです。
ブログにて「俺とW杯」連載中なのでよかったら見に来てください!
2005/12/06(火) 23:51:18 | URL | ゆうた [ 編集]
「運気」を信じる
>TKさん

思惑通りの展開になりました。
TKさんの運気、相当強力ですヨ!

やりましょう、頑張りましょう!
もっと大きな感動がきっと待っている。
2005/12/07(水) 00:10:52 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
ようこそ!
>ゆうたさん

いらっしゃい!
ご訪問、ありがとう。

ブログ、拝見しました。
Jリーグはあまり見ないのかなぁ?
結構、面白いですよ。
2005/12/07(水) 00:14:58 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
順位を確認→こちらJ1史上空前の大混戦の最終章は大阪の2チームの争いになり、ガンバが難産の末初優勝した。季節外れの咲くはずだった満開の桜がセレッソサポーターの涙ともに全て散ってしまった頃、西京極での熾烈なJ2の3位争いも最終局面を迎えていた。ヴァン....
2005/12/05(月) 15:29:27 | KOOJI MC(コージMC) のまぁ言うたらブログですわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。