コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
夢はかたちに
J1・J2入替戦/第2戦 12/10(土) 柏 2-6 甲府 日立柏:12,013人
柏(52)レイナウド(86)宇野沢 甲(10)(27)(53)(68)(69)(87)バレーx3x2

車列を組んだ大型バスが隅田川に沿う首都高速を北へ向かう。山梨からの応援バスは7台になった。車窓から言問橋辺りの景色を眺めながら、今季二度の水戸遠征を思い出した。前半戦を締めくくる第22節と大詰めのラスト4を控えた第40節。ともに手痛い敗戦を喫し、口惜しさを胸にしまいながらこの道を戻った。まだ、あれから一ヶ月も経っていない。

アウエー側入場口しかし、「三度目の正直」、今回はきっと笑って帰れると感じていた。京都戦の劇的勝利で一気に登りつめた感情は、入替戦第1戦での確かな勝利を経て、少しずつ清々しさに変わっていた。
泣いても笑っても、今季のラストゲーム。ただひたすら選手に声援を送り続け、甲府のサッカーを信じて楽しむだけだ。

スタジアムに到着して、先に乗り込んでいた先輩と合流する。バス以外の方法で先着していた甲府サポにバス組が合流すると、ゴール裏のほぼ半分だけに限定された甲府応援エリアは人で溢れた。通路も人で埋まり、重なり合いながら居場所を定めた。

迫力ある柏サポいつもは、まばらになりがちな甲府サポだが、逆に密集状態になる。ちょっと窮屈だが、声援を一つにするには持って来い。少数であっても、圧倒されるであろう柏サポの声に負けじと、少しでも甲府の選手に声を届けなければならない。

ホームの柏はいろいろな意味で怖いと聞いている。「勝ったら、上着を着てバスまで全力疾走で戻ろう」などという冗談が、冗談として聞こえないほどの迫力あるコールが柏側から起こる。テレビで見る某国のマスゲームを思わせるほどに見事であり、アウエー感いっぱいのスタジアムだが、逆に闘志が湧いてくる。そして、ついにキックオフの笛がなった。

柏はシステムを4-4-2に変更。レイナウドとともにクレーベルを先発、フランサをベンチに置き、外国人勢を起用してきた。個人能力に試合の行方を託したようだ。甲府は杉山が出場停止から復帰。左SBに山本を配した他は第1戦と変わらない。試合は立ち上がり、それぞれ攻め込むが、出足鋭い甲府が徐々にペースを握る。前半10分、右サイドの連続攻撃からバレーがゴールを決める。大きな先取点。選手に硬さは見られない。

前半25分、右サイドの杉山の突破とクロスから倉貫がダイレクトでシュート。惜しくもGK南に阻まれるが、攻撃の組み立ては第1戦同様にしっかり出来ている。そして、その勢いを持った攻撃を柏は止めきれず、克哉がPA内で倒されてPKを得る。バレーが落ち着いて決めて2点目をゲットした。

「君たちはプレーヤーだ。ワーカーでも、アクターでもない」 今年のイヤーブックの巻頭インタビューにある大木監督の言葉である。ファウル判定を誘うようなプレーや真剣さの無い汚いプレーを嫌う。90分間、純粋なプレーを要求する。残念ながら、柏には大木監督に嫌われそうな選手が何人か見受けられた。

後半早々、柏DFの永田が2枚目の黄紙で退場になる。数的有利な状況に少し気を緩めたのか、柏に反撃を許して1点を返される。2-0というスコアの難しさは、痛いほど分かっているハズだ。しかし、そのリスタートからノーホイッスルでバレーがハットトリックとなる3点目を決める。勝利をぐっと手繰り寄せるゴール。J1への扉が開き始めた。

昇格を決めたスコア攻撃の手を緩めない甲府。23分にまたしてもバレーがゴールを決める。4点目。J1への扉が大きく開かれた。そして、その僅か1分後にバレーが5点目を決める。後は、タイムアップを待つだけだ。

いつの間にか照明塔に灯りがともされていた。日立台に『輝く夜空』の歌声が響く。

この歌は、やはり、勝利の歌なのだ。ただ、今季の甲府を象徴するかのように、攻めるしかない柏に2点目を許す。しかし、その1分後にバレーがダブルハットトリックとなる6点目を奪う。取られたら、取り返す。最後の最後まで、甲府は甲府のスタイルを貫いた。

・・・ ・・・

試合終了の笛が鳴る。
勝利、そしてJ1昇格。
夢がかたちになった瞬間である。

ゴール裏に駆け寄る選手たちにも大きな笑顔が見える。克哉と阿部は泣いている。手を繋ぐ選手たちはまるで兄弟のようだ。くたびれちゃってボーっとするなか、そんな姿を見ていると胸が詰まってきた。帰宅後に見たテレビ録画のバレーの涙にまた涙。サポーターとしての喜びに浸りながら、まだ、心を揺らしている。
コメント
この記事へのコメント
みなさん、本当に「夢はかたちに」なりましたね・・・

緑が丘や韮崎の芝生で応援していたのが昨日のことのようです。

なつかしい場面が思い出されます。
・阿井、吉田のツートップ
・GK吾妻のバックパス、スルー・・・
・新明の試合以外でのパフォーマンス
・忘れては行けないのは、GK「武さん」
・竜王町役場の「大助さん」のオーバーラップ

数え上げたらきりがないですね・・・

この歴史の上に立って、来年もがんばってほしいと思います。
2005/12/11(日) 19:53:27 | URL | 信玄餅 [ 編集]
やっぱり素晴らしい。
日立台で泣き、読んでまた泣きました。
来年もうれし泣きが出来ることを祈りつつ。
2005/12/11(日) 19:53:50 | URL | ワシワシ [ 編集]
本当にご苦労様でした!
昨日の試合終了後には泣かなかったのに、
今日の再放送でのバレーの涙顔を見て、
やっぱり涙が流れて仕方ありませんでした。

素晴らしい瞬間を一緒に共有出来たことが何よりでした。
不思議なえにしに誘われて、今季を過ごせたことが嬉しくてなりません。

来年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
2005/12/11(日) 20:40:28 | URL | TKラプソディ [ 編集]
追伸
山日の今朝の朝刊に載った関連記事をアップして頂けるととても嬉しいのですが・・・・。

号外も出たらしいのですが、それも何とかなりませんか?

2005/12/11(日) 21:34:21 | URL | TKラプソディ [ 編集]
歴史は続く
>信玄餅さん

緑ヶ丘でまったり観戦していた頃を思い出すと、
ここまで来れた事が信じられません。
まだまだ続く甲府の歴史をしっかり見届けましょう。
2005/12/12(月) 02:16:46 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
涙が枯れない
>ワシワシさん

今季は応援も一歩前進出来たシーズンだと思います。
ガナの存在は大きかったですね。
お疲れ様でした。

来年も頑張りましょう。
一兵卒として、僕も声を張り上げます。
2005/12/12(月) 02:24:12 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
有難うございました
>TKさん

思いがけない出会いでご一緒させて頂き、感謝しています。
サッカーは素晴らしい。
楽しいシーズンを過ごせましたし、有終の美を飾る事が出来ました。

まだ、夢心地です。
こちらこそ、来年もよろしくお願いします。
2005/12/12(月) 02:28:43 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
柏では絶叫してましたが、
Jスポの再放送見て、バレー…お前スゴイ…(涙)でした。
目立たないけど青葉もほめてあげたい。
入れ替え戦前の戦力外通告。でも第1戦の
間接FKに誰より先に飛び込んだファイト
を忘れるな。胴上げされる背番号5を見て
感動でした。
2005/12/12(月) 03:03:35 | URL | take [ 編集]
その通りです
>takeさん

第1戦の青葉のブロックはとても素晴らしいものです。
バレーの6得点に匹敵するものです。

チームメイトも分かっていたのでしょう。
胴上げがそれを物語っています。
忘れられない選手になりました。
2005/12/12(月) 12:41:49 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
職場の関係で土曜日のアウェーって行くことが難しいのですが、今回だけは同僚に無理をお願いして、午前中にある程度仕事を片付けました。このため朝早い応援バスやGanadorツアーに
2005/12/11(日) 19:54:48 | っていうかワシワシです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。