コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
サポ的目標設定(続編)
2006年Jリーグの日程が発表された。[J's GOAL]
甲府のJ1初戦は、3月5日(日)小瀬(13:00キックオフ)。清水エスパルスをホームに迎え、いよいよJ1での戦いの火蓋が切って落される。

3月開催はリーグ戦5試合(ホーム3、アウエー2)、ナビスコ1試合(アウエー)の計6試合。4月開催はリーグ戦5試合(ホーム2、アウエー3)、ナビスコ2試合(ホーム2)の計7試合。5月開催はリーグ戦2試合(ホーム1、アウエー1)、ナビスコ3試合(ホーム1、アウエー2)の計5試合。W杯での中断まで、リーグ戦12試合、ナビスコカップ予選6試合が一気に開催される。ナビスコは予選を突破すれば、6月上旬に準々決勝の2試合が予定されているので、約3ヶ月間で最多の場合は20試合をこなす日程となる。

ナビスコ予選が前倒しになった分、ちょっとタイトな日程になり、3月開催の試合が増えた。特に、年度末は何かと用事が多いのだが、J1元年のスタートを切るチームをサポートするためにも、スタジアムへ足を運ばなければと思っている。また、山梨放送やNHK甲府の地上波やNHK・BSなど、一般視聴が可能なテレビ放送の数も一気に増加した。この辺りもまさにJ1効果だが、世間への露出が増えるこの機会に、「エンタメサッカー」を大いに発揮してVF甲府の魅力をどんどんアピールして欲しい。

で、前回の「サポ的目標設定」の話の続き。

前の記事で2000年から2005年までに昇格したチームの戦績をみてみた。その中から、昇格チームの勝利数に着目してみる。2004年以前は年間30試合なので、勝率で換算して現行の34試合における勝利数を算出した。

2005年  川崎  15.0勝
     大宮  12.0勝
2004年  新潟  11.3勝
     広島   6.8勝
2003年  C大阪 13.6勝
     大分   5.7勝
2002年  京都  19.3勝
     仙台  12.5勝
2001年  浦和  12.5勝
     札幌  11.3勝
2000年  東京  17.0勝
     川崎   7.9勝


平均勝利数は11.2勝となるが、唐突だが、甲府は13勝(以上)しよう。
強引な展開だが、「13勝」には訳がある。

J通算成績13勝目がちょうど甲府のJリーグ通算100勝(リーグ戦)達成の試合になる。
J参入8年目、決して順風満帆に勝利数を積み重ねて来た訳ではないけれど、それ故、尊い100勝目の試合をJ1元年の舞台で実現できたらいいなぁ、と思っている。

区切りとなる記念ゲーム、紙吹雪なんぞを舞わせながら皆で盛大に祝うのも悪くないと思うのだが・・・ うまいことホームゲームなら丁度良いし、アウエーで達成したなら次のホームゲームの開始前にセレモニーという手もあるし、などと妄想を掻き立てている。

J1リーグ大会概要妄想はさて置き、この「13勝」は、最低条件である「J1残留」から「台風の目」となって旋風を巻き起こすまで、多くの可能性を秘めた数字とも言える。例えば、13勝21敗(あまり有り得る数字じゃないけど)なら勝点39で残留争いに巻き込まれるし、13勝11分10敗(なかなか厳しい数字だって事は分かっているけど)なら勝点50となり、昨季の広島(7位)の位置になる。賞金ゲットの順位となり、「台風の目」としてリーグ戦を面白くするのは間違いなさそうだ。

この含蓄ある「13勝」は、絶対不可能な数字じゃないと思っている。と言うより、今の甲府が持っている力を十分発揮すれば「実現可能」な、ターゲットと成り得る数字だと思うのだが。

「リーグ戦通算100勝の達成」

今季の個人的な願望、目標は勝手ながらこれに決めた。
ハードル、高い?
コメント
この記事へのコメント
イイ線では!
去年の残留争いの真っ最中には勝点38くらいでセーフと言われていました。
結局、柏が勝点35で落ち、清水や名古屋が39で残りました。

でも、13勝の勝点39では残留争いに巻き込まれます。
但し、それにどれだけ負けずに引き分けで凌げるかが大事になってきます。
10試合ほど勝点1を上積み出来ると安泰なのですが。

出来ればシーズン当初から1桁台の順位で推移すると重圧を感じずに済みます。
2006/01/28(土) 13:45:03 | URL | TKラプソディ [ 編集]
きりの良い数字
J通算100勝と観客動員数10,000人。
きりの良い数字が今季の目標です。

>シーズン当初から1桁台の順位

継続性が保たれたチーム造りは、昨季より出来ているはず。
開幕に標準を合わせ、しっかりしたスタートダッシュを見せてくれるでしょう。

今日、長坂(韮崎より北方)での練習試合には700~800人集まった、なんて話しが流れています。
事実だとすれば、予想を超える事になるかも知れないですね。
嬉しい方に外れるなら、OKです!
2006/01/28(土) 19:19:49 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
トラックバックさせていただきました。
通算100勝っていうのはいいですね。
おそらく13勝すれば残留大丈夫でしょうし。
2006/01/28(土) 21:28:04 | URL | ワシワシ [ 編集]
欲を言えば
>ワシワシさん

まず残留ありきなんですが、出来れば賞金獲得圏内まで進出して、「甲府旋風」を期待したいところです。

でも、やはり無欲が一番大事かなぁ~。
2006/01/28(土) 21:53:17 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
先日のJ's goalの海野社長のインタビューを読むと、昨シーズン開幕前に大木監督は「J1昇格」を目標にしていたようです。しかし、クラブとしては「まだ早い」との判断からJ1昇格
2006/01/28(土) 21:26:29 | っていうかワシワシです
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。