コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
宮崎キャンプTMvs札幌
2月9日(木)、宮崎キャンプ2戦目のTM(練習試合)がJ2札幌と行われた。今回はサンニチに出場メンバーが載らず、様子が分からないでいたところ、例の「パワスポ」に出場メンバーを含むゲームレポートがアップされていた。ゲームに対する監督のコメントも掲載されていて、とても有り難い情報になっている。一部不明な点もあるが、ゲーム内容は以下の通り。フォーメーションは各所の情報を総合して想定したものなので、誤りがあるかもしれない。(2/12、一部訂正)

出場メンバー1本目、甲府は無得点。札幌の得点は、砂川の右サイドからのミドルと左サイドからのアーリークロスを中山にヘッドで合わされた2点。

「パワスポ」の甲府メンバーによると、FWに「前田」さんが名を連ねているけど誰だろう?札幌サポのブログでは須藤が出場との情報があるが、甲府オフィシャルHPのキャンプレポでは、当日、須藤は体調不良により休みのようである。
「前田」さんの正体は?

出場メンバー2本目、甲府の得点は堀井。太郎が左サイドをドリブルで持ち込みクロス。そのクロスをボレーで決めたようだ。(「パワスポ」の得点者は誤りと思われる。)

ん? 「パワスポ」レポの写真(最上段の左)、堀井と競りながらジャンプしている札幌の関選手の背後に甲府ユニの9番が見えるのだが・・・ 堀井と関が共に出場しているのは1本目と2本目だけなので、この9番が「前田」さんであることに間違いはなさそうだが。ますます、「前田」さんの正体の謎は深まるばかりだぁ。

出場メンバー3本目、甲府は左サイドからのクロスを大西がヘディングでシュートを決めた。

1本目と2本目の札幌は、ほぼ主力メンバーだった模様。砂川、水戸から移籍した関など、中盤が上手く機能。中盤が控え組になった3本目は、札幌が5バック状態になるほどに甲府が一方的に押しまくったようだが、得点は1点に留まった。

今回のTMでも、DF陣のいろいろな組合せを試しているようだ。このゲームでは、林をDFで起用している。<2/12訂正>

出場メンバー4本目、試合終了間際にゴール正面から保坂がシュートを決めた。3本目の大西同様、今季に成長して欲しい若手選手からゴールが生まれた事は喜ばしい。

太郎はコンディション的に調子が上がっていないバレーに代わり、自ら志願して4本目に出場。ゴールこそ奪えなかったが、ドリブル突破や精度の高いクロスなどでチャンスメイクしたようで、順調な調整をアピール。DF陣は2本目以降、札幌の攻撃を零封した。

札幌は宮崎入りしてからの練習試合で、福岡に2-1、川崎に2-1、横浜FMに1-1と好調を維持している。TMなので勝ち負けにこだわる必要はないが、そのチーム相手に「収穫あるゲーム」が出来たようだ。「・・・うち(甲府)は18位ですから」、大木監督のこの言葉は、逆にチームの仕上り具合に手応えを感じさせる。
コメント
この記事へのコメント
いじりまくり!?
去年までの情報がないので比較は出来ませんが、
大木監督はメンバーをいじりまくっております。
開幕1ヶ月前ならOKなのではないだろうか。
26日の味スタで今年のレギュラー陣がお披露目される。

さて、いよいよ明日からJ1との練習試合も始まる。
アピールには継続が大切だが、選手達には怪我をせぬよう頑張って欲しい。
2006/02/12(日) 07:47:34 | URL | TKラプソディ [ 編集]
ちょっと訂正!
今朝のサンニチによると、
林はボランチの位置でしか出場していないようです。
DFラインの並びも「パワスポ」の順番と違ってそうなので訂正。

須藤は昨日の日本高校選抜戦がTM初出場だったそうなので、
札幌戦には、やはりいなかったようです。
2006/02/12(日) 11:30:15 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。