コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
宮崎キャンプTMvs広島
宮崎キャンプTM 2/15(水) 広島 2-2 甲府 (1試合目) シーガイア
広島 (4)ウェズレイ(69)森崎(浩) 甲府 (64)太郎(76)バレー

宮崎キャンプ入り後、J1勢との2戦目の対戦となる練習試合が広島と行われた。広島のトップチームと1試合、サテライトチームと1試合、それぞれ45分ハーフで通常の試合形式で行われた。雨が降る、あいにくの天気となったようだ。両チームの1試合目のフォーメーションは以下の通り。両チームの公式HP、サンニチ紙面などの情報をまとめた。間違ってたら、ゴメンナサイ。

出場メンバー出場メンバー

1試合目、広島は開幕スタメンを想定したメンバー、甲府はG大阪戦同様に現時点で調子の良い選手の先発となった模様。奈須と池端に代わって林と秋本が先発、草津戦で足を痛めて調整中だった宇留野が途中出場ながら久し振りの登場となった。一方、広島は米国戦から帰国した日本代表FW佐藤(寿)が疲労と時差ぼけが心配されるなか出場、米国戦では出番のなかったDF駒野や代替招集されたGK下田も揃って出場した。

試合は開始直後、深い位置からの左クロスをファーサイドのウェズレイにヘッドで合わされて失点。0-1で折り返した後半19分、バレーのポストプレーから太郎が同点ゴールを決める。その5分後、CKから阿部がパンチングしたこぼれ球を森崎(浩)にミドルシュートで決められて勝ち越しを許す。しかし後半31分、宇留野の絶妙な右クロスをバレーが右足でボレー。再び同点ゴールを奪うものの、その後は追加点を奪えず2-2のまま試合終了となったようだ。

広島が先行しては甲府が追い付くという試合展開で、共にプレスや攻守の切り替えが効いた好ゲームだったようだ。太郎、バレーが揃って得点を決めるなど攻撃は順調な仕上がりを見せている。素早いパス回しから、良いリズムの攻撃がこの試合でも見られたようだ。一方、守備に関しては、試合開始直後とミドルシュートからの失点と相変わらずの結果となった。佐藤(寿)の飛び出しなどから作られた好機に対して、守れた場面もあったようだが、2試合連続となった「立ち上がりに外国人FWにやられる」といった悪癖は直ちに修正が必要だ。

出場メンバー広島のサテライトチームとの対戦となった2試合目は、甲府公式HPでは保坂の得点による1点のみで1-1の引き分けになっているが、広島公式HPでは1-2で甲府の勝利となっている。「『勝たないといけない試合』(浩司選手)を引き分けてしまった悔しさが残りました」(広島公式HP;キャンプレポ)とまであるのだが、どっちがホント?

非公式情報ながら、2試合目の甲府の先発メンバーは左のような布陣だった模様。(宇留野と大西の位置は逆かも知れない) 前半40分に右クロスから保坂、後半23分に再び右クロスから須藤(途中出場か?)がゴールを決めた、との情報もあるのだが。もし本当なら、その右クロスの出所がとても気になるところだが、真相は如何。

「パワスポ」のTMレポートはこちら
コメント
この記事へのコメント
J-NETも可愛がってね!
ここを読む前にJ-NETに書き込んでしまった。
どうやら情報不足に対する不満が大分溜まっているようです。

たまにはJ-NETへも思いやりを・・・。
あそこを支えるのも結構苦労しています。
2006/02/16(木) 21:20:50 | URL | TKラプソディ [ 編集]
そう言えば
この頃、ご無沙汰しちゃってました。
ほとんどTKさんにお任せですもんね。

あと60で1,000レスになります。
忘れずに書き込むようにします。

2006/02/16(木) 22:13:00 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。