コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
スタートライン
いよいよ明日、J1元年の開幕戦を迎える。

J1昇格劇をビデオなどで反芻する至福のシーズンオフを過ごしながら、トレーニングマッチなどの様子に今季のチームへの期待と不安を交錯させる。開幕戦では小倉の引退セレモニーが行われる事が決まり、気を揉んでいた水さんや横山の移籍先も先日やっと発表されて安堵した。そうこうして待ちに待った開幕戦だが、忙殺の日々も手伝って、やって来ればあっという間である。

今日、1試合だけ先行して開幕したJ1はG大阪と浦和が引き分けに終わり、すべての開幕戦が行われたJ2は、初参戦の愛媛が横浜FCを破ってホームで嬉しい勝利を飾った。一方、J2降格組の神戸は草津に敗れ、湘南と対戦した柏も試合終了間際に追いつかれて引き分けに終わるなど、早くも厳しい戦いが繰り広げられたようだ。

明日はどんな試合になるか。藤田と須藤(しっかり直して戻って来てくれ)が不在になるが、林、ビジュ、宇留野らの新戦力に期待したい。逆に、清水の新戦力であるMF藤本には注意したい。プレシーズンマッチの磐田戦をテレビで見たが、精度の高いクロスを供給し、大きなサイドチェンジも正確に出来る技術を持っていた。ルーキーながら攻撃の起点となっていただけに、ここはしっかり抑えたい。

レプリカとイヤーブックを購入。準備OKだが、「はくばく」のロゴが優しくて、「ちょっとユニには似合わないわ」とカミさん。もっと武田菱の部分が多い方がイイな、とオイラは思う。ところで、甲府の開幕戦が近づくにつれて、メディアで取り上げられる機会が昇格を決めた直後と同じように多くなってきた。特に、YBSラジオを聴いていると頻繁に「ヴァンフォーレ」の名が聞こえてくる。定期的な開幕戦の告知だけでなく、フォーメーションやサッカー用語の解説、さらに相手チームの分析など、少し専門的な放送がスポットで流れてきて、ちょっと驚いた。

そんなメディアの力も一助になったのか、開幕戦の前売りチケットが全席完売された。既に昨季を上回り、8,000を超えたとされるクラブサポーター会員等の販売が一時停止となるほどの盛況さだ。おまけに、席取り合戦のシート貼りにクラブから注意が促されたりと、やや過熱気味とも言える事態まで発生している。「恐るべし、J1効果」と言ったところだが、どうかこの盛り上がりが一過性のもので終わらないで欲しいと強く思う。

- 僕らは舞台を選ばない -

これは、今年の「ヴァンフォーレ甲府公式イヤーブック2006」の巻末に載っている言葉だ。ひたむきに全力でプレイする甲府スタイルは、J1という新たなステージでも変わらない。同時にこの言葉は、恵まれない環境のなかで力を積み上げてきた選手の、そしてクラブの自負の表れと解釈している。そんなチームだからこそ、劣勢を覆し、取られたら取り返そうと果敢に戦う姿がある限り、僕は甲府を応援し続ける。 この機会にチームのそんな姿に共感してくれる人が増えてくれる事こそ、本当のJ1効果だと思う。「熱しやすく冷めやすい」では、あまりにも能がない。

開幕前夜、そんな事に思いを馳せるが、明日はチーム共々、号砲を待つスタートラインに立つ。
コメント
この記事へのコメント
応援、頼んだよ~!
久し振りの更新、お待ちしておりました。

さて、今日は小瀬まで行けません、土曜日のフクアリまでお預けです。
どうか満員の小瀬でのサポート、よろしくお願いします。

試合後のレポートも期待しています。
試合内容と共にスタジアムの状況もたっぷりとお願いしますヨ。

それはそうと、新ユニをもうゲットされたのですね。
2006/03/05(日) 09:12:42 | URL | TKラプソディ [ 編集]
勝利ならず
新調したレプリカを着ての参戦でしたが、久々の敗戦でした。
手応えはありましたが、サッカーに判定勝ちはありません。

スタジアムはいい雰囲気でした。
でも、残念ながら応援は数では負けていました。
刺激を受けて応援増えればいいんだけどなぁ~。
2006/03/06(月) 01:20:13 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。