コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
記憶に残るゴール
第3節 3/18(土) 甲府 1-0 川崎 小瀬:9,082人 曇 14.7℃ 39%
甲(85)バレー

今朝は清々しい良い天気だった。午前中は暖かさを感じさせる好天だったので穏やかなサッカー日和を期待したが、午後からは雲が広がり始めて時折寒風が吹き抜ける怪しい天気に変わってしまった。

完成したバックスタンド川崎サポが並ぶアウエー側サイドスタンドの際を通り抜け、ホームゴール裏を目指す。メインスタンド側には入場を待つ長い人の列が出来上がっていた。ゴール裏に到着してバックスタンドを見ると、昨年の3月から始まった一連の改修工事が全て完了して、新装となったバックスタンド上部にも観客が陣取っていた。

応援パフォーマンスと川崎サポアウエーゴール裏には、開幕戦の清水サポほどではないが、大勢の川崎サポが駆けつけていた。久し振りに見るフロンターレカラーのユニ。懐かしい、歯切れのいいチャントが響いた。川崎サポにとっても久し振りの小瀬。いろいろ新装となった小瀬は、どうな風に映っただろうか。'04シーズンは勝てなかった。でも、今日は負けられない。

出場メンバー出場メンバー

試合開始早々は川崎に押し込まれるものの、徐々に甲府ペースになる。前半10分、太郎のシュートはゴールマウス左に外れる。その1分後、川崎の反撃はマルクスのヘッド。ここは阿部が好セーブで事無きを得る。17分には右サイドからの攻撃で太郎が再びシュートを放つが僅かに枠の上。時にはバレーがサイドに開いたりと、川崎3バックの両サイドのスペースを突く攻撃を繰り返す。

一方、心配された守備は落ち着いていた。特に、ビジュに代わって先発した秋本が効いていた。ハイボールに競り勝ち、マークをずらす事無く相手を自由にさせない。昨季終盤での経験が早速開花したかのような応対を見せた。

それでも、川崎の攻撃を受ける。31分、右サイドからグラウンダーのクロスを入れられてヒヤッとするが、マルクスのミスに助けられる。42分にはFKからマルコンに直接ミドルシュートを打たれるが、ここも阿部が好セーブを見せる。結局、両チーム共にゴールを割る事が出来ずに前半が終了する。シュート数は甲府7、川崎6。互角の展開だが、甲府は無失点で折り返す事が出来たのが大きい。

後半は立ち上がりから川崎ペースとなる。甲府のDFラインが押し込まれたのか、前線と間延びしてボールが上手く繋がらない。中盤でボールを失う場面が見受けられたなか、今節も早目の選手交代で堀井が投入される。後半12分、警告を受けてしまったが、その堀井の激しい闘志剥き出しのプレイが甲府の選手、サポに火を着けた。ピッチに「甲府の気迫」が見え始めた。

甲府が勢いを盛り返すなか、後半32分、マルコンが2枚目の黄紙で退場となる。数的に有利な状況となったものの膠着した状態が続くが、遂に値千金のゴールが生まれる。40分、PA外ながら前を向けたバレーが思い切り良く右足を振り抜くと、ボールはゴールネットを勢い良く揺らした。

「(決勝ゴールは)少し遠かったけれど(自分の)気持ちの中で誰かが『打て』と言った。・・・」(バレーのコメント―J's GOAL―)

「・・・誰かが・・・」は何だったのか。それは選手、サポの「甲府の気迫」であった気がする。待望のJ1初勝利を手繰り寄せる記憶に残るゴールとなった。ロスタイム、川崎の反撃を凌いで小瀬は歓喜の時を迎えた。リードを奪ってからの小瀬の雰囲気は、入替戦とは言わないまでも結構な盛り上がりを見せた。一万人を越えなかったのは残念だが、戦績、観客数など「今後を占う重要な試合」のクロージングは成功した。



―――――――――――――――――――――――――――――――
先程スーパーサッカーで、バレーのシュートを「事故」のようなものと加藤とかいうタレントが言っていたが・・・ んー、不愉快な発言だ。
コメント
この記事へのコメント
こんにちは、アビサポのものです。
ホントすごい得点シーンでしたね。
まずはJ1初勝利おめでとうございます。

スーパーサカーのお笑いタレントの事はほっといていいっすよ!甲府の実力、本当の強さはJ2で戦った自分達が解ってますからね。
他のJ1チームが、なめて来たら痛い目あわせてくださいよ。
うちは3戦全て引き分けですけど、負けませんよ!
でも、今日は本当におめでとうございます。
2006/03/19(日) 06:35:58 | URL | la [ 編集]
敵にとっては事故!?
きっと、そのタレントはフロンタ贔屓なのでしょう。
但し、失点を事故として解決しては成長はないので結構ではないですか?

甲府にとっては本当に見事なシュートでした。
あれが決められると、今後のプレーに幅を広げることが出来そうです。

気落ちしならが味スタから急いで帰宅して、
後半30分からBS1で勝利を確認出来ました。

勝つにはこのパターンしか有り得ない。
秋本の活躍&大木采配も見事でした、脱帽!
2006/03/19(日) 07:12:39 | URL | TKラプソディ [ 編集]
ありがとう
>laさん

アビサポさん、コメントありがとう。
J2で戦ってきた「友達」は優しいなぁ~。
嬉しいですヨ。

福岡も粘り強く戦っていますね。
まだまだ、本当の戦いはこれからです。
お互いに頑張りましょう。
こちらも、負けませんよ!
2006/03/19(日) 11:55:49 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
報告遅くなりました
>TKさん

川崎相手に1-0の勝利。
とても想定出来る結果ではありませんでした。
サッカーでは、まったく何が起こるか分らないと改めて思っています。
頑張って結果を積み上げていく事で、「不要な先入観」(「事故」発言の要因だと思っています)を払拭していきたいところです。

ところで、例の売店の件の報告です。
ジャガバタはOKですが、焼き鳥がちょっと難しい事になっています。
ゴール裏スタンドから今までの場所に降りられない状態で、
通路の端部にカウンターを出して一部の売店が販売をしています。
その売店で販売しているものは買えるのですが、
少し離れた場所にある焼き鳥は直接買えない状況です。
すぐ目の前に見える状態なのですが・・・

ところが、確かに焼き鳥を持って帰ってくる人達がゴール裏にもいる。
良く観ると、他の人(店の売り子?orバック側からのお客さん)に声を掛けて買ってきて貰っているようでした。

厄介なことになっちゃてます。
2006/03/19(日) 12:12:54 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
困ったなあ!
やっぱりそうでしたか、楽しみが確実に減りそうで辛い。

ところで、ゴール裏の売店には何があるのかご存知ですか?
25日のスタジアム入り前にどうすべきかを考えたいもので・・・
2006/03/19(日) 21:14:08 | URL | TKラプソディ [ 編集]
ゴール裏売店
オフィシャルのグッズショップが一店、ファミマの出店が一店です。

ファミマの方はお弁当や飲み物を売っていました。
お弁当以外にも食べ物が置いてあったような気もしますが、
一瞥しただけなので、詳細を伝えられなくてすみません。
2006/03/20(月) 00:14:04 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
頑張って下さい!
アウェイの鹿島、楽しみですね!
現在の鹿島なら何とかなりそうだ、と思っています。

クラブのツアー・バスでの参戦ですか?
最近の鹿島では専らスタジアム外の屋台で牛串ともつ煮を楽しんでいます。
西京極の牛串よりよっぽど旨いですよ!

いえ、僕は飲み意地と食い意地が張り過ぎていて恥かしい・・・
2006/03/20(月) 20:49:00 | URL | TKラプソディ [ 編集]
勢いをぶつけたい!
明日は応援バスで鹿島に行って来ます。
本当に楽しみです!

西京極の牛串にはコリゴリです。
是非、屋台の牛串ともつ煮、ついでに鹿島を食っちゃいたいと思っています。

冗談抜きに、明日はガツッと白星をゲットしたいですね。
チャンスは必ずある。
応援、頑張ります!
2006/03/20(月) 21:13:05 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。