コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
中田の真意
予選リーグが終了して決勝トーナメントに進む16チームが出揃ったW杯。決勝トーナメント第1戦では、ドイツが危なげなく勝利をおさめた。今朝のアルゼンチン対メキシコ戦では、延長戦の末、アルゼンチンが勝ち進んだ。戦前、アルゼンチンの楽勝を予想していたが、メキシコのしっかりした技術と戦術に苦戦を強いられていた。

そんなアルゼンチンの選手だが、自分たちの思い描く攻撃でゴールに迫った時などは嬉々とした表情をみせた。まるで、空き地や道端でボールを蹴って遊んでいた子供の頃のような表情だ。もちろん、想像だけど。ただ、ファンタスティックなプレイのルーツを垣間見た気がした。その本能的ともいえる動きは、「教え事」で身に付けるには限界があるのだろうか。

そんな彼等はヨーロッパのビッグクラブに所属してビッグマネーを手にしている。優れた才能に安閑とせず、厳しい競争を勝ち抜いて今のポジションを掴んでいる。努力を積み重ねた結果として、出発点となった環境とは対極のなかに身を置いている。強いメンタリティがなければ叶わない事だろう。それは、プライドと言ってもいい。

そんな相手を敵にして戦う場合、中田は世界の有名プレイヤーたちのそうした一面を見ているからこそ、自身に対して、そして他の選手に対しても「もっとやらなきゃ!」という思いが強いのだと思う。世界はもっと懸命にやっていると。それなのに、「戦えなかった」日本の選手たち。監督の采配、選手起用、コンディション調整などに問題は大いにあったが、ピッチの上で選手の必死さを感じることは少なかった。勝ち進む強豪国のプレイを見ているが、優雅に見えるプレイも基本に忠実であったり、泥臭い無駄走りなどの必死なプレイに支えられている。

試合終了後、ピッチに仰向けになった中田。涙の真意は分からない。試合の疲労も大きかったが、恐らく、必死さに欠けたチームが歯痒く、自分の思いが他の選手に伝わらなかった悔しさが溢れたのではないだろうか。このW杯への思い入れが強かっただけにギャップは大きく、孤立を際立たせるシーンになってしまった。中田以外、ピッチにぶっ倒れて動けなくなる選手の少なさにもがっかりしたが、何より、中田の思いがチームとして昇華出来なかったことが残念だ。

最近の日本の風潮では、懸命さや必死さといった事が軽んじられている気がする。サッカーはその国の文化や民度をも映し出すスポーツだ。お祭り気分で騒いだと思ったら、さっさと次期監督の話題で盛り上がるマスゴミを見ていると、そう簡単に骨太なサッカー強国になれそうにないと思えてしまう。もちろん、オシムには大いに期待してるけど・・・
コメント
この記事へのコメント
はじめまして!
はじめまして!ponといいます。
今回の代表は中田が孤立してしまった印象とふがいなさだけが残った最後になってしまいましたね。監督・技術・身体能力・戦術うんねんの前の問題が浮き彫りになったのはこの4年間が無意味に思えてむなしくなりました。これからの世代には今回のことを教訓にしてほしいです。僕もオシム監督には期待してます。彼は最も基本的な部分を大事にする監督だと思うので(^^)

あとご連絡なんですが、僕は最近Jリーグのリンク集を立ち上げたんですが勝手ながら貴サイトを掲載させて頂きました。ご迷惑であればご連絡ください。すぐにサイトより消去します。

貴サイト掲載ページURL: http://jsoccer.ypnh.net/koufu.html

もしご迷惑でなければ相互リンクして頂けないでしょうか?また、リンクして頂ける場合は申し訳ありませんが幣サイトトップページをお願いしますm(__)m 下にサイト名等書いております。
突然の不躾なお願いですが、よろしくお願いしますm(__)m

HN:pon
mail:pdjpd782▲yahoo.co.jp ▲を@に変えてください
サイト名:Jリーグ(J1&J2) サッカーリンク集
トップページURL:http://jsoccer.ypnh.net/
2006/07/01(土) 21:11:22 | URL | pon [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。