コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
届かなかったキラーパス
ブラジル戦に負けて日本のW杯が終わってから、何か釈然としない思いがずっと心の中にある。僅かな望みを掛けて挑んだブラジル戦での惨敗、そして予選リーグ敗退という結果。その事自体、もちろん大いに不満である。しかし、監督がジーコである限り、この結果は十分に想定の範囲内。敗退後、各メディアが取り上げる敗因のひとつひとつを見ても目新しいものは何もない。それらはジーコが代表監督に就任して以来、サッカーファン等によって繰り返し指摘されてきたものばかりである。予測していた心配事が現実になっただけだ。だから、「やっぱりダメだったか」という失望感はあっても、それはさほど尾を引かないと思っていた。それなのに、何日経っても釈然としない思いが消え去らない。

「選手の自主性」という名のもとに、明確な組織戦術を練り上げられなかったジーコジャパン。それでもアジア予選を勝ち抜けたし、束縛の多かったトルシエジャパンでは見られなかった奔放なサッカーが見られるものと、ないものねだりとは思いつつも期待した。世界の厚い壁に跳ね返されても、日本サッカーの進化の一端でいいから世界に見せ付けることは可能だろうと。少しくらい指揮官がアレでも、選手には力がある。「親は無くとも子は育つ」の例えではないけれど、逆に選手がまとまりを見せてくれるだろうと・・・ ・・・

しかし、そんな淡い期待は裏切られてしまった。結束を失い、もしかしたら戦う前に既に崩壊していたかもしれないチームであることが、ブラジル戦後の中田の孤立した姿によって浮き彫りにされた。まったく思いも寄らないことで、ジーコの采配云々よりもショックなことだった。ピッチに倒れた中田らしくない中田の姿が痛々しかった。さらに、追い討ちを掛けるような出来事が続く。ブラジル戦後、中田のピッチでの行為に対しての批判をテレビやネットで見聞きした。わざとらしい計算ずくめの行為、自尊心を守るための独り善がりの行為、売名行為。プロとしての姿ではないと言い切る人もいた。中田という選手が誰よりピッチで倒れることを嫌い、まして自身がピッチの上で涙を見せることなど許せない選手と知っての発言かどうかは分からないが。

チームメイトに思いが伝わらなかったのは何故か。中田の感情の発露のままの行為が穿った見方をされるのは何故か。親戚でも何でもないが、中田を不憫に思うと同時にいくつもの「何故」に思いを巡らせた。これが釈然としない日々の原因である。そして、何かしらの答えを探し出している最中、突然に「中田現役引退」のニュースが飛び込んで来た。

しばらく唖然としながらも、やはり、あの特異な光景には意味があったことを理解した。既に、引退を惜しむ様々なコメントや中田の足跡がプロ入り後の活躍を中心に各種メディアから伝えられている。ここでは、自らのホームページで発表した引退メッセージの冒頭にある「旅の始まり」から6年後の中学2年生の時のエピソードを紹介したい。以前、「ゆかいな仲間たち☆彡」、とと1mm1cmさんの記事でも紹介されている書籍からの引用である。

―――――――――――――――――――――――――――――――
 ヒデが二年生になったばかりの頃だったと思います。あるとき試合に負けて、怒りに燃えた私は例によって、「罰だ。50本ダッシュしろ」と命じました。子どもたちは不承不承ながら当然のことのように「罰」を受けたのですが、ヒデだけはベンチの脇に立って走ろうとしないのです。怪訝に思った私は、
「どうした。なぜ走らんのだ!」
と語気を荒げたのです。ヒデの答えはこうでした。
「走る理由が分からない。俺たちだけが、走らなければならないのは納得できない。皆川さんも一緒に走ってくれ。だったら俺も走る」
 私には返す言葉がありませんでした。頭の中が真っ白になりました。彼の言葉は、私の急所をもろに突き刺すものでした。試合に負けたのは選手だけの責任ではなく、指導者の責任でもあるわけです。ですから罰を選手に課す以上は、指導者も同じ罰を自らに与えなければいけないことになるのですね。
(中略)
 このとき彼は、明らかに私の命令に矛盾を感じたのです。他の子どもも同じことを感じたかもしれませんが、彼が他の子どもと違うのは、矛盾や納得できないことを、相手が誰であれ堂々と主張するところでした。
(中略)
 ヒデ少年は、ある意味では問題児だったと言えるかもしれません。中二の「事件」のとき、私が、ふざけたことを言うなと殴りつけていたら、果たして中田英寿という個性は、世界に羽ばたくことができたでしょうか。そう思うと、私は時々ぞっとすることがあるのです。

山梨のサッカー」 (山日ライブラリー) 
 第5章 世界へ広がる山梨のサッカー -中田英寿を育んだ土壌-
 著者:皆川新一氏 より引用
―――――――――――――――――――――――――――――――

著者の皆川さんは、ドイツ留学で指導法を学んだ後にフォルトゥナサッカークラブを設立した方であり、上のエピソードは甲府北中のサッカー部監督を務めていた時のものである。この著書の中で、日本の子どもたちが金太郎飴化していることや納得しないと行動を起こさないドイツの子どもたちと中田少年が類似していたことにも言及している。いずれにしても、幼き中田から繰り出された「キラーパス」は中田の個性を理解してくれた皆川さんの足元にきっちりと届いた。この出来事が中田にどのような影響を及ぼしたかは計り知れないが、ひとりの少年の可能性の芽を摘むことにならなかったことだけは確かである。

このエピソードから分かるように、メディアへの対応がプロ入り後の確執によって変化していったことを除けば、中田の性格は今も昔もあまり変わっていないことになる。成功を楯に威張っている訳ではないが、サッカーという仕事に妥協を許さず、戦い方にこだわりを持つことやピッチの内外で発せられた言葉が時には粗野なものとなって誤解を受けてしまったかもしれない。が、中田の言動を受け取る側にも、個性を発揮するものや突出する能力または成功に対する疎ましさ、羨望、嫌気とか、信義よりも排他的な雰囲気に流されやすい集団心理など、ちょっと枠からはみ出すものを容認出来ない陰湿な空気の作用を感じさせる。

残念だが、中田自身が最後と決めたこの大会で、チームメイトやW杯を見ていた一部の人たちに中田の想いを乗せた「キラーパス」は届かなかった。

「彼のような選手を手に入れるには長い時間がかかる」と次期監督のオシムは言う。強烈な個性を疎んじながら、都合の良い期待感だけは膨らませるような矛盾を内包したスットコドッコイな環境から、そう簡単にスターは生まれないだろう。中田のような選手を待ち望む事だけではなく、ピッチの内外で発した中田からの「キラーパス」をしっかり受け入れられる土壌を育てることも大事である。スターってやつは自らの輝きもあるんだろうけど、回りからの光を集めて輝く部分もあるんじゃないかと、消え行く星だけにスポットが当てられている状況を少し違和感を覚えつつ眺めている。

中田が小瀬のピッチを駆け回る姿を見たかったなぁ。
叶わぬ夢とは知りつつも、やっぱり残念。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。