コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
術中にはまる
第17節 8/12(土) 名古屋 5-1 甲府 瑞穂陸:12,454人 曇 27.1℃ 73%
名(11)玉田(33)杉本(61)ヨンセン(71)中村(89)津田 甲(56)太郎

応援バスツアー4台は午前11時に小瀬を出発。レミオロメンの「凱旋コンサート」の影響で中央高速の甲府南IC以降や市内が渋滞中とのことで急遽進路を変更。途中、雷鳴が響いたり雨に降られながらも午後5時前に瑞穂競技場に到着した。

競技場に向かう甲府サポ名古屋市瑞穂陸上競技場
ホーム側ゴール裏&バックスタンド
アウエーゴール裏に陣取った甲府サポはおよそ400人。立ち応援組、手拍子組、観戦組が混在して一巡目最後の試合を見つめた。

アウエーゴール裏の甲府サポ
出場メンバー出場メンバー

前半11分、甲府DFの裏を取った玉田が藤田俊哉からの絶妙なパスを受けて鶴田と一対一になる。飛び出す鶴田をループシュートでかわして名古屋がファーストシュートで先制。中盤でボールを奪われてカウンター攻撃から失点という、このところ気に掛かる甲府の失点パターンでゴールを奪われた。前半13分、やや遠目のFKから山本がゴール右上を狙うが惜しくもバー直撃。その後も押し込む場面が続くがゴールを奪えず。逆に33分、またしてもスピードに乗ったカウンターから杉本にゴールを決められた。

小瀬でのナビスコカップ予選でも、玉田と杉本のスピードには苦戦した。しかし、サブ組主体の甲府DF陣だったが、瀬戸際で守り切って玉田と杉本のツートップには得点を許さなかった。だが、この試合はヨンセンを中央に配したスリートップ。前線に1枚増えた事でマークが緩んだのかカバーが遅れたのか、いとも簡単にあっけなく失点を重ねてしまった。対甲府戦用としてとられた布陣に苦戦を強いられる。2失点後、甲府も攻勢を仕掛けるが決定力を欠いてゴールを奪えずに前半は終了。後半に逆転の望みを繋ぐ。

後半10分、太郎がPA内で楢崎と一対一。目の前での決定的なシーン。遂に決まったかと思いきや、ボールは無情にも枠の上。しかし、その1分後、杉山からの右クロスを受けた太郎がライナーでゴールに蹴り込んで、ようやく1点を返すことに成功した。スコアは1-2、次の1点がゲームの明暗を分けるのはこうした試合展開の常だが、またしてもカウンターでヨンセンにゴールを奪われる。結局、この得点が分岐となった。甲府はまるで糸が切れた凧のようにゲームのコントロールを失って、立て続けに追加点を奪われて惨敗した。

「甲府殺すにゃ刃物は要らぬ 林にプレス 裏を取れ」

既に周知の事実となっている甲府攻略法。中断明け後の大宮戦、広島戦での後半、そしてこの試合とまさにその通りの展開となった。中盤の中央で手数をかけてボールを回す攻撃に偏ったため、相手のプレスに掛かりやすかった。攻撃の起点が瞬時に相手の反撃の起点になった。シンプルに大きくサイドを使った名古屋の攻撃とは対照的だった。ボールを回せることは武器ではあるが、それ一辺倒だと「策士策に溺れる」で自滅する試合がこれからもありそうだ。是非、修正して欲しい。

5失点後、甲府クルヴァから応援の声が消えた。まるでリプレイのような失点シーンを5回も見せられては仕方ない。試合終了後、今季最大のブーイング。「甲府まで走って帰れ!」の声も聞こえた。バスで帰っていいから、この敗戦を糧にチームは奮起して欲しい。
コメント
この記事へのコメント
ショッキングな一日でした!
東京も甲府も4点差負けという信じられない結果でした。
どちらのチームにも何らかの問題点がある証拠だと思う。

精神状態のアンバランスや法事の代理出席なども入り、
急遽、来週末の予定をテレビ観戦に変更することに致しました。
26日の磐田戦が小瀬に行ける最短の可能性でしょうか?

どこかで「運気」の回復を祈願しなければならないようです。
2006/08/13(日) 22:00:13 | URL | TKラプソディ [ 編集]
いやはや
昨日のゲームの結果はとてもショッキングなものでした。
次の試合まで一週間空いていてラッキーでした。

週末の予定、了解しました。
丁度盆休みなので、少し涼しいところで精気を回復してきます。
2006/08/13(日) 23:36:03 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
9月の
大宮戦、一家で参戦決定しました。
またご教授お願いしますm(_ _)m
2006/08/16(水) 14:24:53 | URL | だんな [ 編集]
休暇、終わり
>だんな

県営の清里オートキャンプ場から帰ってきました。
久し振りのキャンプでした。
清泉寮周りをハイクしてきましたが、涼しくて気持ち良かったよ。

9月の大宮戦、了解しました。
メインスタンド、かな?
2006/08/17(木) 16:17:45 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。