コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
僕等は一人じゃない
スタートダッシュこそ失敗したが試行錯誤の上、やっと軌道修正が出来た甲府。第1クールの終盤で連勝することにより、上位争いが可能な位置につける事が出来た。上昇ムードにうまく乗り、自信を持って戦うことで結果を出し続けたいところだ。

ところで海の向こうでは、UEFAカップやチャンピオンズリーグ(CL)がいよいよ佳境を迎えている。
特にCLでは、リバプールFCが20年ぶりの決勝進出を決め、ホームスタジアムであるアンフィールドを埋め尽くしたサポーターと歓喜を共にしたようだ。
ACミランとの決勝戦は現地時間の5月25日20:45。日本でも地上波で放送があるようなので楽しみである。

このリバプールFCのサポーターソングとして有名なのが「You'll never walk alone」である。

You'll Never Walk Alone

When you walk through a storm
Hold your head up high
And don't be afraid of the dark.

At the end of the storm
There's a golden sky
And the sweet, silver song of a lark.

Walk on through the wind
Walk on through the rain
Though your dreams be tossed and blown.

Walk on, walk on
with hope in your hearts
And you'll never walk alone
you'll never walk alone.



嵐の中を行く時は
顔を上げよう
暗闇だって恐れちゃいけない

その嵐が過ぎ去れば
空は黄金色になり
心地よいひばりの銀鈴(さえずり)が聞こえる

風の中を行こう
雨の中を行こう
たとえ夢が壊されそうになろうとも

さあ 行こう 希望を胸に
そう 僕等は一人じゃないんだ
僕等は一人じゃないんだ


和訳もいろいろあるようだが、こんな風に訳してみた。

この歌はリバプールFCの他にも、スコットランドのセルティク・グラスゴーやFC東京などによってもチアソングとして使われている。
この歌の歴史についてはこちらのページが詳しい。
「ユルネバ」とも略されるこの歌は、チームに勇気を与えるために、またある時は歓喜の輪と共に世界中で歌われている。

『俺等らはここにいる 君はひとりじゃない クルバは歌うぜ 甲府の歌を』
甲府のチアソングのひとつだ。
これは甲府の「ユルネバ」かな、と思って僕は歌っている。
コメント
この記事へのコメント
この歌の凄い所は・・・
一応、東京の試合開始前には必ず唄うが、
この歌が威力を発揮するのはこんな時です;

http://members3.jcom.home.ne.jp/tk_rhapsody/fctokyo03.html#991024

残念ながら、現時点も東京はこの歌を必要としている。
2005/05/12(木) 21:35:21 | URL | TKラプソディ [ 編集]
いつまでも続く歌声
この話しは「You'll never walk alone」を調べていたら、
東京関係のサイトでいくつか目にしました。
もちろん、TKさんのところで予習済みですが。
グッときますね。
先日のアンフィールドも凄かったようです。

いつもながらですが、次節は甲府も東京も大事なゲームとなります。
2005/05/12(木) 22:22:47 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。