コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
ホーム力復活
第31節 11/18(土) 甲府 2-0 大分 小瀬:9,156人 曇 13.4℃ 38%
甲(15)バレー(52)茂原

前々節のセレッソ戦では久し振りにホームで敗戦、前節のアウエー京都戦では数的有利な状況を活かせずに引き分け。天皇杯山形戦では勝ったものの、ちょっとさっぱりしない試合が続いた。J1残留が確定したとは言え、尻すぼみの成績になってしまってはこれまでの奮起が霞んでしまって勿体無い。この一年の躍進の痕跡をきっちり残すためにも、あと4試合を甲府らしいサッカーで締めくくって欲しいと思う。

バックスタンド甲府ゴール裏

そんな思いを持ちながら、2週間ぶりの小瀬へ。すっかり秋が深まった小瀬だが、落ち葉やら時折流れるひんやりとした空気は冬が近いことを感じさせた。開場直後のスタジアムも寒々しかった。ここ2試合、1万人を切った小瀬の観客数。この日も出足は鈍く、9,000人を切ってしまうかと思わせたが、試合開始間近になって席も埋まり始めて何とか9,000人台をキープした。小瀬での試合はホーム最終戦を残すのみ。平均12,000人の観客数が達成出来そうだ。

大分サポ

アウエーゴール裏には大分サポが駆けつけていた。日本代表選手を輩出した喜びからか、日の丸の選手ダンマクがスタンドに並ぶ。青と黄色のなかで、ひと際目を引いた。大分は高松、松橋、梅崎、西川と力のある選手を揃え、第13節以降、ずっと一桁台の順位をキープしているチーム。相性も悪い難敵だが、甲府としては一桁台の順位を狙える位置に浮上したい大事な一戦となった。

出場メンバー出場メンバー

甲府は戦前の予想通り、鶴見、津田、秋本が久し振りに先発に名を連ねた。出場停止の杉山の位置には山本が入り、左SBには井上が起用された。チャンスを待っていた選手のモチベーションを活かしながら連戦をも考慮した采配か。いずれにしても、これらDF陣の出来が勝敗に大きく影響することは確かなようだ。期待と不安を織り交ぜながらキックオフ。

試合開始早々、甲府はこの試合でJ通算200試合出場となった藤田が、大分は松橋が際どいシュートを放って打ち合いの様相を見せる。ここ3試合ゴールのないバレーが久し振りにゴリゴリと迫力ある動きを見せれば、山崎(甲府)も前線で切れのいい動きを見せる。前半15分、その山崎が左サイドをドリブルで上がってクロス。バレーが中央で受けると反転して技ありのシュートで先制。その後もバレー、茂原、藤田が惜しみなく上下動を繰り返して攻撃。守備は大分の単発的な攻撃もあり、破綻なく前半が終了した。

後半は立ち上りから甲府が攻勢にでる。後半7分、左サイド奥に侵入した井上からのパスを受けた鶴見が切れ込んでシュート。GKが弾いたボールを茂原が狙い済ましてゴールに打ち込んで追加点を奪った。しかし、16分に津田が後半から出場した梅崎のスピードに翻弄されて2枚目の黄紙で退場。時間を多く残す中で、前節の京都戦とは逆に数的不利な状況になってしまった。茂原を下げてアライールを投入する。

以降は大分の攻撃をしぶとく守ってカウンターという展開になった。鶴見が中央で落ち着いた守備を見せれば、サイドで井上が果敢な守備を見せた。18分、バレーの突破からのクロスに藤田が飛び込むが、相手DFのスライディングブロックに阻まれてゴールならず。24分には、鶴見からのロングフィードを受けたバレーが左サイドから中央に切れ込んで強烈なミドルシュート。バーに弾かれてゴールインかと思ったがノーゴールの判定。しばらくメイン、バックスタンドから怒号が収まらなかった。

直後、バレーが再度抜け出してGKと一対一になるがGKの好セーブにあってゴールを奪えず。数的不利を感じさせない展開が続いたが、大分を突き放すことは出来なかった。35分以降は大分が反撃。危険なシュートを打たれるが、甲府DFは集中力を切らすことなく対応。今季4度目の完封で勝利を飾った。

VFQと共に凱旋
バレー凱旋第8節のアウエーでの敗戦のリベンジを果たす完勝。中盤の繋ぎで前にボールを出せない局面や判断の遅さからボールを奪われるシーンなども散見したが、ゲーム全体を通して見れば、ここ数試合の不具合の修正はある程度図られたようだ。欲を言えば3点目をきっちり取って試合を決めたかったが、「幻のゴール」があったので致し方なしか。

守備に関しては、数的不利な状況のなかで無失点は大きい。ここ4試合で3失点と、しっかり結果を出している。攻撃と歯車が噛み合えば、まだまだ強くなれそうだ。とにかく、これでリーグ戦通算99勝。ひとつの区切りとなる100勝にあと1勝と迫った。
コメント
この記事へのコメント
埼スタは?
落ち込んでいたので、書き込みが遅くなりました。

ところで、大分戦は見事でした。
やっと守備陣が安定してきましたね、メンツが変わっているのに・・・

いよいよ、浦和戦が近付いてきました。

当然、ワクワクしているでしょ?
今回はツアーバスですか?
浦和を苦しめて楽しんで下さい!

さて、アウェイゴール裏の売店は大したことないので、
場外広場の屋台を利用すると良いでしょう。
但し、テントでなくて車で商売してるところが旨いです。

いろんな意味で規模がでかくてびっくりしますよ。
2006/11/20(月) 17:48:39 | URL | TKラプソディ [ 編集]
行きますよ~
ツアーバスは10台になったようです。
甲府的には凄いですね・・・
僕は電車に揺られながら埼スタに向かいます。
ナイトゲームじゃないんで帰りも大丈夫ようですから。

相手はJリーグのホーム不敗新記録が掛かった試合になるようです。
優勝するためには落とせないし、ギドの退団に花を添えたいでしょうし・・・
注目の集まる試合になりそうですね。

そんな状況なので、甲府の選手は燃えるんじゃないかなぁ。
何かやらかしてくれそうな気がしています。
一緒に燃えてきます!
2006/11/20(月) 20:10:05 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
残り三試合、全てホーム(みたいなもの)です。方角の悪さから来る敗戦はきれいさっぱ
2006/11/21(火) 20:10:23 | 與野レッズBlog
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。