コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
舞台は整った
今シーズンも残すところあと3試合。待ち焦がれたJ1の舞台は開幕から早9ヶ月が過ぎ、“探検”の終点が次第に近付いてきた。明日はアウエーでの浦和戦。楽しみにしていた対戦のひとつである。

甲府は前節の大分戦に完勝して、一時停滞気味だったチームのベクトルを再上昇させた。メンバーが入れ替わった守備陣の踏ん張りもあり、今季初めて4試合で括った場合の平均失点が1点未満になった。シーズン序盤から懸念された守備の修正が経験値を上げる事で実を結び、ここに来てやっと安定感を見せてきている。

一方、21戦連続ホーム不敗のJ新記録がかかり、J1初制覇に向けて勝ち点3が欲しい浦和。前節、名古屋に痛い敗戦を喫しているだけに連敗は許されない。サポーターの期待も大きく、この試合に掛ける選手のモチベーションは上がっているだろうし、同時にプレッシャーも相当大きくなっているだろう。

注目を浴びる一戦。今季“大物食い”してきた甲府の選手たちは、この状況での試合を楽しみにしているんじゃないだろうか。J1残留を決め、7位まではまだ射程圏内。この1年と言わず、これまで真面目にしっかり積み上げてきた結果が今ここにある姿。自信と誇りを持って、せっかくの大舞台、臆せずに甲府らしさを思う存分発揮して欲しい。

何か、昨季入れ替え戦のアウエー柏戦を迎えた時と同じように清々とした気分。埼スタに駆け付けられる甲府サポは選手を信じ、愛しいチームをしっかり応援しよう。信じる者こそなんとやら。きっと、最後に勝利が待っている。


最近4試合の成績


第32節 予想
第32節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第31節 予想と結果
第31節予想と結果
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。