コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
ここからが勝負だ
リーグ戦(J1)は残り6試合。優勝や残留のクライマックスに向けて、一戦ごとに勝敗が重みを増し始める。甲府の残り6試合は、ボトム3と言われる残留争い真っ只中の福岡、C大阪、京都、優勝を争う浦和、賞金圏内を争う千葉、大分との対戦となる。すべてが何らかの争いの中にあり、甲府がキャスティングボートを握りそうな気配がしている。

その対戦相手のバイオリズムは下図のようになる。(バイオリズムの概要はこちら
ここへ来て、自動降格圏内だったC大阪と福岡が踏ん張りを見せている。なかなかチーム状態が活性化しない京都を尻目に、前節それぞれ順位をひとつ上げた。結果が伴った事により、勝利へのモチベーションもより高まってきそうだ。

バイオリズム

明日対戦するC大阪とは今季2回の対戦。リーグ戦の第6節(アウエー)とナビスコカップ予選の第4戦(ホーム)で、戦績は1勝1敗。J1でのアウエー初勝利となった第6節は、キャプテン・カズキの活躍もあり、激しい戦いをものにしての勝利。一方、ナビスコカップでの敗戦はロスタイムの失点によるもの。主力の怪我が相次ぎ、厳しい台所事情でのゲームだった。

名波の獲得、大久保の復帰で駒は揃っている難敵相手だが、甲府は勝てばJ1残留が確定する可能性があるゲーム。ホーム5連勝をもぎ取って「実りの秋」とするために、C大阪を凌駕する気迫をもって戦おう。激しいゲームになりそうだが、勝って残留をもぎ取ろう。


最近4試合の成績


第29節 予想
第29節予想
※予想方法の詳細はこちら


順位表


第28節 予想と結果
第28節予想と結果
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。