コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
馬鹿の一つ覚え
第14節 6/10(日) 甲府 1-6 磐田 小瀬:11,389人 曇 20.3℃ 64%
甲(84)増嶋 磐(17)(77)前田x2(21)(73)太田x2(56)菊地(63)ファブリシオ

先月のナビスコカップ予選最終節(5/23)以来、約半月ぶりとなったホーム小瀬。朝から断続的に降り続いていた雨は試合開始前にはすっかり上がり、空一面を覆っていた雲の間から薄日すら差し始めた。この光が低迷脱出の暗示であることを願ったが、残念ながら甲府にとっての光明とはならなかった。ホームで6失点。小瀬での最多失点記録を塗り替え、6月攻勢の出鼻を挫かれた。同時に、中断期間での立て直しに対する期待感は物の見事に吹っ飛ばされた。

磐田サポ
出場メンバー出場メンバー

主力選手の欠場で、苦戦を強いられる試合になることは十分に予想できた。それ故に、粘り強い戦い方、少なくとも仮に得点差があっても、僅かな点差のなかから勝機を伺う試合運びが必要だったゲーム。前半の2失点は、あまりにも不用意で重い失点だった。

試合序盤での阿部の負傷交代は、手痛いアクシデントだった。この試合の勝敗に少なからず影響があったかも知れないが、藤田不在による中盤の機能不全こそがこのゲームが壊れた原因だと思われる。甲府のパスワークによる攻撃の組立の中心は林と藤田。特に、藤田はボールを前線に運べる選手だが、その代役も次の手段としての代替案も存在しなかった。結果、中盤から前にボールを運べず、ボールを奪われては相手のカウンター攻撃を許した。

狭められていく磐田中盤陣の包囲網に、ただただ突っ込んでいくだけの甲府の攻撃。一点張りの攻撃を繰り返すだけなので、相手は迷うことなく対応できる状態だった。実質的には前半の2失点で勝負があった。前半の戦い方を見て、後半に期待は持てなかった。後半の4失点は、甲府の弱点を客観的に証明したもの。得失点差の争いの中で致命傷となる可能性があるが、せめて修正の糧にしなければ意味がない。

“独り善がり”、ゲーム後に真っ先に頭に浮かんだ言葉。試合終了を待たずに多くの人が席を立ったゲームをしたことを、クラブは真摯に受け止めないといけない。論理性と柔軟性と緊張感を失くした組織は、大抵の場合、成功しない。
コメント
この記事へのコメント
忘れるに限る!
日本平でこの結果を知った時はショックだった。
でも、帰京後メンバーや詳細を知って納得することにした。
もともと選手層が薄いことは衆知の事実なんだから、
さっさとこんな試合は忘れるに限る。

それよりも次の試合からベストメンバーに戻して、
気を取り直して戦っていかねばならない。
2007/06/12(火) 08:10:19 | URL | TKラプソディ [ 編集]
久し振りに
酷い試合を見ました・・・

今までうやむやにされてきた問題点が一気に噴出したようです。
結果を出すための“手段”であるべきボール回しが、
まるで“目的”のようになっている現状で、見るに堪えません。
結果が出ていないのに、その傾向はますます強くなっている?
何より、修正しようという気配がまったく感じられないのが一番応えます。

この惨敗がカンフル剤になればいいんですが・・・
2007/06/12(火) 20:19:36 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
こんな時は・・・
この試合の後半途中からサポは応援を止めたと聞いています。
辛かった気持ちは手に取るようによく分かります。
飴か、鞭か、悩むところです。

東京の持ち歌の中に「You'll never walk alone」があります。

こんな試合の後にこそ、東京ではこの歌を唄います。
何があろうと「みんなを愛しているよ!」と選手達に伝えるために唄います。
だから、どこかのパクリと言われようと僕は唄い続けています。
涙を流しながらでも・・・。
2007/06/12(火) 20:50:35 | URL | TKラプソディ [ 編集]
捲土重来
まさに、この一語に尽きます。

この試合では、あまりの惨状に応援を止めましたが、
甲府サポーターが次の千葉戦に懸ける熱い想いと応援は、
きっと今まで以上のものになるはずです。
大丈夫、みんな分っています。

「俺たちはここに来て甲府の歌を歌う」

狂熱のシーズンはこれからです!
2007/06/13(水) 09:09:53 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。