コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
激闘、惜敗
ナビスコ 準々決勝 第2戦 7/15(日) 川崎 4-2 甲府 国立:10,107人
曇/雨 23.6℃ 76% 川(29)(64)谷口x2(88)鄭(113)黒津 甲(12)(74)須藤x2

台風4号のせいで開催か延期かヤキモキさせられた第2戦。準備だけ整え、開催決定の知らせを確認して国立へ。中央本線特急が運休とのことだったので、帰りのことを考えて車でGO!既に、甲府を出発する時には薄日が差し始めていた。しかし、ヤツの速度は35km/h。どうやら追い着いてしまったようで、県境山間部ではぱらつく程度だった雨は、八王子を過ぎるとちょと強くなった。それでも、断続的なもので心配はなさそう。雨足の強さは次第に弱まった。

甲府ゴール裏
国立虹

時折小雨が舞う国立のアウエーゴール裏には、応援バス8台を含む多くの甲府サポが集結。ただ、キャパが大きいだけにそれを感じさせない。国立を満杯にするのは並大抵の事じゃないことを実感。8月の国立開催のホーム浦和戦は、良し悪しを別にしても、組織的な動員を掛けない限りアウエー状態になりそうだ。

試合開始前には虹が出現。虹と言えば、'05シーズンの京都での最終戦を思い出す。入れ替え戦進出を決めたあの時のような劇的な勝利を納められるか。先週の“短冊に願いを”ならぬ“虹に願いを”掛ける。「不信心なくせに都合が良すぎるな」と内心では思ったが、それでも願った。

出場メンバー出場メンバー

甲府の先発メンバーは第1戦と変わらず。一方、川崎は試合開始前に電光掲示板で発表されたものとは違い、久木野を左WGにした3トップでトップ下には谷口が入ったようだ。台風の影響でスタンドはもとより、ピッチ上でも強い風があることがコーナーフラッグから見て取れた。前半は甲府が風下。川崎のロングボール主体の攻撃とそれを弾き返す甲府といった展開。立ち上りから押し込まれたが、相手ミスから須藤が先制ゴール。頭だけじゃないと言わんばかりの一蹴でゴールネットが揺れる。その瞬間は甲府ゴール裏からもはっきりと確認することが出来た。

このゲームは2点取る事がトータルの勝利を得るための決め手。そう思っていただけに、幸先の良いスタートになった。が、このまま終わるとは思えない。案の定、執拗にロングボールを放り込む攻撃から、負傷を押して出場した谷口にゴールを許して同点。果敢な飛び出しからの積極的なシュートと勝負強さ。プレイスタイルは違えど、そのエッセンスは横浜F・マリノスユースで同期だった健太にも見習って欲しい動きだった。それにしても、何故、反町氏は谷口を使わないのだろう?

大味な展開になった前半だったが、風上に立った後半は立ち上りから甲府が攻勢。何本ものシュートが枠を捉え、須藤のヘッドは枠を外れたが攻撃に勢いが付いた。攻勢は続いたが、次第に攻め切らずにボールを前に運べない状況が生まれると、中盤でボールを失ってカウンター攻撃を受ける甲府の悪癖が顔を覗かせた。攻勢から一転して川崎の反撃を受けて失点。先に欲しかった2点目は川崎のものになった。

ただ、時間が残っていた事と風上だった事が幸いした。相手GKのキックは風の影響があったのか安定を欠き、ボールが押し戻され、相手DF陣の連携にも混乱が見えた。囲まれても体を張ったプレイからボールを繋ぎ始めると、再び甲府の時間帯になって須藤が同点ゴールを決める。待望の2点目。カップ戦ならではの醍醐味と甲府サポーターに勇気を与えるゴールだった。

一気に畳み掛ける甲府と守って反撃を狙う川崎。試合は益々白熱していった。第三者として見れれば、どんなに面白いゲームか・・・。ベスト4まで、残り時間は少しだった。しかし、逃げ切れるかと思った矢先、川崎に3点目を奪われる。これで2試合の勝敗、得失点差、アウエーゴール数の全てが同じとなり延長戦に突入したが、既に交代枠を使い切っていた甲府は攻撃の余力を残していなかった。延長戦で唯一の決定機を迎えた場面では、杉山のシュートは枠を大きく外れてしまった。

延長後半8分、大橋からのスルーパスを黒津に決められる。どちらも90分間の後半から投入されたフレッシュな選手。激しい消耗戦となっただけに、久野を使えていれば・・・という気がしないでもない。あと少しだった。本当にあと少しで結果を出せただけに、惜しい、悔しい敗戦になった。それでも、激しく息詰まる好ゲームだった。結果もだが、あと少しだったのは粘り強い守りと攻撃時のボールを前に運ぶ意識。結局、リーグ戦での課題がこの試合の勝敗を左右する局面でも表れた。この届かなかったあと一歩を糧に、リーグ戦では奮起して戦って欲しい。

凱旋ならず

郷里のチームを国立で応援したのは26年ぶり。あの時は韮崎の黄金時代だった。当時に比べ、電光掲示板や座席が新しくなり、背景の新宿の高層ビル群の数はだいぶ増えた。あの時と変わらなかったのは勝利に届かなかったこと、だけかな。次は是非、国立で笑いたい。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。