コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
明暗を分けるもの
第32節 11/18(日) 甲府 0-0 大宮 小瀬:15,151人 晴 16.8℃ 24%

先日の大宮戦、遂に勝利は叶わなかった。
共に降格圏内にいるチームの直接対決らしく、ジリジリする硬直した試合展開。
試合終盤、勝利を目指して相手ゴールに猛然と迫ったものの決め切れず。
ゴール前を堅く守る大宮の守備陣を最後まで崩すことが出来なかった。

観客数は15,151人。
大宮も思ったより多くのサポが駆け付けていた。
今季の小瀬では、好天に恵まれたゴールデンウィークの横浜FC戦に次ぐ観客数。
降格のピンチを迎えたことにより、甲府への声援は何時にも増して大きかった。

そんな小瀬の熱気を爆発させるゴール、そして勝利の瞬間を待ちわびた。
しかし、その時は最後まで訪れずに勝ち点は1に留まった。
いよいよ、正真正銘の崖っぷち。
既に片足は宙に浮いている状態と言っていい。

アウエーゴール裏

J1残留への可能性がない訳じゃないが、本当に厳しくなった。
敗戦を引きずりながら、折れそうな心を持て余していた。
そんな時、こんな話を耳にした。
ある超難関大学に合格した学生さんの話である。

その大学は合格ラインの最低点や入試時の点数が本人に知らされるそうだ。
合格後とは言え、恐る恐る手にした点数の資料を開く。
すると、その学生さん自身の点数と最低点がなんと一緒。
そう、最低点で合格したことになる。

自身の成績のうち、数学の得点は80点満点中の61点だったそうだ。
大問4題だから配点は恐らく各20点ということになる。
3題は手応えありの解答が出来たので、60点は何とかなった。
明暗を分けたのは、「1点」だった。

問題用紙の4題目を読み終えて、試験時間の残りは2分。
既に解き終えた3題の答えを見直すか、それとも4題目に突入するか…。
もちろん、焦ったそうだ。
それでも、勇気を持って前進することを決断した。

残り時間を考えれば、完全に解くことは難しい。
せめて、どう解くかだけでも書こうと決めた。
刻々と少なくなる時間のなかで、正答への道筋を無我夢中で考えた。
渾身の力を振り絞って答案用紙にペンを走らせた。

書けたのは僅かに1行だけだったそうだ。
その時には、後にそれが合否を分けるものになるとは思わなかったに違いない。
しかし、最後にあがいて導いた1行で1点を獲得して合格を手に入れた。
事実は小説より奇なりであり、成功と失敗は紙一重であった。

この話を聞きながら、性懲りもなく気を取り直して甲府の現状とダブらせた。
次節の柏戦に向けて、心の拠り所にしたいようなエッセンスが詰まった話だった。
この学生さんの「何とかなる」ではなく「何とかする」という気持ちが乗り移れと…。
「勇気を持って闘ってるか?渾身の力で闘えよ!」と最後にアジっておく。
コメント
この記事へのコメント
大宮戦は勝たなければならなかった
何としてでも勝ちたかった
相手が引き分け狙いで来てたからこそ
しかし終わった事はしょうがないし次戦が日立台なのも宿命でしょう
とにかく前を向いて勝ち点3を取りに行くしかない、大宮・広島関係なく
何とか最終節のホームまでもつれ込む展開に持ち込みましょう

私はメイン観戦でしたが試合前からクルヴァの応援の行進や選手バス到着時の応援は素晴らしく俺達の力で何とかしたい気持が伝わりました、選手にも届いてない訳はないんです。
とにかく可能性がある限り、前を向いて頑張りましょう。
2007/11/22(木) 15:20:31 | URL | 信玄魂 [ 編集]
頑張りましょう
大宮戦の結果は堪えましたが、不思議なもので飯を食って、働いて、寝ているうちにフツフツと元気が沸いてきました。
厳しい状況に変わりはないですが、柏戦に全力で臨むだけです。

あの日立台でチームが何を見せてくれるか。
勝敗は別にしても、一生懸命なチームの姿を見たいですね。
その上で結果が付いてくれば文句なし、です。
もちろん、応援は何時だって全力全開です。
2007/11/22(木) 19:52:13 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
大宮は叩きます!
日立台には行けませんが、
必ず、大宮を味スタで叩き潰して差し上げます!

日立台にも駆け付けますよネ?
だから、僕の「念」をVFさんの心に預けます。
最終戦、甲府のゴール裏に行きたいから・・・。

どうぞよろしくお願い申し上げます!
2007/11/22(木) 20:36:32 | URL | TKラプソディ [ 編集]
お願いします!
日立台へ行ってきます。
喜びも悲しみもすべてスタジアムにあります。

「念」、確かに預かりました。
力いっぱい闘ってきます。
最終節、小瀬のゴール裏でお会いしましょう!
2007/11/22(木) 21:12:51 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。