コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
変化の始まり
第4節 3/23(日) 甲府 2-2 福岡 小瀬:9,185人 曇 18.4℃ 32%
甲(0)ジョジマール(71)大西 福(3)大久保(61)タレイ

風にたなびくフラッグ福岡サポ

久し振りに躍動感のある甲府のサッカーを見ることが出来ました。
積極的にゴールを狙ったジョジマール、初出場かつ初先発ながら落ち着きと能力の高さを見せた吉田、前線で果敢に仕掛けたブルーノ、追撃に勢いをもたらして見事なアシストでゴールをお膳立てした途中出場の久野。
そして、同じく途中出場ながら同点弾で遂にノーゴールの呪縛を解いた大西。
技術的に荒削りであっても、それぞれが持ち味を発揮することによって生まれた活力は、これまでの停滞感を払拭するのに十分なものでした。

しかし、J's GOALのマッチレポートにはこんな記載がありました。
「・・・ただ、記者会見で甲府・安間貴義監督の言葉を聞くと、試合の印象に修正が必要なことも判った。記者席からはセンターバックが浮き球を頭で跳ね返すことが出来ないことに不満と不安を持っていたが、安間監督はブルーノの前線からの守備が不完全なことを覚悟して使っており、アンカーの林健太郎を含めて彼らはその負担に文句も言わずに耐えていた。また、吉田についても「ポジショニングにハチャメチャなところがある」と失点の遠因になったことを指摘した。彼らがストロングポイントを発揮したことは高く評価しながらも、「速い選手はどうしても印象に残る。成功しなくてもがむしゃらに行っているとよく見えるところもある」と、評価は単純ではない。」
確かにルーキーのプレイが失点の遠因になったかも知れません。
がむしゃらなプレイは、見た目にだけ積極的で良いプレイと映るのかも知れません。
それでも、そうしたプレイを織り交ぜることで確実に相手に圧力を与えていました。
「簡単な相手ではない」と思わせたのは、技術だけに頼った中途半端なプレイではなく、魂のこもったプレイだったのではないかと思わせるゲームでした。

甲府ゴール裏

技術より気持ち、などと精神論を前面に押し出すのは論理的ではありません。
それでも、開幕以降なかなか煮え切らないチーム状態を見ながら、あるひとつの言葉がずっと頭の中にありました。
降格が決まったあの日の日立台、柏ゴール裏でサポーターとの別れを惜しんでいた選手が、かってヒーローインタビューで発した台詞です。

「J1は技術を磨くところ、J2は魂を磨くところ」

J1を経験し、降格して再びJ2に戻り、開幕戦から波に乗れないチームを見るにつけ、その言葉は次第に説得力を増しながら心に染み入りました。
甲府のチーム状態をどことなく「仏作って魂入れず」と感じていたので尚更でした。
J1にいたチームという肩書きによって、無意識のうちに甲府の原点とも言える挑戦者としての気概を失いかけていたようにも思えます。
それは、応援する側にも言えることかも知れません。

開幕から4試合目にして、やっと戦いに挑む魂が注入されたこの日のゲーム。
残念ながら勝ち切ることは出来ず、小瀬も「小劇場」に止まりました。
ただ、連敗を避けたい福岡は手強く、その昇格争いのライバルになるかも知れない相手に不運なPKで勝ち越された状況から追いついたことはマイナスではないはず。
まだ勝利がない厳しい状況ですが、光明を見出せた試合であることは確かです。

ジョジのゲーフラ越しに挨拶する克哉・鶴田・臣

降格したチームが1年でJ1に復帰することの難しさを痛感するなかで、再昇格するための原動力は、がむしゃらさや泥臭さを持って挑戦する気持ちではないかと改めて感じています。
この試合が良い変化への始まりであって欲しい。
やっと前向きな言葉を使う気分になってきました。
勝負はこれからです。
コメント
この記事へのコメント
ちょっと不安を・・・
安間監督の以下のコメントにちょっと引っ掛かった;
「速い選手はどうしても印象に残る。成功しなくてもがむしゃらに行っているとよく見えるところもある」

どうやらこの試合の先発メンバー選択に自分自身は納得していないようだ。
僕等が感じたことと監督が思っていることにギャップがあるらしい。

"どこかから"の圧力でこの日の先発を選んだかのように聞こえる。
まだ目を離せないなあ、と感じる。
2008/03/25(火) 20:52:58 | URL | TKラプソディ [ 編集]
おそらく・・・
しわ寄せによってそこをカバーしている縁の下の力持ち的な選手がいることも忘れないで、というのが本意だと思います。
試合後の監督コメントでは、「…出来ないことをやらせずに、いいところを引き出してやれと言っている」ともあります。
後ろの選手に対して、守備に追われるだろうけど若手の特徴を引き出してやってくれ、といった意味のようです。

ベテランへの配慮でしょうか。
特に攻守の要ゆえに良くも悪くも目立ってしまい、ちょっと批判の矢面に立ちやすい林へのフォローかなと推察しています。

以前より、安間監督は先入観なしに選手起用をしたいと言っています。
前節の思い切りの良い選手起用は監督自身の判断だと思います。
いつもTKさんが言っている「信賞必罰」の考えに近いんじゃないかなぁ。

大丈夫でしょう、メイビ。
2008/03/25(火) 21:39:07 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。