コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
これじゃあ、ダメだ
2009/J2第5節 3/29(日) 甲府 0-1 鳥栖 小瀬:10,108人 晴 14.4℃ 12%
鳥(33)日高

持ってる力の半分も出ていない。
いや、出していない。
そう言う意味では、記憶にある限りクラブ史上最低の試合と言っていい。
実に腹立たしい。

ピッチの上で楽をしたいんなら、サッカーで飯を食わなきゃいい。
そんな選手をピッチに送り出す監督の目は、節穴だと言われても仕方ない。
勝敗とか、J1とか、それ以前の問題。
いつの間にこんな生温いチームになっちまったんだ。

帰り道、年配夫婦のこんな会話を耳にした。
「ちょっと前までは勝っても負けても一生懸命さが伝わってくるチームだったのにねぇ」
「ここんとこ、試合がつまんないねぇ」
まったく同感だ。
観客が半分になっても文句は言えまい。

実戦レベルではない秋本と林のドイスボランチも不満だ。
怪我人が出て、中盤の構成に苦労しているらしい鳥栖に対して何故?
ホームで4連勝を掴み取ろうという積極的な采配とは思えない。
前半の不甲斐ない戦い方がすべてを物語る。

ワンプレー終われば歩き出し、連動とはほど遠いQBK状態。
動き出しが遅いし、体が動いてないからミスも多い。
半歩の頑張り、一人でダメなら二人、一回でダメなら二回といった粘りも見えず。
絶え間ない波のように90分間動き回ることこそが「甲府らしさ」だったのになぁ。

後半になって慌てたって遅いよ。
どこへいっちまったのかな、いつも心を揺さ振ってくれたチームは。
コメント
この記事へのコメント
ウェルカムバック!
怒りが復活の原動力でしょうか?

遅まきながら、再放送をチェックしました。
最大の敗因は気の緩みだと感じました。

面白かったのは最後の10分間のみ。
最後まで憂さは晴れなかったけれど・・・。

甲府もまだまだこれからです。
2009/04/03(金) 09:15:21 | URL | TKラプソディ [ 編集]
ぼちぼち復活します
>怒りが復活の原動力でしょうか?
忙しさが峠を越えたこともありますが、あまりの不甲斐無さに腹が立ち、ついつい書き込んでしまいました。

後半終了間際こそ「やる気」が見えましたが、それ以外は見所がありませんでした。
戦術云々もありますが、とにかく「一生懸命さ」が伝わってこないのが不満です。

明日はC大阪戦ですが、どう修正してくるか注目します。
90分間気を抜かずに戦い切れる甲府であって欲しいですね。
2009/04/04(土) 10:53:22 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
復活待っておりました。
鳥栖戦でのあのグダグダさに痺れを切らせての復活、気持ちは共有しております
セレッソ戦でも耐えに耐え抜いた感のあるドロー、気が付けばリーグ最小失点ですね

今年は肉を切らせて骨を断つ、又は刺し違えて倒れた方が負けといった印象の過去のチームとは別物ですね
守りが良いのはとても良いとは思いますが決定力不足は大事な時に下位から勝ちきれないといった危うさも秘めてると言えますよね?

ああ、マラニョンの復活はまだかなぁ
2009/04/05(日) 23:31:49 | URL | 信玄魂 [ 編集]
お久し振りです
>信玄魂さん

開幕直後のコメントに返事もせず失礼しました。
仕事が一段落ついたので、少しずつ書き込んでいこうと思っています。

今日のC大阪戦、厳しいアウエーでの戦いでしたが何とか勝ち点1を持ち帰ることができました。
特に荻、ダニエル、臣、新、津田、危機一髪でボールを掻き出した池端ら守備陣の頑張りが目に付きました。
前々節のアウエー仙台戦同様、勝利に対する執着心を感じました。

守備陣の頑張りに攻撃陣が応えて欲しいなあと思いますが、前線と中盤がまだまだ連係不足ですね。
秋本やシンヨンが後半早々から動けていないところも気になるところですし、それを含めて選手交代にはやや疑問が残りました。

そうは言っても、依然ちぐはぐさは有りますが、やる気は見えました。
せめてホームでも今日くらいの気持ちで戦って欲しいものです。
2009/04/06(月) 01:22:33 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。