コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
雨上がりの夜空に
2009/J2第23節 6/24(水) 甲府 6-0 福岡 小瀬:9,058人 晴 24.6℃ 73%
甲(27)藤田(31)大西(51)シンヨン(64)(70)マラニョンx2(85)國吉

チームとしてはリーグ戦最多タイ記録となる6得点。
ゴールラッシュも素晴らしかったけど、失点せずにゲームを締めくくれたことがさらにその価値を上げました。
6点差での勝利はクラブ初とのこと。
点差に気を緩めることなく、攻守ともに最後まで果敢にプレイを続けたことが記録的な大勝という結果に繋がりました。

その口火を切ったのは藤田。
前節の停滞した攻撃の記憶を振り払うかのように、ボールを奪ってから一気にドリブルで駆け上がってのシュート。
マラニョンとぶつかりそうになりながらも、難しい位置からよくゴールを決めました。
主導権を握りつつも試合展開が膠着しかけた時間帯だっただけに、待望の先制点を奪ったことで「スタジアムはビンビンだぜ」状態になりました。

そして、大西の2試合連続となるゴールで追加点。
マラニョンが潰され、こぼれたボールにしっかり詰めたからこそ奪えたゴールで、前節のロスタイム弾を彷彿させるもの。
たたみ掛ける攻撃で2点目を奪い、福岡に対して大きなアドバンテージを得ました。
福岡の試合をいくつかテレビで見た限り、今の福岡は下位に低迷する新加入チームを除いたJ2チームのなかで、おそらく一番厳しい状況ではないかと思っていただけに、勝敗を左右する大きな追加点になりました。

花火花火

ハーフタイムには、“神明の花火大会”のピーアールを兼ねた恒例の激励花火。
てっきりアウエーゴール裏側から上がるものだと思っていたので、いきなり後方から音がしてビックリ。
「雲の切れ間に散りばめたダイヤモンド」ならぬ夜空に浮かんだ大輪の花が、後半からのお祭り騒ぎの号砲になりました。

後半早々、シンヨンが追加点。
あれよあれよと言う間に福岡DFの間を通り過ぎたボールを難なく押し込みました。
あまりの呆気なさに、得点者をダニエルと見間違うほどにこちらが混乱。
「どうしたんだ Hey Hey 福岡&オイラ」。

この3点目で、いよいよこの試合の楽しみのひとつでもあった片桐の出場の可能性が大きくなりました。
しかも、あまりプレッシャーの掛からない状況という願ってもない展開で。
小瀬はそうしたことを良く知っている稀有なスタジアム。
後半18分にシンヨンから片桐に交代が告げられると、ひと際大きな拍手が沸き起こりました。

そして、このところチャンスメーカーとしてチームを支えてきたマラニョンに、ゴールという誰にも分かりやすい結果が生まれることを願いました。
「いつものようにキメて ぶっ飛ばそうぜ」。
すると、これまた成就。
相手DFのミスを突き、GKをかわして久し振りのゴールで4点目。

さらに続けざまに、片桐の丁寧なパスを受けて抜け出し、豪快にゴールネットを揺らして自身2得点となる5点目。
片桐については、甲府移籍が発表されてから改めて岐阜対湘南戦をテレビで見たけど、技術もあり、どちらかと言えば人に使われるより人を使うほうが上手い選手かな、という印象。
合流してまだ間がないながらも、その片鱗を垣間見ることが出来ました。

それにしても、こうゴールが続くと歓喜のハイタッチもまるでルーチンワーク。
可愛い女の人→可愛い女の子→可愛いおばちゃん→いつもの人→いつもの人→可愛い女の人。
偶然にも、いつもの人達を除けば野郎が入っていない絶妙なポジショニングでした。

そして、締め括りは若手の活躍。
マラニョンと吉田のワン・ツーからマラニョンの折り返しを國吉が決めて6点目。
スペースへ人とボールが連動して相手DFを崩した素晴らしいゴール。
この得点前にも惜しいシュートを放つなど、キレのある良い動きをみせました。
この試合では出番のなかった輪湖や井澤を含め、若手の台頭が目立ってきたことは、補強のみならず、チームの総合力アップを感じさせるものでした。

これ以上、何を望む?と言わんばかりのゲーム。
確かに福岡のチーム状況を考えれば、他のどの相手にもこうしたゲーム内容を続けていけるかどうかが鍵となるけど、まずは、この試合で出来たことを喜びたい。
心行くまでの歓喜に満たされた小瀬。
雨上がりの夜空に、「ジンライムのようなお月さま」が出ていたかどうかは気付かなかったけど、“ボクの好きな甲府”が戻ってきたような心地良い感覚に包まれました。

凱旋する選手を迎える甲府ゴール裏

これで首位の湘南まで勝ち点差2。
上位3チームに劣っていた得失点差も、やっと肩を並べることが出来ました。
まだ、リーグ戦は半分以上が残っています。
J1復帰を懸けた戦いのスタートラインにもう一度立ったつもりで、楽観も悲観もせず、自信を持って強くなって欲しい。
コメント
この記事へのコメント
ハイタッチは・・・
オンナとばっかり楽しんでんのかいな。
オイ、オイ、これは絶対狙ってるな。

まあ、楽しめる時は楽しんで下さい。
2009/06/27(土) 07:18:00 | URL | TKラプソディ [ 編集]
イヤ、イヤ、イヤ
偶然、偶然ですよ。
ボクの方が遅く来て、TKさんの隣りにお邪魔した訳だから・・・
ってことは、TKさんがナイスポジションだったという事ですぜぃ。

ところで、今日の徳島戦。
藤田が5回目の練習遅刻(約30分)で、特に昨日は試合前日練習だったこともあり、懲罰としてメンバー外になりました。
安間監督がチームの規律を重んじて決断したようです。
「ほっほ~」とちょっと感心。
試合への影響が気にもなりますが、“監督力”が上がってきたかな、とも思いました。
2009/06/27(土) 12:53:14 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。