コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
混戦から一歩後退
2009/J2第41節 9/23(水) 甲府 1-1 仙台 小瀬:15,076人 曇 23.4℃ 50%
甲(80)シンヨン 仙(76)ソアレス

彼岸の中日でもあったシルバーウィーク最終日、墓参りを済ませてから小瀬へ。
趣旨が違うと先祖に苦笑いされそうだけど、いの一番に甲府の必勝を祈願。
効き目があるかどうかは知る由もなく、ヴァンフォーレの幟旗がはためくお寺を後にしてスタジアム入りする頃には、すっかり日が落ちていました。
仙台と前回対戦した7月末に比べたら、だいぶ日が短くなりました。
連休の終わりで18:30キックオフにも拘らず、対面のアウエーゴール裏には約1,000人の仙台サポも掛け付け、昇格争いの大事な一戦ということもあって、小瀬は今季最多の観客動員数を更新しました。

仙台サポ

前節の草津戦に敗れ、この一戦に必勝を期す甲府。
新が黄紙の累積で出場停止となり、DFのメンバー変更を余儀なくされました。
先発メンバーの発表を聞き、てっきり臣が右SBに入るものと思っていたら、試合開始後しばらくしてDFラインの並びがいつもと違うことに気付かされました。
見ると、一番右にダニエルだけど左にはいつものように吉田がいる。
結局、ダニエルと秋本をストッパー、臣をスイーパーとした3バックだったようで、前線を2トップ、中盤の三角形をベースに大西と吉田をウィングバックにした3-1-4-2の布陣ということでした。

試合は守備意識を高めて堅守速攻を狙う仙台に甲府が挑む展開。
前半、仙台の攻撃は序盤のソアレスのシュート以外にこちらがヒヤリとする場面はなく、一方、甲府の攻撃は開始早々のシンヨンのシュートで積極的な試合運びを期待させるも、他はマラニョンの惜しいシュート以外に決定機を作れませんでした。
戦前の予想通り、失点しないことを最優先とした仙台を崩すことは難しく、同時に失点を許されない甲府は次第に慎重になっていったように見えました。
応援の声を張り上げながらも、頭の中では固唾を呑んで見守った前半は緊張感を保ったまま0-0で終了。

後半になっても決定機を掴めない甲府でしたが、克哉のミドルシュートが久し振りに枠を捉えた決定的場面は相手GKの好守に阻まれ、ヒーローになり損ねました。
その後は優先道路を度々一旦停止して進む車のような攻撃で決定機を作れず。
相手に十分な守備態勢を整えさせる前に仕掛けるようなテンポの良い攻撃は見られず、苦肉のフォーメーション変更と言えども、マラニョンやシンヨンがサイドに流れて中へボールを供給しても中に人が揃わないなど、付け焼刃とも見て取れる場面もありました。
そして、チャンスを攻め切れない中途半端なプレイから仙台にカウンター攻撃を許し、ソアレスのシュータリングがゴールに吸い込まれて先取点を奪われ、危惧した通りの試合展開にはまったく落胆しました。

國吉の投入によって左ウイングバックの位置に入った克哉のグラウンダーのクロスからシンヨンが執念の一撃でゴールを奪って一矢報いることになったものの、結局は後手に回ったことによって、前節の草津戦で失った勝点3を取り返せませんでした。
もちろん、敗戦で終わるよりも数百倍マシな結果。
ただ、仙台のほうが上回っていた“結果を求める厳しさ”を甲府も持ち合わせなくては、これからの戦いは苦しくなるばかり。
セレッソとはだいぶ離れてしまいました。
次節は中三日で第3クールになってホームで負けなしの岐阜とアウエーでの一戦。
難しいことは抜きにして、せめて意地や執念を見せて欲しい。
またも繰り返すことになりますが、とにかく次こそ一歩前進です。

vs仙台・布陣
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。