コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
不安を払拭する勝利
2009/J2第45節 10/18(日) 栃木 1-2 甲府 栃木グ:5,030人 晴 24.3℃ 56%
甲(3)大西(79)マラニョン 栃(17)河原

初めて訪れた栃木県グリーンスタジアム。
朝方に前橋で用事を済ませ、関越道、北関東道、東北道を経由して栃木へ。
途中、国道50号を経由したがストレスのないドライブ。
距離と時間は増えたが、大都市近郊区間を迂回したことで高速代は安くなった。
わずかだが、昼飯代くらいは賄えそうな懐に優しい往路になった。

栃木のホームスタジアムは工業団地の一角にありながらも木々に囲まれていた。
メインスタンドを除いた他のスタンドは芝生席で、その名の通り、ピッチの緑とともにグリーン一色に覆われていた。
無機的な工業団地内のちょっとしたオアシスのようでもあり、ゴール裏の勾配が緩くて見難いものの、ピッチが近い専用スタジアムだけに臨場感を満喫できそうな良い雰囲気のスタジアム。
この日も多くの甲府サポ(サンニチでは2,000人)が応援に駆け付けていた。

栃木県グリーンスタジアム

今シーズン、2戦続けて引き分けに終わっている栃木との対戦。
試合は開始早々に甲府がゴールを奪ってスタートした。
相手DFのクリアミスからマラニョンが大西へと繋いだ速攻で生まれたゴール。
大西のスライディングシュートは、向こうサイドながら迫力が伝わってきた。
甲府が主導権を握ると思わせた先取点だったが、試合は拮抗した展開になった。

栃木は河原が起点となって攻撃を展開。
サイドから前線の若林に当て、落としたボールにクンシクや後方の選手が飛び込む形を多用して徐々に攻勢を強めてきた。
失点シーンは、甲府が攻めあぐねて中盤でボールを失ったことを発端にした。
甲府右サイドを突破され、河原に見事なシュートを決められて同点。
失点後も栃木の波状攻撃に危ない場面を作られたが、荻に代わって今季リーグ戦初出場となった阿部の好守とクロスバーに助けられた。
甲府のマークが付き切れていなかったように見えた前半は、ほぼ栃木に主導権を握られたまま終わった。

守勢に回ることが多かった甲府は、後半立ち上がりから攻勢に転じた。
克哉、新が高い位置を保ち、積極的に攻撃に参加することでチャンスを掴んだ。
しかし、大西、藤田と立て続けにゴールに迫ったが、あと一歩及ばず。
勝ち越し点を取れそうで取れない展開が後半終盤まで続いたが、3枚目のカードで片桐を投入して流れが変わった。
天皇杯の時より切れの良い動きを見せ、マラニョンのヘッドでのゴールをアシスト。
マラニョンのゴールは、ゴール裏からは相手GKに対して至近弾に見えたが、そこそこ距離と角度のある難しいゴールだった。

残り時間を凌ぎ切り、勝点3の積み上げに成功。
後半早々から果敢に攻めて、前半の悪い流れを引きずることなく主導権を引き寄せたことが大きかった。
これで、リーグ戦ではクラブ初の4連勝。
荻の戦線離脱、ダニエルが万全でない?など、何かと不安材料があった試合だけに、そんな気持ちを払拭する嬉しい勝利になった。
凱旋する選手たちを迎える甲府ゴール裏は、大きな喜びに溢れた。

勝利に沸く甲府ゴール裏

試合後、TKさんを宇都宮駅に送りながら駅ビルへ。
駅ビルでは餃子を目指す?青い人たちが所々でウロウロしていた。
心なしか、誰しもが嬉々とした面持ち。
餃子にあり付けることだけが嬉しいんじゃないことは、十分伝わってきた。
そんな様子を見ながら、ビールなしで宇都宮餃子を味わう。
「餃子は餃子だな」などと悪態を吐きながら、格別な勝利の余韻を味わった。

vs栃木・布陣
コメント
この記事へのコメント
さあ、生き残り決戦!
遅まきながら、有難うございました。

やっぱり「餃子は餃子だな」に同感。

もうすぐ鳥栖戦、テレビの前で立つか?
2009/10/25(日) 08:55:50 | URL | TKラプソディ [ 編集]
おはようございます
リーグ戦、まだまだ何があるか分かりませんね。
鳥栖に勝てば、前節の痛い敗戦を取り返せます!
ひと仕事済ませたら、タオルマフラーを巻いてテレビに集中します。
選手入場時には立ちますぜ!
2009/10/25(日) 09:33:22 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。