コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
今日の殊勲者
日本代表が開催国ドイツを除いて世界で一番目に本大会出場への名乗りをあげた。

異例の無観客試合のなか、予断を許さない試合展開だった。予断を許さない、というより今日の日本代表の出来は悪かった。どちらに転ぶか分からない、もしかしたらアブナイ?といった内容。それでも、後半28分に柳沢、後半44分に大黒がゴールを決めて2-0で勝利した。最後にはミニ乱闘劇のオマケまで付けて。

これで最終予選は4勝1敗となった。薄氷の勝利を積み重ねたが、8月のホームでのイラン戦を残して余裕の出場決定となった。不確かな戦術や統制の無さ、選手起用の偏りに批判が集まったジーコ監督だが、しっかり結果は出した。さすがに、運だけではここまで来れないだろう。

不思議だけれど、本当にありがとう。

で、今日の殊勲者は現地スタジアムの外で応援していたサポの皆さん
好きだから出来る?いや、好きだけじゃ出来ないことだ。
こちらでも取り上げています。)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
北朝鮮 0-2 日本世界最速でのW杯出場権獲得!やってくれましたねー。最近のヤナギはいいですね。オフザボールでの動きは前から良かったけど、今日は枠内へのシュートも何本かありましたし。メッシーナで一皮むけた感じ。画像は柳沢慎吾のサイン・・・柳沢違い?(-.-;)日本に
2005/06/08(水) 22:56:07 | Give The Flower, Instead Of Violence
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。