コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
W杯出場雑感
昨夜の試合終了直後から、W杯出場決定のニュースを各メディアが一斉に報道している。ドーハやジョホールバルになぞらえて「バンコクの○○」という、この予選を語る上での枕詞を探しているようだが、なかなか適当な言葉が見つからないらしい。それほどまでに、少しはドラマチックな場面もあったのだが、今となればW杯出場は淡々と決まってしまった感がある。

余裕を持った出場決定の裏には、「アジア枠4.5」という日韓W杯の成功とサッカーにおけるアジア市場の大きさという思惑から決まったこの数字も大きくアシストしていそうだ。それでも、もちろん嬉しさや安堵感を感じている訳だが、このジーコジャパンの強さの源はいったい何処にあるのだろう。

出場決定の知らせと共に、ジーコジャパンのここまでの足跡が伝えられている。ジーコ監督は組織戦術より選手の個の能力を頼りにした。それ故に国内組より海外組を重用した。偏った選手起用や選手の好不調がそのままチームとしての不安定さに直結した。選手が変わっても、一定のチーム力を発揮したトルシエジャパンと比較され、チーム造りに疑問を持たれた。良く言えば「選手の自主性を尊重した」という事なのだろうが、場当り的な戦術と予選当初から続くギリギリの勝利には、決して高い評価は与えられなかった。
それでも「神がかり」と揶揄されながら、勝負どころの戦いを勝ち切った。

この強さは、戦術以前の個人の能力が、アジアの中では十分に通用するまで高まったからと言えそうだ。特に、技術的なものだけでなく選手のメンタリティの部分でそれを感じる。北朝鮮戦後の各選手のコメントも、すでに次の戦いや個々の修正点などに、当たり前のように話が及んでいる。W杯に出場する事に精一杯だった時期とは、やはり大きく違う点だ。

そして、この能力を生み出したものは「経験の積み重ね」によるものではないか、と思っている。ここで言う経験は、個人としての経験ではなくて「日本サッカー」の経験だ。

Jリーグの発足、W杯への出場、W杯の開催、そしてアジア杯の連覇に象徴されるように、韓国の後塵を拝していた面影すら吹っ飛んでいる現在の日本サッカー。この右肩上がりの「経験の積み重ね」が選手に精神的なアドバンテージをもたらした結果である、とは言えないだろうか。着実に歩みを進める事の重要さを痛感させるもので、ジーコ監督の是非とはまた別の次元の話である。

こう考えてみると、「淡々と決まってしまった」などと呑気なことを言える自分こそ、この「経験の積み重ね」と言う恩恵に与っているのだろうと思う。
いずれにしても、次のステップへと進むジーコジャパン。
次は6月15日からドイツで開催されるコンフェデ杯が戦いの舞台となる。
メキシコ、ギリシャ、ブラジルといった強豪国とどのような戦いを見せてくれるのか、今からとても楽しみである。
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
遂に決まりました。日本代表がワールドカップ予選を通過しました!!ドイツで開催されるサッカーのワールドカップに出場決定です!!一点目は相手ディフェンスが競り合いでこぼしたボールを柳沢が走り込んでゴール!!二点目はディフェンスの田中がドリブルで駆け上がって、
2005/06/09(木) 23:16:44 | 諸葛川
子どもの頃、家で猫を飼っていたことがある。一応、血統書付のペルシャ猫だったが、母が知り合いのところで余分に産まれたのをもらってきたのだ。大きな瞳とフサフサした毛並みの愛らしい彼女は、すぐに我が家の人気者になった。家に来た当初はジャレて遊ぶのが好きだった...
2005/06/09(木) 23:16:45 | さいたまblog
 ドイツW杯出場を世界一早く日本が決定させました!! 今日僕は、W杯アジア最終予選、対北朝鮮戦のパブリック・ビューイング@国立競技場に行ってきました。会場は試合開始前から相当な盛り上がりでした!“ニッポン”コールが常に鳴り響き、会場内のテンションは凄まじ
2005/06/10(金) 01:28:52 | Big Bang!!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。