コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
気分新たに、J2第18節
キリンカップ、ドイツW杯アジア最終予選から昨日のコンフェデ杯ブラジル戦まで、ほぼ一ヶ月に及ぶ日本代表の試合が一旦幕を降ろした。
途中、ワールドユース選手権の試合とも重なり、連日連夜の代表戦テレビ観戦となった。

そうしたなかで、フル代表は世界の強豪国との対戦となったコンフェデ杯を1勝1分1敗で終えた。残念ながら決勝トーナメントへの出場は叶わなかったが、世界のレベルに少しだが確実に一歩近づいたという印象を持てる大会だった。次は7/31から韓国で開催される東アジア選手権が戦いの場となるが、来年のW杯に向けて更なる進化を期待したい。

さて、日本代表、ユース代表も熱いが、J2はもっと熱い!とJ’s GOALも言っている。注目試合のひとつとして、首位京都と2位甲府の直接対決を取り上げているが、これだけ勝ち点に差があれば、「首位決戦!!」などと煽られてもいまいち緊張感に欠けてしまう。

それでも、ここから第2クール終了までは一戦一戦が大事なゲームとなる。
「順位は気にしないで・・・」なんて言わないで、大いに順位を気にしながら戦って欲しい。そうしないと、次の壁を乗り越えられない。
選手は大袈裟な話じゃなくて、「いつか代表になってやる!」ってくらいの強い気持ちでゲームに望んで欲しい。可能性はある訳だし。
勝ち切るためにまず最初に必要なものは、代表でもJ2でもきっと同じなんだと思う。


第18節 予想
第18節予想

今回、+αポイントは省略。
※予想方法の詳細はこちら

参考データ
最近4試合の成績
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。