コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
破顔一勝、輝く小瀬
第19節 7/2(土) 甲府 2-1 福岡 小瀬:7061人
甲(51)藤田(67)井上 福(34)田中

久し振りに試合終了のホイッスルが待ち遠しいゲームだった。
ロスタイムがやけに長く感じた。
最後の相手CKを凌いで試合が終了すると、安堵感と共にそこかしこで笑顔がこぼれた。大きな一勝であることを誰しもが実感していた。

アウエーゴール裏湘南戦以来、久し振りの小瀬だ。工事の進み具合が気になっていたが、見るとホームゴール裏もアウエーゴール裏も部分的にコンクリートの骨組みが姿を現していた。形として劇的に変化している訳ではないが、確実に完成に向かって進んでいるようだ。すぐに気付かなかったが、電光掲示板の嵩上げは終了しているようで、以前より堂々とした感じに見える。

心配された雨は降らなかったが、夕方になっても蒸し暑さは続いている。
こんな日は動きが鈍くなるかな、と思いながら試合開始を待った。

試合が始まると、意に反して甲府の動きは軽やかでパスが繋がる。すると早々に左サイドで得たFKから藤田がゴールを決める。あっという間の先取点で恒例のハイタッチを交わしたのだが、ちょっとの間があってオフサイドの判定。幻のゴールに終わってしまい、皆がっかり。

前半15分、水さんから倉貫を経由して右サイドをえぐった杉山にボールが渡り、その杉山からのクロスにバレーが頭で合わせるが僅かに枠の外。流れるようなボール回しからのフィニッシュは連動性があって美しい。本日一発目の大歓声である。前半20分過ぎまで、ほとんど相手陣内と言っていいほどのボールポゼッションで甲府が福岡を上回る。

しかし数分後、福岡のグラウシオ選手に中央を突破され、この試合初めてのピンチを迎える。PA内に侵入してのシュートを津田が右足でブロック。何とか防ぐ事が出来た。直後には宮崎選手が突破してシュートを放つが、ゴール手前で秋本がブロックしてCKに逃れる。さらに数分後には、右サイドを駆け上がった田中選手がグラウンダーのクロスを入れるが、中央で合わせる選手がいない。甲府、命拾いである。

なにやら序盤の優勢さがなくなって、一進一退のゲーム展開になってしまった。それでも前半30分、藤田のアーリークロスを福岡GK水谷選手が弾いたところを克哉が強烈なボレーシュート。しかし、水谷選手がまさに体を張ってセーブ。福岡もピンチを防ぐ。

すると、甲府に落とし穴が待っていた。
センターライン近くでパスを受けた杉山が、田中選手と林選手の二人にプレスを掛けられる。同時に足を滑らせ、転倒してボールを失う。ボールを奪った田中選手がドリブルを開始した時点で、グラウシオ選手をマークする津田と田中選手の対面にいる秋本との二体二の局面になってしまった。間合いを計りながら背走する秋本。ボールを失った位置が悪かった故に、中盤の選手も戻りきれない。結局、田中選手に寄せられず、フリーでシュートを許して先取点を奪われてしまった。

湘南戦と同じように追う展開で後半を迎える。まだ1点のビハインドだ。「信じる者こそ救われる。」そんな気分で応援を続けるしかなかった。しかし、救われるのにそんなに時間は掛からなかった。後半6分、左サイドでFKを得る。藤田が意表を突いたタイミングでゴールを狙うと、GKの手を弾いてゴールネットを揺らした。

同点になって、さらに甲府が攻める。
後半22分、CKから流れたボールを繋ぎ、克哉がPA内に侵入した井上にスルーパス。思い切り良く放ったシュートは相手DFに当たってコースが変わり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。待ってましたの逆転劇に小瀬はヒートアップした。その後、追加点のチャンスは生かしきれなかったが、福岡も決定力を欠く。危険な位置で相手をフリーにしてしまう場面もあったが、相手のシュートミスに助けられた。

初スタメンとなった松下と秋本。100%のパフォーマンスとはいかなかったが、今日のゲームの経験は大切だ。ゲーム感は本気のゲームでなければ培われない。しっかり次に繋げていけば、出番は増えるはずだしチームにとっても必要なことだ。

メインスタンド今日はメイン側も大勢の観客で埋まった。小瀬では今シーズン初の7000オーバーとなった。メイン側での甲府不利の微妙な判定に沸き起こる不満の声。自然現象だが、ホームスタジアムの雰囲気を醸し出すために一役買っている。これも大事なホームアドバンテージ。
バックスタンドヒーローインタビューに歓声を上げるバック側甲府サポーター。いつもは試合終了と同時にスタジアムを後にする人たちも多いが、今日は多くの人が残って、藤田と井上のコメントに逆転勝利の余韻を感じながら耳を傾けた。
残念ながら相変わらず音響が悪く、あまり良く聞き取れなかったが、井上の素直な「うれしい」の一言だけはしっかり心に刻まれた。
コメント
この記事へのコメント
やりましたネ!
やっと2位になったご褒美でしょうか、
「ここ一番!」に勝ち切ることが出来るようになったようです。
2:1になってからの23分間を凌いだ経験を積み重ねていければ、
おのずから結果が付いてくると思います。

応援、本当にご苦労様でした。
そして、おめでとうございます。

あと、アウェイゴール裏の写真、頼もしく見えます。
ついでに電光掲示板も新しくなるといいのだけれど・・・。

追記:
観戦レポート、詳しくてとても助かります!
きっと目もイイのでしょうね、これだけ把握出来るのは・・・
2005/07/03(日) 16:39:17 | URL | TKラプソディ [ 編集]
イイ感じです
少しずつですが、力が定着してきた感じです。
ただ、継続出来てこそ真の実力ですよね。
昨シーズンのような事は無いと思いますが、
まだまだ、未知の部分はありそうです。

レポートはビデオ録画の助けを借りて、書いています。
とても現場だけでは把握出来ません。
うっかりすれば、ゴール誰?なんて隣の人に聞いてる時もありますから・・・。
何事も、予習と復習は大切です。(笑)
2005/07/03(日) 18:49:15 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
予習と復習?
恐れ入りました!

何事も真面目に取り組まなければ、
「人を動かす」ことは出来ない、ですね。
これからも期待しています。

僕は目もイカレてきたし、横着になってしまったので、
「感覚派」を貫きま~す!
2005/07/03(日) 21:34:44 | URL | TKラプソディ [ 編集]
幻のゴール… ブラジル戦での加地さん
みたいですね^^; おしい!

お客さんも結構入っているんですね。
画像でスタジアムの雰囲気が伝わって
きますね~^^
2005/07/04(月) 21:38:07 | URL | つは [ 編集]
いらっしゃい
ようこそ。
沖縄からですね。
青い空、青い海。イイですねー。

こちら山梨は何たって、山だらけですから、
たまにはスーっとした水平線でも見たいなーと思います。
甲府のサッカー、面白いですよ。
注目していて下さい。
2005/07/05(火) 08:44:37 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
ブログって、凄いですね!
沖縄の<津波さん>まで来てくれるんですものネ。羨ましい限りです。
おぢいちゃまはチマチマやるっきゃないけど・・・

それにしても沖縄は綺麗ですね~エ。
ドイツも素晴らしかったし、
甲府も暑いのを除けば美しいし、
つくづく東京なんか住むところじゃないと思うけど、
故郷だから、仕方ないんだよなあ!
2005/07/05(火) 21:08:45 | URL | TKラプソディ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。