コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
継続は力なり
第22節 7/17(日) 水戸 1-0 甲府 笠松:4287人
水(51)須田

最後まで懸命の応援が続いていた。しかし、長い笛がスタジアムに響くと少し間を置いてそれが鳴り止む。その瞬間、悔しさとやるせなさが一気に甲府ゴール裏を包んだ。皆、しばし呆然として立ち尽くす。挨拶に来る選手に対してブーイングが沸き起こる。 ・・・気持ちは届いただろうか。

序盤は水戸ペースで試合が進んだ。中盤から組み立ててサイドを上手く使いながらデルリスにボールを集める。この試合を通して言える事だが、組み立てはシンプルだが攻撃にスピードがあるため、甲府DFが突破されるシーンを目のあたりにする。

一方甲府は藤田が戻って来た事により、攻撃の組み立ては前節よりましになっている。前半20分過ぎには甲府もペースを取り戻す。藤田が中盤右サイドからボールを運びクロスを入れる。太郎が思い切り良くシュートを放つが惜しくも左ポストに弾かれる。その後も攻勢を続け、太郎のヘディングがゴールを割るもオフサイドの判定。

水戸はカウンターから反撃する。特に水戸右サイドの関が切れ込んでくると甲府DFは危険にさらされた。時間が定かではないが、そのサイドから突破され決定的なピンチを迎えるが、杉山が間一髪で戻ってブロック。何とか失点を免れた。

両者譲らずに無得点のまま折り返した後半、開始まもなく甲府が失点する。中盤でボールを奪われると素早いカウンターで左サイドを突破され、中央に切り返されてシュートを許す。グラウンダーのシュートがゴールネットを揺らし、前節同様に先制点を奪われた。

失点後、甲府は克哉から光太郎へ交代する。その直後、杉山からのクロスにほぼフリーのバレーが頭で合わせるが僅かにバーの上に外れる。なかなか追い付けない甲府は水さんから須藤へと交代する。前節も感じたが先発の二列目両サイドの元気の無さが目立つ。

3トップ気味に攻めるが、前線に良いボールが入らない。守備的になった水戸に対して甲府は素早い攻撃が出来ない。パスの出し所を探すが行き詰まり、強引な突破はカットされてカウンターをくらう。徐々に前線へのロングパスを放り込むだけの展開となり、これも前節と同様に選手交代はあまり効果を発揮していない。バレーの突破から掴んだチャンスもシュートは枠を捉えず、二試合連続の無得点で試合は終了した。

完敗である。水戸の戦術にはまり、組織的な動きの優劣は対照的だった。
前に向けず、勝負を仕掛けられない甲府の選手に苛立ちが募った。

順位は6位に後退して前半戦が終わった。
J1降格2チームがいない今シーズンだが、例年の感覚で言えば実質8位と言える順位である。昇格争いどころか、中位確保もままならない結果となった。逆転劇で勝利を飾った福岡戦後、先制されてもいつでも追い付けるような雰囲気になった。ところが、札幌戦で藤田不在の状況となった後半から、一気に個に頼っていたチームのひ弱さが露呈する。バレー、太郎の決定力が影を潜めると一気に零封で連敗する。2位に登りつめるまで見せていた良い緊張感を持ったひたむきさが薄らいでいる。2位になった事で自信が過信になっているのなら残念である。最後が肝心だし、「継続は力なり」なのだ。



甲府ゴール裏笠松運動公園を目指して中央道から首都高を経て常磐道と高速道路をひたすら走った。笠松の近くになると道が濡れている。雨上がりのスタジアムに到着すると甲府ゴール裏は応援の準備を終わらせて試合開始を待っていた。
画像以外の場所にもサポが結構集まっていた。
練習前の挨拶応援バス3台とそれぞれの方法で三々五々集まった甲府サポ。連休という事もあり、子供連れの家族の姿も見える。なるべく寄り合って応援しようという呼び掛けに試合開始時にはタスキ横のエリアにもサポが集まった。元祖ビッグフラッグも振られ、頑張って選手に声を届けたのだが・・・。
コメント
この記事へのコメント
本当に、ご苦労様でした!
僕も一度笠松に行きましたが、
本当に遠かった記憶が残っています。
負けた後の帰路の辛さは想像に難くありません。

でも、そんな辛かった思い出が、
最後に、歓喜として恩返ししてくれるものです。
いつとは確約出来ないのが胡散臭くはありますが・・・

まだまだ、これからです。
第3クールのアウェイを含めた3連戦に出撃予定です!
2005/07/18(月) 20:23:17 | URL | TKラプソディ [ 編集]
これからです
TKさんに後押ししてもらいました。
歓喜の時を信じて気長にやります。(笑)

遠さなどは気にならないのですが、やはり時間を作ることが大変です。
いくらでも時間があった頃に戻りたい気分ですが、頑張らねばなりません。

順位は思いがけないものになりましたが、まだまだ、イケルはず。
応援、頑張りましょう!
2005/07/18(月) 23:03:28 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。