コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
そして、三ツ沢
第28節 8/27(土) 横浜 3-4 甲府 三ツ沢:8629人
横(57)シルビオ(65)カズ(84)トゥイード 甲(5)池端(42)奈須(47)(50)バレーx2

カズと城。元日本代表のツーショットで思い出すのは、フランスワールドカップ予選の第1戦でのシーンである。国立競技場で行われたその試合のキックオフ直前、二人並んでひざまずき、センターサークルにセットされたボールに手をかざす。共に頭を垂れて、何かを祈る。あまり見かけない儀式にその試合から始まるものの重さを感じたのだが、既に8年も前の出来事である。

同じこの予選で、記憶に残っているシュートがある。ホーム国立に韓国を迎えた一戦での先取点のシーンだ。アジアの壁ホン・ミョンボの頭を超えた鮮やかなループシュートは、本当にスローモーションを見ているかのようにゴールに吸い込まれていった。そのシュートを放ったのが山口である。新潟に在籍していたので甲府との対戦時に何度か見ているが、いつもあの時のシュートを思い出す。

そして、三ツ沢である。
横浜フリューゲルスの消滅から6年。ラストゲームの三ツ沢で、試合後のセンターサークルにフラッグを突き立てたのは当時のキャプテン山口だった。いろいろな想いが交錯する今日の三ツ沢は、きっといつもとは違った空気が流れているに違いないと思った。

などと、ちょっと感傷が入った試合前だったが、ゲームは激しい点の取り合いになった。終わってみればスコアの通り、辛勝。100点満点とはいかなかった。

前半5分、太郎の右サイドからの折り返しにニアのバレーが潰れ、ファーに流れたボールを左サイドから詰めていた池端が押し込んで今季初ゴールを決める。開始早々に先取点を奪い、甲府有利の展開となった。対する横浜は、前線のカズや城にボールを預けて攻撃を仕掛けた。一進一退のなか、前半40分、カズが見せ場を作る。PA内で切り返しから甲府ゴールのバーを直撃するシュートを放つ。すると、ピンチの後にチャンスあり。藤田の左CKから奈須がドンピシャのヘッドを決めて待望の2点目を奪った。これも今季初ゴールである。前半終了間際、横浜がFKを得る。横浜の小野選手が蹴ったボールは枠を捉えたが、阿部がこれをファインセーブ。同時に前半終了のホイッスルが鳴った。

カズ独特のフェイントに奈須が対応する。カズの突破に杉山が喰らい付く。カズへのボールに対して青葉が出足の早い対応を見せる。相手FWに対するいつもの光景だが、何故か不思議な光景に映ってしまった。

後半は開始直後から甲府が積極的な攻撃を仕掛ける。すると後半2分、井上が左サイドから強烈なミドルシュートを放ち、GKが弾いたところをバレーが落ち着いてゴールに流し込んだ。3点目である。さらにその3分後、右CKからトゥイードに競り勝ったバレーが自身今日2点目となるゴールをヘッドで叩き込んだ。4点目である。勝利を確信し、得失点差で有利になるな、と思っていたら横浜の反撃が始まった。

後半12分、交代したばかりのシルビオに右サイドを突破されてゴールを決められる。まだまだ、余裕である。後半20分、ほぼゴール正面のFKをカズが決める。移籍後初のゴールに横浜側スタンドは盛り上がる。しかし、まだ余裕である。ところが、後半39分、右CKからトゥイードにドンピシャのヘッドを決められて、ついに1点差に詰め寄られてしまった。もう余裕はなくなった。

楽勝の展開が一転してハラハラドキドキの後半になった。辛くも逃げ切りに成功したとは言え、何かしらの修正が必要だろう。4点先行の影に隠れそうな本当の試合内容は奇しくもスタッツが示している。それでも、アウエーで勝利しての連勝という結果は大きい。次節からの小瀬での連戦を連勝すれば、大きく前進する気がしている。


バックスタンド三ツ沢公園に到着すると、公園内の駐車場はどこも満車で困惑した。声を掛けた近隣の方に場所を提供して頂いた。感謝感激。急いで球技場へ向かうと「カズ効果」そして山口の「復帰」などもあり、スタンドは大勢の観客で埋まっていた。多くの甲府サポも詰め掛けていた。
凱旋前回のホームでの敗戦のリベンジを果たす事が出来た。4点目を決めたバレーがゴール裏に走り寄って来たシーンには興奮した。やはり、距離感の近い専スタは魅力的だ。沈黙する横浜を尻目に、甲府コールと手拍子に包まれた甲府側。ちょとしたミニ小瀬状態となった。
コメント
この記事へのコメント
ご苦労様でした!
ジェットコースターに乗ったような試合でした。
気を緩めちゃいかんですよね。
サポも、勿論、選手も!

やっぱり、小倉も見たかった。
4:0の時点でサービスしてくれてもいいじゃん。
でも、失敗したら何言われるか分からんかあ?
2005/08/28(日) 14:57:39 | URL | TKラプソディ [ 編集]
昨日の試合は・・・
ここ数試合のなかでは、楽しいサッカーでした。
4点取ったところまでは100点満点。
小倉が見れれば120点でした。

最終的には何点かな~。
んー、70点。ちょっと、甘すぎるでしょうか?
2005/08/28(日) 19:32:23 | URL | VFカプリッチオ [ 編集]
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
横浜は2連敗のあとの引き分けを経て3週間ぶりのホーム三ツ沢での山口素弘帰還戦。 しかし後半序盤までに4点を先行され、そのあと意地を見せたもののあと一歩を追いつけず引き分けを挟んでの4連敗となりました。 横浜FC 3(0-2)4 甲府 19:04キックオフ 三ツ沢球技場 入場者
2005/08/28(日) 10:53:42 | ウタカタ ノ ヒビ
KAZUと言えばもちろん電撃加入したキングカズこと三浦知良ですが・・・。もう一人のKAZUとは当ブログ応援選手筆頭のヴァンフォーレ甲府の倉貫一毅のことでもあります。(ちなみに私のいとこでもあります。まぁあいつをカズと呼んだことはありませんが。今日は対比させる意...
2005/08/29(月) 17:08:48 | KOOJI MC のまぁ言うたらブログですわ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。