コウフ狂想曲
■偏愛・理系■ ヴァンフォーレ甲府を中心に諸々を綴るブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告 | トラックバック(-) コメント(-)
今日は徳島戦
前回の徳島との対戦は、ホーム小瀬で5-0の圧勝という結果だった。5月末の第14節だから、3ヶ月半前になる。最近の徳島は、徐々にチーム状態を上向かせているようだ。勝ちきれないが、なかなか負けない粘り強い戦いを続けながら、第25節以降のホームでは3連勝を達成している。しかし、前節の草津戦では1対1の勝負で後手に回ってしまい、昇格組ダービーに敗れてしまった。

一方甲府は、ここへ来てバレー、池端と攻守の主力を相次いで怪我で欠く事になった。FW陣では小倉や光太郎までが怪我により別メニュー調整中との事だ。DF陣は前節、アライールの試運転が終了した。オリベイラも通常練習をこなし始めているようで、試合出場への期待が高まっている。意思の疎通に問題ない、ブラジル人コンビのセンターバックを見てみたい。

厳しい戦いが予想される。いずれにしても、選手にとっては 『気持ちこそが勝敗を決める最大の要因』 である事に間違いなさそうだが、『持ちえる戦力のバランスのなかで、いかにゲームプランを練るか』、監督の腕の見せ所でもある。

機を見て敏に、果敢に攻める。粘って粘って、沈毅に守る。


最近4試合の成績
札幌と山形は第26節~第30節の成績。

甲府のバイオリズム

徳島のバイオリズム
※バイオリズムの詳細はこちら

第31節 予想 (と言うよりは、ほとんど希望。)
第31節予想
※予想方法の詳細はこちら

第30節 暫定順位
順位表
札幌と山形の勝点等は暫定。 甲府の順位は、山形対札幌の代替試合で山形が敗れた場合は4位。それ以外の場合は5位。

第30節 予想と結果
第30節予想と結果
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
  [必須]
  [必須]
URL:
Comment: [必須]
Pass:   [入力すると編集、削除が可]
Secret:   [管理者にだけ表示を許可する]
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。